ありがとう、ひかちゃん
2017 / 05 / 18 ( Thu ) 22:11:56
ひなこが小学校時代に一生懸命お世話してなかよしだった、学校うさぎのひかりちゃんが
虹の橋を渡って逝ってしまいました・・・

CIMG0656.jpg 

娘の小学校はかなこの卒業とともに廃校になり、その後、ひかちゃんは
別の学校に移動になりました。 
ひなこの大親友になったMちゃんの卒業した小学校に移動されたので、
Mちゃんの弟くんがまだ小学生だから、弟くんを応援しにいくと運動会とか学校行事の時に
その小学校に行ってはひかちゃんに会っていたひなこ。

おとといの夜、中間試験も終わったからとMちゃんが電話で知らせてくれました。
ひなこの中間試験の日にちを気にしてくれたMちゃんの優しさに感謝です。

電話を切ってすぐに「母さん、ひかちゃんが死んじゃったって」と言って
その後しばらくはわりと普通にしてたんだけど、晩ごはん後にじわじわ悲しくなったらしく
その日の夜はお風呂にも入らずジメジメ泣いておりました。

実験動物として殺されてしまう運命だったひかちゃん
学校にうさぎがほしいと聞いていた私がひかちゃんを救い出して
ひかちゃんは学校のうさぎになりました。
それから5年ちょい、ひかちゃんは学校で生活しました。
ひかちゃんを通して、生き物のあたたかさや可愛さなどを学んでくれた子もいたでしょう。
うさぎの寿命としてはもっと生きられたはずだけど、ひかちゃんなりに幸せだったならいいな。
7590.jpg 

ひなこにとっては、ひかちゃんはほんとに特別な存在で。
ひかちゃんとひなこを見ていて、なんかすごいなと思ったことが何度もあった。
私が声をかけても無反応なのに、卒業してしばらく経っていてもひかちゃんは
ひなこの声にしっかり反応していました。

これは卒業後に飼育小屋に入らせてもらって大喜びだった時の写真。
 CIMG1146.jpg
ひなこに大切なことを教えてくれた子は、ごんちゃとひかちゃんだね、間違いなく。



それにしても・・・

ひなこから聞いた話だけど、Mちゃんの弟くんもひかちゃんをかわいがってくれてたそうだけど
学校の先生はなんで死んだのかを聞いても教えてくれないし、死んじゃったひかちゃんを
見せてくれなかった、お別れを言わせてくれなかったそうです。

ひなこが飼育委員長をやっていた頃もものすごく疑問に思った。
うさぎの小雪ちゃんが死んだ時も、チャボファミリーが死んだ時も
いつの間にかこっそり片付けていて、ひなこはお別れを言えなかった。
お墓を作って埋めてあげるなら立ち会いたかったと泣いたものでした。
9767.jpg 

命の大切さを教えるための学校飼育だよね?
命の大切さ、そして死ぬということも教えるべきでは?と私は常々思っています。
でも「死」については教えようとしない学校。
どう思います?

ゲームとかでバシバシ人を殺したりしている現代。
ゲームはリセットできる。でも死んだものは帰らない。
そんな当たり前のことを理解できていない子どもが増えてはいないだろうか?
かわいがっていた子が死んだ時の悲しさ。
あったかくてふわふわだった子が、冷たく固くなってしまう悲しさ。
きちんとお世話しないと失われてしまう小さな命。
命に対する責任の重さ。
動物たちは死からもいろんなことを教えてくれると私は思います。

学校はなんで子どもたちから「死」を隠そうとするかな?

ごんちゃが死んだ時、ひなこは冷たく固くなったごんちゃを半日以上抱いて泣きました。
ひなこは「死ね」という言葉を言いません。
簡単に「死ね」と言うクラスメートのことをすごく怒ってます。
「死」を見つめたことのある人は「死ね」なんて簡単に言えないと思います。

学校は「生」だけじゃなく「死」も教えるべきだと思う。
今西さんの命の授業をやろうと提案した時も、校長は「小学生に殺処分の話はちょっと」
と嫌な顔をしました。「まだ早い」と。

小学生には早い?中学生だったらいいの?
「死」を学ぶのに、早いとか遅いとかあるのかな?
私は早く教えるべきだと思うよ。
少なくとも、かわいがっていた子との別れはちゃんとさせてあげようよ。
いつの間にかいなくなってました、なんていうのは良くないと思うよ。


ま、文句言いたくなりますが・・・


とにかく、ひかちゃん、今までありがとう。
ひかちゃんはひなこに大切なことをいっぱい教えてくれました。

これからは狭い小屋の中じゃなく、広々としたところでのびのびしながら
虹の橋の向こうからひなこを見守ってあげてね。
IIMG_2705.jpg  

啓蒙活動 TB:0 CM:2 admin page top↑
ダメダメな一日
2017 / 05 / 13 ( Sat ) 21:22:00
はぁ・・・ため息ばかりです。

今日は休日。
娘二人は午前中は学校、オットは一日休日出勤。
私は明日が仕事だから、申し訳ないけど、朝寝坊するよーと前の晩に宣言。

ところが・・・
朝、早々にたたき起こされました。

「大変だ!きゃらが外に出ちゃった!」


慌てて飛び起きると、玄関のドアを開けっ放しにした犯人、
オロオロしている反抗期真っ只中の次女かなこが玄関に。
オットは外できゃらを見ていました。

きゃらは馴れてはいるけど、抱っこできるのは基本私だけ。
捕まえられるのは私しかいない。
私がなんとかせねば・・・

土曜日とはいえ家の前の道路は頻繁に車が通る。
家のフェンスはきゃらは容易にくぐり抜けて外に出れるし、ジャンプで飛び越えることもできる。
家の敷地から外には絶対出しちゃいけない・・・

きゃらは相当パニクっているようで、何度か走り回っては車の下やエアコンの室外機の下に隠れ
聞いたこともないような声を出してないてる。
きゃらはホントーにビビリな性格なので、どうしていいかわからなくなっている様子。
パニクってるからオヤツを見せようが何しようが近寄ってこない。
でも助けてーって思ってるみたいで、名前を呼ぶとニャーって返事する。

そんな状態がどれくらい続いたか。
私は雨の中、起き抜けでTシャツ一丁で濡れながら必死の状態。
このままじゃオットが車出せない、出勤できない、早くなんとかしなければ・・・

最終的に、他のわんにゃんずが出れないようにして、玄関のドアも裏口のドアも
思いっきり開け放って、きゃらが家の中に逃げ込めるようにして、
なんとか家の中に入れることができました。

もー、涙出ましたね。きゃらを失ったらどうしようと思ったよー

その後、オットも娘も出かけて、私一人になったら、やたらすり寄ってくるきゃらりん
私が座るとひざの上に乗ってきて甘えます。
IIMG_0887.jpg 
怒ってないよ。心配したんだよ。戻ってきてくれてホントに良かったよ。

IMG_0889.jpg 
そうだよね。思いがけず見たことないところに出ちゃってビックリしたんだよね。
道路に出ちゃって車に轢かれたらとか考えたら、ママも怖くてしかたなかったよ。

あやまろうとしない反抗期のスカポンタンにはよーく言って聞かせるけど、
たとえドアが開いてても外に出て行っちゃダメだよ、きゃら


私にひたすら甘えた後は、アニキになぐさめてもらうきゃらりん。
雨に濡れて汚れた体をナメてもらっておりました。
IIMG_0890.jpg 

その横で冷ややかな態度のオンナ。
IIMG_0892.jpg 
オマエ、人のこと言えないだろ 
あの時もこわかったっけ・・・


あー、もう、これで2度目かよ。
ほんっと、動物愛護推進員失格だよなー私

我が家は作り的に脱走防止で玄関に柵を取り付けるとかがすごくむずかしくて
とにかくドアの開け閉めはめちゃくちゃ注意する!と徹底しているのだが。


みなさん、にゃんこの脱走防止、ほんっとにご注意ください



さらに追い打ちのダブルパンチ

今日の午後は、レディを里親様のおうちに連れて行く予定でした。
前の日のメールにも、「あと5日、あと3日と楽しみにしてました!」と書いてあり、
早く会いたくて、会うのが楽しみでたまらないという里親様さまの様子が手に取るようにわかりました。

ところが・・・

約束の時間にIさんのおうちに行ってみると、まだキャリーに入れていないから待ってと。
しばらく車の中で待つけどなかなか出てこない。
あげくに手を引っ掻かれてキズだらけにしたIさんが「今日はムリです、ゴメンナサイ」と

簡単にキャリーに入れられると甘く見ていたらしいIさん。
私だったら警戒心の強い子は、だいぶ早いうちからキャリーに入れようと準備をするけど。
まだそこまでベタベタじゃないレディは気配を察して警戒し、
キャリーに入ることをとことん拒んだらしい・・・

あとは里親さまに電話で平謝り
私は遅刻とかドタキャンとかそういうの大キライで(ま、好きな人いないだろうけど)
絶対人にそういうことしちゃいけないと思ってるので、精神的ダメージ巨大・・・


朝といい、午後といい、踏んだり蹴ったりでございました


明日は良い日になりますように・・・

にゃんずのこと TB:0 CM:0 admin page top↑
今年のGWは・・・
2017 / 05 / 06 ( Sat ) 22:09:22
本日もまたわんにゃん関係なしの私の備忘録でございます 


前回の記事を更新した後、みなさんからメールやコメントいただいて
いろいろとご心配をおかけしちゃって申し訳ございませんでした

月曜日に再度病院に行きまして、診察した先生が驚くほど、
悪化しないどころかまったく発疹も広がることなく落ち着いてくれまして。
「広がってないね、増えてないね、痛みは?目はかすんだりしてない?
すごいねー、普通は顔の帯状疱疹は入院なんだよ、こんなに軽い人珍しいね」と。
「薬を飲みきってこのまま落ち着いたら、終了でいいよ」と言っていただきました。

昨日でもらった薬も飲みきって、禁酒解禁だー(←いいのか?)

ご心配をおかけいたしました



世の中GW、でも私はお仕事。
祝日の通勤は電車が空いているかと思いきや、リュック背負ったりして
楽しげにお出かけする人で混んでいるという・・・
ちょいとムカつく心の狭い私

そんな心の狭い私は、ほんのちょっとでも楽しいことをしに出かけたいと思い、
月曜日の診察で落ち着いているとお医者さんにも言われたし、
火曜日のお休みにちょいと出かけてきました。
ちょうどオットも代休取ってお休みだったので。

まずは一旦池袋で電車を降りて、電車の中吊り広告で見てちょっと興味をひいた
西武百貨店での「うまし、なつかし、昭和ホリデー」というのを見に行きました。
私たち夫婦は思いっきり昭和世代ですからねー

こんなのとか、
KIMG_0843.jpg 
こんなのを見て、
KIMG_0845.jpg 
オットがメトロン星人と語り合ったりして、
KIMG_0436.jpg 
オットが楽しそうでした・・・



そしてその後スカイツリー方面へ移動。

私の目的は、終わっちゃう前に見に行かなくちゃーと思っていたこれでした。
1150765IMG1.jpg
プラネタリウムなんだけど、ナレーションがさやちゃんで、挿入歌がTrustrickなもんで♪
(さやちゃん、結婚おめでとー

それを見に行くついでに、初めてスカイツリー界隈を探索したのでありました。

駅を降りるなりこんなのがいて、また喜んでいるオット・・・
KIMG_0437.jpg

駅から地上に出たらスカイツリーの広場で「世界のグルメ名酒博」なんてーのをやっていて。
KIMG_0852.jpg KIMG_0885.jpg 

がっつりビール飲みたいところだったけど、大好きなベルギービールのビアカクテルでガマン
KIMG_0854.jpg
(酒飲んでるじゃん!というツッコミはなしで。アルコール2%は酒とは言えない

がっつり飲めない代わりにちゃんとしたビールはこちらでお土産を買って帰りました。
KIMG_0861.jpg
お金かかるなーとか思いながらも、せっかく来たんだからと展望台にも行きました。
KIMG_0868.jpg
お天気よくて良い眺めだったけど、残念ながら富士山は霞んじゃって見えず

ま、それなりに楽しい1日を過ごすことができたのでありました



家族揃ってのお出かけはなかったけども、私が仕事してる日に、
オットと娘がうちのお店にゴハン食べにきたりはしましたねー
(今の私の仕事はちょっと変わったラーメン店を経営してる会社の事務です)。

本日、土曜日は、入れ替わりでオットが仕事、かなこは部活。
遊べないので、1日かけて掃除洗濯衣替えしてグッタリ疲れました・・・



最後にちょびっとわんにゃんネタで言えば、
悩みに悩んだ挙句、レディの里親さん候補を決め、トライアルに行く日も決めました。
里親さまご家族、ウキウキしながら準備を進めてくださっていることでしょう。
トライアルに旅立つのは来週末。
新しい家族に会うの、楽しみだね、レディ
レディ1 

さーて、世の中のGWももうすぐ終了ですね。
私は明日もお仕事。ずーっと通常モードですが、長いこと連休だった人も
通常モードに戻ってがんばりましょうねー


未分類 TB:0 CM:2 admin page top↑
いろいろ悲しい・・・
2017 / 04 / 29 ( Sat ) 22:08:37
あっという間に4月ももうすぐ終わり。
世の中、ゴールデンウィークですと???

私の今の会社は祝日関係なしの火曜と土曜お休みなので、そんなのかんけーねー

連休なんてないし、どこにお出かけするでもないわ。
せめて火曜日のお休みの時に日帰りでお出かけしようかしら。
池袋でオクトーバーフェスタ(ビールのお祭りね)があるらしいから
会社帰りに飲みに行っちゃおうかしら。

そんなことを考えておりましたが・・・



数日前から顔に吹き出物が出ましてのぅ。
それがどんどん悪化してきましてのぅ。
金曜日、耳の下も腫れてズキズキ痛くなってきて、
脳内で警告のアラームが鳴りました
明日から世の中ゴールデンウィークで病院も閉まっちゃうだろうし。

出勤してたんだけど、ヤバい気がしてきて、調べたら会社から歩いてすぐのところに
皮膚科があったので、休憩時間をつかってちょっと行かせてもらったのです。
そしたら・・・


私を診たお医者さんがすぐに言った。

「帯状疱疹じゃん、入院だね。大きい病院紹介するから」と

脳内アラームが鳴った時に、この病名が頭に浮かんだんだよ、私。
まさかホントにそうだったとは。
しかも入院とか言ってるし。

「目のすぐ下だし、耳のそばでもあるし、失明したり難聴になったりする危険性もあるんだよ」

これには焦った

でも、入院はできないし、どうしても入院だとしても自宅の近くがいいし。
そういってゴネてたら、とりあえず即入院とゴリ押しはされず、
「その代わり安静にして、ちょっとでも悪化の兆しがあれば即大学病院に駆け込め」と。
そして最後にトドメのカウンターパンチ

「お酒は厳禁だからね~絶対ダメだよ~」

マジ?マジですか???
ゴールデンウィークの楽しみが何もない私から、まで取り上げるんですか
帯状疱疹はストレスが原因のことが多いんだよね。
お酒取り上げられたらストレスがますます増えるんですけどー


幸い今のところ悪化はせず、処方された飲み薬で落ち着いております。


なんだかなー、転職活動の時の死にたくなるくらいのストレスからくる悪影響が、
仕事が落ち着いてひと息ついた今、こんな形で出てきたか



ということで、傷心の栗豆かーちゃんです・・・
おとなしく仕事しつつ、家の仕事もサボりつつ、おとなしく過ごします。

そんなわけで、写真もナシの今回の更新でございました。
悩みに悩んでいるレディの里親さん探しも大詰め。
ゴールデンウィーク明けにトライアルに行けるよう、早く元気になるように治します

未分類 TB:0 CM:6 admin page top↑
ステキな写真たち
2017 / 04 / 18 ( Tue ) 21:40:24
今日はいきなり夏ですか?って暑さですね
寒がり冷え性の私が、いきなり半袖Tシャツ一丁で栗豆散歩に行きましたよ。

今日は火曜日定休日。
でも家事に追われ、お勉強に追われ・・・

新しい会社で今度経理をドーンと任されることになり、だったら勉強させてほしいなーと言ったら
簿記検定の通信講座を受けさせてもらえることになり。
今年度中に簿記検定3級と2級をゲットしてやろうじゃないの と猛勉強中のワタクシです。


さて、そんな私のところに、とってもステキな写真が届きましたのでご紹介しちゃいます


まずはミミトトの里親さまから♪

もうミミトトのことは、愛情深い里親さまなのでなーんの心配もしておりません。
メールをいただくたびに、良いご縁を得ることができたなぁとしみじみ思います。
SIMG_4552.jpg 
SIMG_4468.jpg 
ご主人のおひざでゴロゴロ言いながら撫でられる超慎重派だったミミと
2匹のお世話をする小ちゃいお兄ちゃん
息子ちゃんたちもちゃんとミミトトに触れるようになったんだってー

SIMG_4553.jpg SIMG_4550.jpg
箱に「ネコ様専用」って書いたのは誰かな?

お届けの時、人から離れて2匹でケージの隅でかたまっていたのがウソのようだね。
ママさんから「私にべったりなんです」なんてメールに書いてあったりするのを見て
なんだかニンマリしてしまう私です。

ミミトト家のみなさん、ほんとにありがとう

今、レディの里親募集中。
ほんとに今までで一番たくさんのお問い合わせをいただいていますが
数多くくればいいってもんじゃない・・・
ミミトトは、お問い合わせこないなーって思ってて、でもたった1件がすばらしかった。
レディに応募してくださった方に「白血病陽性ですがそれについてはどうお考えですか?」って聞くと
そのままフェードアウトされちゃったり「発症しない子がほしいです」って「?」な返事がきたり。
レディという子を丸ごと愛してくれる里親さまが現れることを切に祈る私です。




そしてもうひとりは、私のお友達、盲導犬ユーザーの井出さんから。

リタイヤした一頭目の盲導犬ウィッシュ君の11歳のお誕生会に呼ばれて
行ってきたよって写真付きでメールをいただきました。

もう、写真見てうれしくて身悶えてしまいましたよ。こちらです。
WIMG_0261.jpg 
WIMG_9622.jpg 
WIMG_9688.jpg 

リタイヤした1頭目の盲導犬ウィッシュ君を抱いてうれしそうな井出さんとウィッシュ君。
1頭目と2頭目並んでおそろいのTシャツ着ている盲導犬2頭。
そして2匹とご夫婦の4ショット

なーんとステキな写真たちでしょう

シアワセだねー井出さん

こんなステキな会をセッティングしてくれた、リタイヤ犬ボランティアさんにも感謝だね~

人と人のつながりってステキ、人とわんにゃんとのつながりってステキ


私は今、毎日往復3時間かけて都内に通勤しています

途中1回乗り換えをするんだけど、先日乗り換えるとき、私の前を白杖で歩いている
若い女性がいることに気づきました。
彼女は白杖をつきながらゆっくり歩き、ホームドアのところで白杖がぶつかるまで
ひたすら前進していて、ホームドアがなかったら危ないよなーと痛感。
彼女の横にいた人たちはみんな見て見ぬふりでした。

電車がきたときも、みんな彼女のことなど気にせず押し合って入っていくカンジ。
私は電車に乗る時の段差があぶないと思い、
駆け寄って彼女に「大丈夫ですか?」と声をかけました。
そしたら、彼女はすっごくうれしそうに「ありがとうございます」って笑いかけてくれました。
特になんの役にも立てなかったけど、彼女の笑顔を見て、声かけてよかったって思いました。

線路に落ちて亡くなった方たちも、誰かが声をかけていたら死なずに済んだハズ。
私はたまたま井出さんというお友達がいて、「声をかけてね」っていうのを
度々聞いていたからできたけど、そうじゃなかったら声をかけられていたかな。
みんな、優しさの輪を広げて声をかけようよって思いました。

シアワセな人とわんにゃんの輪が広がっていきますように・・・

啓蒙活動 TB:0 CM:4 admin page top↑
back * HOME * next