スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
ももたんが逝っちゃいました
2013 / 11 / 10 ( Sun ) 23:47:49
今はなんだか気持ちの整理がつかなくて、まだ呆然としてます。

今日、ももたんが虹の橋を渡って逝ってしまいました・・・

今朝、ももたんの様子を見に行ったら元気がなかった。
朝ゴハンもまったく口にしようとしない。
体温が低いなって思ったんで、セットしているあんかをくるんでいる毛布を少しどけて
よりあったかさを感じられるようにしてみた。

洗濯を干してまた様子を見に来たら、あんかから転げ落ちたように、何もないところで寝ていた。
なんとなく嫌な予感がしました。
好きなマンガの「くるねこ」でくるさんがよく書いている、死んじゃう前に見える黒いモヤみたいのが
見えたような気がした。
昨日先生が「突然死もありうる」って言ってた。もしかしたら今日明日で死んじゃうこともあるって。
なんだか怖くなりました。
今日はオットが市のイベントで休日出勤。そのイベントでまた今西乃子さんの
「小さな命の写真展」もやっているので、見に行くつもりだったんだけど、
オットに「ももたんの様子がおかしいから今日はうちにいるね」ってメールして
ももたんから目を離さないようにしようと思いました。

寒そうだったから、またあの靴下の中にスッポリ入れて、ひなこに抱っこさせました。
私だと掃除したりするのに動き回るから落ち着かないだろうなと思って。

ニャーニャー言ってるし少しでも栄養をつけさせないとと思い、ミルクを作ってシリンジで口に運んだり
AD缶を口元に塗ってみたりしたけど、舐めることすらしませんでした。
時計を見たらもう12時近く。今からじゃ午前中の受付にも間に合わないから
2時になったら病院に行こうって思いました。

その後、しばらく掃除をしたりしてると、ひなこが「ママ!ももたんが静かになっちゃった!」
と私のところに駆け寄ってきました。
ひなこの胸元の靴下の中のももたんを見ると、もう息をしていませんでした・・・
胸元に耳を近づけてももう心音は聞こえませんでした。
ひなこがわーっと泣いて、かなこも慌てて近づいてきてわーっと泣いて・・・
私も何度も「もも!もも!うそでしょ?」って叫び続けてました。
でももう、ももたんは目を開けることはありませんでした。

「ももたんのこと抱っこしながら宿題してて、いつの間にニャーニャー言わなくなったのに
すぐに気づかなかった。ずっとももたんのこと見てれば、最期の瞬間を
看取ってあげられたのに・・・」って言って、ひなこは泣きじゃくってました。
でも、いつの間にかケージの中でひっそり死んじゃってたんじゃなく、
ひなこのあったかい胸の中で安心して天国に行けて幸せだったよって言いました。

動かなくなったももたんを抱いて泣きじゃくるひなこ。
DSCF1382.jpg
しばらく3人で泣いて、それから近くの花屋さんに花を買いに行って、
ももたんを寝かせてあげた箱を飾りました。
DSCF1385.jpg 
お気に入りだった靴下を抱っこするように寝かせてあげました。

さらにみんなでももたんに手紙を書いて入れました。
DSCF1387.jpg 

ももたんが息を引き取ったのはたぶん12時半頃。
ほんとなら今日の2時頃に優しい里親候補の人が来る予定でした。
楽しい時間を過ごしていたはずの時間に、ももたんは逝ってしまいました。
あまりにも急すぎて、現実のこととは思えなくて、気持ちの整理がつきません・・・

その後、明日からまた仕事だからちゃんとももたんを荼毘にふしてあげるのは
今日しかないと思い、ネットで調べて、今日中にももたんを火葬してもらえるよう手配をしました。
幸い、ちょうどオットが帰宅する時間に来てもらえることになりました。

帰宅して、もう冷たくなったももたんに触れて、言葉を失うオット。
DSCF1388.jpg 
「俺のスリッパで爪研いだり、足によじのぼったりしてたのに・・・」

オットが帰宅してすぐに火葬してくれる車が到着しました。
またみんなで泣いて泣いて、最後の瞬間までももたんを撫でてお別れしました。
DSCF1394.jpg 

そしてお骨になって帰ってきたももたん。
DSCF1399.jpg 
これから一緒に過ごそうねって言ってたゴンちゃの部屋にももたんのスペースを作りました。
DSCF1396.jpg 
ももたん、やすらかに・・・
DSCF1395.jpg 

昨日の今日であまりにも早くに逝ってしまって、心の整理がつきません。
でも、里親候補さんが来る前に病気がわかったこと、私が休みの日に逝ったこと、
火葬業者さんにも一番良い時間に来てもらえたこと、すべてのことが
ももたんがそうしてくれたのかななんて思えたりします。

DSCF1400.jpg 
ゴンちゃ、ももたん、死んじゃったんだよ・・・
昨夜はこんなふうに仲良くくっついていたのにね。
DSCF1381.jpg 
良い仲良しコンビになれるかなって思ってたのに。
こんなこと言うのもなんだけど、ゴンより先にももたんが逝っちゃうなんて
正直思ってなかった・・・
これからしばらくは中年おじちゃんのゴンちゃとやんちゃなももたんで、
この部屋で仲良く過ごせるもんだと思ってた。
毎晩、この部屋でゴンちゃとももたんと楽しい時間を過ごせると思ってたんだよ。

ももたんがあまりにもかわいくてさ、ずっといると手放したくなくなるからって
急いで里親さんを探してたところもあったんだ。ほんとにかわいい子だった。
だから、昨日病気がわかってめちゃくちゃ悲しかったけど、我が家の4男として
大切にしようって思った。もっともっと一緒にいたかった。
もっと成長したももたんを見たかった。

なんでこんなに早く逝っちゃったのかなぁ・・・

くるしかったんだね、ももたん。もっと早く気づいてあげられなくてごめん。
でも栗豆家に来て、少しは楽しい時間を過ごせたかな。そうだったらいいな。

ももたん、うちにきてくれてありがとね。すごく短い時間だったけど楽しかった。
私も娘たちもいろんなことを学ばせてもらったよ、ほんとに。
もし生まれ変わることがあるのなら、今度は丈夫な心臓を持って元気な体になって
そしてまた栗豆家においで

虹の橋の向こうで、事故に合っちゃった兄弟と会えたかな。
これからはそっちで楽しく過ごしてね。そして時々栗豆家のことも思い出して。
IMG_0455_convert_20130130204016.jpg 

ももたん、ありがとう

うちの子たち TB:0 CM:6 admin page top↑
<<百太郎が教えてくれたこと * HOME * 信じられない悲劇>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ももたんの想い

そっか、ももたんはひなこちゃんが大好きだったんだね。ひなこちゃんのおなかできっと安心して幸せな気持ちで虹の国に旅立てたんだね。ひなこちゃん、ありがとうね。

ももたんに「生れてきて幸せだった?」と聞いたらきっと「短かったけど、あったかい想いをたくさんもらって幸せだったよ」って答えると思います。

もし、里親さんのお宅にいっていたら
ももたんも環境の変化に耐えられなかっただろうし、ももたんがなくなったら里親さまはショックで動物と暮すのをやめてしまったかもしれません。

きっとももたんは栗豆家で幸せだったから
「里親さん、僕は今幸せだから、幸せじゃない他の子を僕みたいに幸せにしてあげて」って気持ちだったのではないかな。

里親希望者さまがこのブログを読んでいるかどうかわからないけど、どうか今悲しい想いをしている他の猫ちゃんにももたんのように家族に囲まれる幸せを与えてあげてください。

ももたん、兄弟猫ちゃんたちとあえてよかったね。栗豆家での楽しかったことたくさん話してあげてね。
by: popo * 2013/11/11 09:42 * URL [ *編集] * page top↑
 

ももたん、本当に残念です。

花をたくさん飾ってもらっている写真を見て、眠っているように穏やかな顔だし、ひなこちゃんの温かい胸の中で安心しながら旅立ったんだなって思いました。

ひなこちゃん、かなこちゃんたちがいなかったらももたんは今頃、寒い外で一人ぼっちだったんだよね。短い間でも家族になれてももたんはとっても幸せだったと思うよ。

最後に載せてある絵みたいにももたんが虹の橋の向こうでみんなと楽しく遊んでいたらいいね。
by: ゴロハナ母さん * 2013/11/11 11:39 * URL [ *編集] * page top↑
 

ひなこちゃん、ももたんは温かい胸の中で旅立てて幸せだったよ。
かなこちゃん、ももたんは絵のように虹の向こうできっと笑ってるね。

ご冥福をお祈りいたします。

明るい栗豆家のみんなの笑顔、きっとももたんは早く見たがってるよ!


by: けんのん姉 * 2013/11/11 21:09 * URL [ *編集] * page top↑
  popoさま♪

うん、私もももたんはひなこのおなかのぬくもりの中で安心して旅立てたと思ってます。
ひなこもこれまで精一杯ももたんをかわいがってお世話してきて、その点では後悔がないので
今も悲しんではいるけど、悲しみに沈んでしまうことなく、前向きでいられています。

きっとももたんは幸せだったよね。1カ月にも満たない短い間だったけど
いっぱいいっぱいカワイイって言われて愛されたから。

ほんとにまた生まれ変わったらうちにきてほしいです。

里親候補だった方にも、どうか他にもたっくさんいる家族を待つ子を迎えてあげてねって
お願いしました。きっとそうしてくれると思います。

ももたん、今頃、兄弟と走り回ってるかなぁ・・・
by: 栗豆ママ * 2013/11/11 23:14 * URL [ *編集] * page top↑
  ゴロハナ母さん♪

ほんとに残念で残念でしかたないです・・・

でもあの日子どもたちに見つけられることなく、目ヤニだらけで食べるものもなく
カラスにつつかれたりして寒空の中、ひっそり死んじゃうんじゃなくて
短い間でもかわいがってあげられたんで、精一杯のことをしてあげたので
後悔はないし、ももたんに出会えてよかったって思います。

かなこが描いた絵みたいな幸せな虹の橋の向こうの世界があったらいいよね。
そういうところに今ももたんもその兄弟もいることを祈ります。
by: 栗豆ママ * 2013/11/11 23:17 * URL [ *編集] * page top↑
  けんのん姉さま♪

ありがとう・・・

ももたんに、できること精一杯やったよねって思えているので
悲しくてさびしくてしょうがないけど、みんな前向きです!
こんなふうに命が消える時ってあっけなくて、
だからこそ、1日1日を大切にして、今いるわんにゃんのこと
後で後悔することがないように、かわいがって一緒に楽しく
過ごしていこうねって話してます。

きっとももたん、かなこが描いた絵のような幸せなところで
兄弟と走り回ってると思います・・・
by: 栗豆ママ * 2013/11/11 23:21 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/894-72609a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。