ウサギさんの想い
2013 / 10 / 30 ( Wed ) 21:06:36
今日はあたたかくて良いお天気でしたね

ももたん、今日も食欲はイマイチ。パワーもイマイチ
そんなにグッタリしてるわけじゃないし、昨日よりくしゃみ鼻水は減ってるけど、
体がちっこいだけに心配です。
早く元気になってくれ、ももたん


さて、11月1日から新しい仕事スタートなので、その前にやってしまわねばならないことを
片づけてしまおうと、今日は学校に行ってPTAのちょっとした作業をやってきました。

学校に行くと、まず最初に行くのが飼育小屋。
うさぎのひかりちゃんとチャボファミリーの様子を見に行きます
毎日のように飼育委員長ひなこから様子は聞いているので安心してるけどね。
今日も飼育小屋を見てにっこりしちゃいました。

ちゃんと寒さ対策がされていた
DSCF1121.jpg 
日光は入るけど冷たい風は通さないようにビニールシートがかけられていました

ひかりちゃん、最初は姿が見えなくて「どこいった?」ってビックリしたけど、
名前を呼んだら穴の中から出てきたよ。
DSCF1122.jpg 
見るからに健康そうでこれまたニッコリ

チャボファミリーも相変わらず仲良しで元気そう。
DSCF1124.jpg 
ひなこ委員長曰く、何度もしつこく先生に言って、ようやく3羽のこどもチャボに
名前を決められることになり、校内でチャボのこどもの名前を公募することになったとか。
箱に結構たくさん紙が入ってるーって嬉しそうに言ってました。
箱を開けて名前を決定するのはもう少し先みたいなんだけどね。

ひなこ飼育委員長の話が出たところで、今日はひとつ、ひなこさんの作文を
みなさんにご紹介したい

夏休みに、「少年の主張作文にまた出すんだ!」と言うので、何について書くのかを聞いたら
「学校飼育についてだよ!」

で、書いた作文が「良いのを書いたなー。すげーじゃん、ひなこ!」と母を唸らせる出来でした。
私の感想では、昨年選ばれた作文よりずっと良いと思ったんだけど、
残念ながら今年は落選したもよう・・・

でも、このままポイするのはあまりにも残念
ってことで、このブログを見てくださっている方々にぜひ読んでみていただきたいのです。
原稿用紙ぴったり3枚分。文字ばかりがばーっと出てきて、読みづらいかもしれませんが。
タイトルはさんざん悩んだ結果、「ウサギさんの想い」となりました。
あまりに悩んでなかなか決まらないから、タイトルだけはママがちょいと助け船を出しました。
我ながら良いタイトルなのではないかと思ってます・・・

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
「ウサギさんの想い」    6年 〇〇 日向子

 みなさんは、動物が好きですか?犬や猫が好きな人はたくさんいるでしょう。
では、ウサギやニワトリはどうですか。ニワトリが苦手な人は多いのではないでしょうか。
 私の学校ではウサギとニワトリを飼っています。私は、犬や猫はもちろん、ウサギやニワトリも
動物はみんな大好きです。私は今、飼育委員長をつとめています。飼育の仕事が楽しくて
一生けんめいやっているのがみんなに伝わっているからか、低学年の子たちに「飼育小屋の
おねえさん」とか「ウサギのおねえちゃん」とか「ウサギさん」とか呼ばれています。なんだか
おかしくて笑っちゃうけど、ちょっとほこらしくもあります。私にとってとても楽しい飼育委員会
ですが、クラスで委員会を決める時、飼育委員に手を挙げる人は私以外、一人もいませんでした。
最終的に飼育委員になった人は、他の入りたかった委員会に入れなれなかったので仕方なく
きた人でした。みんなが飼育を嫌がる理由は、「ニワトリがこわい」「世話が面倒」「フンのそうじは
汚いから嫌だ」などでしょう。他のクラスも飼育委員になりたがる人がいないというのは同じだった
そうです。嫌だけど仕方なくやっている人たちに世話してもらう動物達は、幸せなのでしょうか。
 さらに、生徒だけでなく、先生までもが飼育の担当をやりたがらない学校もあると聞いたことが
あります。校長先生に決められたから仕方なくやる先生もいて、飼育担当なのに、ザリガニも
触れない先生もいるそうです。先生も生徒も仕方なく動物の世話をしているようでは、動物達が
幸せなはずがありません。命は、息をさせておくだけでなく、快適な環境で愛情を込めて世話を
してもらっていないと、幸せにはなれないでしょう。私は、他の学校で、暑い時にも何も対策をして
もらえず、床がコンクリートでできている小屋で飼われているウサギを見たことがあります。床が
コンクリートだと、穴をほって暑さをしのぐこともできません。少しでも動物のことを思ってくれて
いれば、もっと過ごしやすい環境を作ろうとするはずです。特に先生達が積極的に動かないと
生徒も動きません。みんなが協力して飼育環境を良くしていかないと、不幸な命が増えてしまいます。
 一昨年、私は、家のとなりの駐車場で、学校から逃げてしまったウサギをぐうぜん見つけて
保護しました。それから学校飼育について考えるようになりました。学校の先生以外にも、ウサギに
くわしい人にアドバイスをもらったので、飼育環境をかなり良くすることができました。前まではあまり
人が来なかった飼育小屋も、今は低学年の子を中心に人が集まるようになりました。ウサギもニワトリ
もとても快適そうにくらしています。
 どうして学校で動物を飼うのでしょう。それは、生徒に「命の大切さ」や「動物をきちんと飼うこと」を
教えるためではないでしょうか。それなのに誰もきちんと世話をせず、動物は汚くてくらしにくい場所に
放っておかれて、小屋に誰も来ないようでは、命の大切さは生徒に伝わるはずがありません。
 私は、学校飼育に関して今やるべきことは二つだと思います。一つ目は、学校全体が協力して
精一杯飼育環境を良くすること。そうすれば、動物達が快適に過ごせるようになり、みんなに動物を
飼う楽しさや世話をする大切さをきちんと教えることができます。二つ目は、学校飼育をなくすこと。
やりたくないのにしかたなくやる人も、不幸な命もなくなります。動物も人間も同じ命です。その命を
預かる飼育委員の責任は重大です。やりたくないのに世話をするような先生や生徒達ばかりなら、
なくしたほうが確実に不幸な命は減ります。飼育を行っている学校には、これらのことをふまえて、
どうやって命の大切さを教えるべきかを考えてほしいと思います。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

あ、チャボのことをニワトリって書いたのは、「チャボって言ってもわかんない人がいるかなと思って」
だそうです。別に「チャボ」でよかったんじゃないの?って思うけども・・・

なんか中味は日頃一緒に栗豆散歩をしながら話してること、そのまんまなんだけどね。
飼育担当を嫌がる先生とかザリガニ触れない先生の話とかは、動物指導センターで
私が聞いてきた話だし。
だから私が口にしたセリフが満載ってカンジなんだけど、だとしても、ママがしゃべったことを
ちゃんと覚えてて「少年の主張作文」に書いてくれたかと思うと、うれしーじゃありませんか

ひなこが書いているように、学校飼育は子どもたちに命の大切さを教えるために
きちんとやってほしい。きちんとできないなら学校飼育はやめたらいい。そう思います。

あー、これを壇上で学校関係者がいっぱいいる前で、大きな声で主張してほしかった。
返す返すも、選出されなくて残念だ・・・

啓蒙活動 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<やきもちですか? * HOME * 早まったか・・・(涙)>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

日向子ちゃんの作文、すばらしいですね!
学校の動物飼育について、分かりやすく、そして、自分の意見がしっかり書かれていて、すごいな~(^^)
壇上で読んだら、学校での飼育も少しは変わったかもしれないよね。

日向子ちゃん、作文、感想文苦手なうちのカツオくんに書き方を教えて欲しいな~(^^;)
by: ゴロハナ母さん * 2013/10/31 14:57 * URL [ *編集] * page top↑
  すばらしい

 日向子ちゃんの作文を落とすとは、頭の中をゴシゴシと洗濯せんとアカンのがたくさんおるということですね。すばらしい一文です。
 ただ、まだまだ大多数の先生(最近は小学校の先生の劣化が著しいとのこと)は子供の作文にまだまだ「お花畑」を期待しているようで、そこからいくと本当のことを書いてしまったことに落とされた原因があるかも知れません。
 再就職、おめでとうございます。明日からご出勤ですね。
by: 丹波人 * 2013/10/31 16:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ゴロハナ母さん♪

ありがとうございますv-410

なかなか良く書けてますよねー。感想文の時とか、私がダメ出しして
書きなおさせることが多いんだけど、これはほとんどなおさせるところがなかった。
長さが長くなっちゃったのを縮めるのに、一緒に少し直しは入れたけどね。

ひなこはこういうのが得意な分、運動系がダメだからv-356
誰にも得手不得手があるってことで・・・
by: 栗豆ママ * 2013/10/31 22:48 * URL [ *編集] * page top↑
  丹波人さま♪

おホメのお言葉、ありがとうございますv-410

おっしゃるとおり、本当のことを書いたから落とされたっていうのは私も思いました。
最初ひなこは自分の学校の校長がウサギを棒で小屋に押し込むこととかも
書こうとしてたので、自分の学校をもろ悪く書いたら校長が応募に出してくれないよって
止めたんですよね。
もろ学校名を出してないにしても、環境が良くないと書かれている小学校は
市内の小学校だし、いやいや飼育担当をしている先生も市内にいるかもしれないし。
そうすると、壇上で主張させるのはちょっと、って思う審査員もいるでしょう、きっと。

明日からの新しい職場での仕事、がんばりますv-364
by: 栗豆ママ * 2013/10/31 22:54 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/886-cdb0374a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *