釣りに行った、そして思った・・・
2013 / 05 / 06 ( Mon ) 23:32:16
GW最終日、今日、栗豆家は川に釣りに出かけました

GW後半の初日の栗豆散歩の時、うちの裏の川で魚を見て「釣りに行きたい熱」に火が付いたオット。
昨日、森林公園から疲れて帰ってきた後に釣具屋にいろいろ買いに行き、
いろいろと 場所まで調べて、大ハリキリ状態になっちゃったワケです。

娘たちも釣りには興味があります。
前回、釣り堀での釣りじゃなくちゃんとした釣りをやったのは三浦の海でした。
一緒に行ったのは先日亡くなったオットの友人
釣りって聞くと、娘たちも私も彼の事を思いだして、しんみりしちゃったりします・・・
あの時は信じられないくらい娘たちもいーっぱい釣れたんだよね。

今日釣りに行った場所は、オットの勤める福祉作業所の近くの河原(うちの裏の高麗川の上流)。
14561.jpg 
娘たちに釣りを指導するオット。

真剣に釣り始めました。
14563.jpg 
・・・が、なかなか釣れない・・・

場所を変えてもなかなか釣れない・・・
そしてそのうち、釣りに飽きてしまう娘たち
14571.jpg 
魚とり網で魚とりをし始めちゃいました。
そしてひとり釣りをするオット。
14572.jpg 
オットと娘たちの距離はこんな・・・
14570.jpg 
なんだかなぁ・・・

この間、私はずっと栗豆と暑い中お留守番(荷物番ともいう)。
栗豆を連れて、こんなデコボコしたところにはとても行けないからねぇ。
それにオット、釣竿は3本しか買ってないから、もともと私は釣りをする人にカウントされてない

ヒマなので栗豆を連れて川辺をひとりウロウロする私。
14565.jpg 

そのうち、オットと娘たちの歓声が聞こえました。
オットが1匹目を釣ったらしい。
私も行ける限り近くに駆け寄って、「おーい!釣れたのー?パパー!ひなこー!かなこー!」
と声を限りに大声で叫んだ・・・けど、3人とも私の事はまるで無視
その後も繰り返し呼んだのに、振り返るのは周りにいた知らない人たちばかり。
「ママ、釣れたよ!」という笑顔はまるでなし。手を振るとか、リアクションまるでなし。
私の存在、まるで無視・・・

だんだん腹が立ってきた
ずっと人を待たせておいて、それはないんじゃないの?
その後やっと気づいたオットに文句を言ったら、その後2匹目を釣ったところでイソイソと
「ママ、2匹目釣れました」と見せに来た・・・
14574.jpg 
14575.jpg 
そして見せて写真を撮ると、またイソイソと戻って行った・・・

その後もひたすらただ待つだけの私と栗豆。
14573.jpg 
イイコで待っててえらいね、栗豆。

そしたら、川の横の細い道から出てきたおばさんが「暑い中待ってて大変ね」と声をかけてきた。
で、「この道を上がっていくと良いお散歩コースになってるわよ」って教えてくれた。

なので、私は栗豆と一緒に、おばさんに教えられた道に行ってみました。
14577.jpg 
山道を上がっていくのは疲れたけど、しばらく行くとひのきの林があって
なんか気持ちの良い森林浴ができました。おばさん、ありがとう

結局、オットはその後、もうちょっと大きいのを釣って、娘たちはエビやらドジョウやらを
たくさん取って満足なさったらしい。

最後にひなこがコケるというオチ付きですけどね。
14586.jpg 
かなーり広範囲にわたって擦りキズを作りましたが、骨折はなさいませんでした。
修学旅行前だからね、よかったね、ひなこさん


昨日今日と、娘たちとオットが遊びに行くのを栗豆と待つ係となった私。
昨日は別になんとも思わなかったんだけど、今日は存在を消されたようで、ちと頭に来た

そしてふと、自分の母のことを思い出しました。

私の母はひどい喘息もちで、子どもの頃は今ほど良い薬もなかったので
階段を上がるだけでゼーゼー言う状態だったので、旅行に行ったりしても
いつも母は待っていました。
山登りに行っても下で待ってる。スキーに行っても部屋で待ってる。海に行っても浜辺で待ってる。
待ってるのが嫌だからと文句を言ったことなんてなくて、私たちにいろんな経験をさせるために
自分はただ待つ係になってもあちこち連れて行ってくれた。そういう母でした。

母さんもこんなふうにいつも待って、時間が過ぎるのをただひたすら待って、
子どもたちが喜ぶことを考えてくれていたんだなぁ・・・

振り返って手を振りもしないとムカついている私は人間が小さいか?
でもさー、手ぐらい振ってくれたっていいよねー

なんてことをいろいろ考えたGWの終わりでした。

この後にも夜、いろいろありましたが、その辺はまた明日にでも。

明日からまた会社だ・・・みなさん、がんばりましょうねー



我が家のこと TB:0 CM:2 admin page top↑
<<気になる黒猫団地 * HOME * 森林公園に行ってきた、そして思った・・・>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

オットさん、釣り竿がすごく似合う~(^^)

でも子供は釣れないとすぐ飽きちゃうんだよね~(^^;)うちの子も多分、ひなこちゃん、かなこちゃんと一緒の状態になると思うよ・・。

あと、ずーっと待ってるママさんの気持ち、よく分かりますよ~。でもワンズと子供がいると、親のどっちかがワンズを、どっちかが子供を見るってことになるよね。

思えば、私も子供の頃は、海とか川なんかへ行ったりすると一緒に遊んでくれるのは父、荷物のそばでずっと待っているのは母だったなぁ。
母が遊んでくれた記憶ってあまりないと思ったけど、早起きしてお弁当を作って、荷物の準備をして、遊んでる子供を見守る、、親になって母の大変さが分かった気がする。

だから見守りながら待つのも自分の役目かなーと思ったりしてます。正直退屈だけど、子供が思いきり遊んで大満足な顔で「今日楽しかった~」っていうのを聞くとうれしいしね。

そうそう、今度はコンクリートのデコボコのない川で釣りするのがいいかもね(^^)




by: ゴロハナ母さん * 2013/05/07 14:28 * URL [ *編集] * page top↑
  ゴロハナ母さん♪

> オットさん、釣り竿がすごく似合う~(^^)

そうか?

待ってる気持ち、わかってくれるよねー?
やっぱりさ、母親って、誰より先に起きてお弁当作って準備して、出かけた先では待って、帰ってきたら洗濯やら片づけやら・・・大変だよねぇ。
子どもの頃「ママって大変」って思ったことあったけど、自分が親になって改めて思うよね。
ま、母親は子どもが喜べばそれでいいってことで。

でもやっぱり多少はオットの気遣いがほしいわv-403
時々はこっちを見て手をふってくれるとか、場所選び役はオットなので、私が栗豆を連れて近づけるところを選んでくれるとかねv-392
by: 栗豆ママ * 2013/05/07 22:32 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/767-6495c1c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *