OROKA
2013 / 05 / 01 ( Wed ) 22:51:30
帰宅後、にゃんず部屋を見てビックリ
14433.jpg 
いったい何があったのだ・・・?
ボロボロヨレヨレになったピンクハウスさんが部屋のど真ん中に。
そしてピンクハウスさんの床の部分にきゃらが。
最近、アニキがめっちゃパワフルになって、にゃんず部屋の運動会が
ドタバタものすごくにぎやかなのです。

キャンディス嬢はこうしてアニキの横でくつろいでいるときだけ触らせていただけます・・・
14434.jpg 

カワユイカワユイ私のゴンちゃはお手手丸めてくつろぎ中。
14431.jpg 
もー何しててもカワユイわ


今日もまた、帰宅したら、嬉しいものが届いていました。
友達のYさんに「貸してー!」ってお願いしていたDVD「OROKA」 。
ずっと気になっていたショートアニメーション映画。
犬猫の殺処分のことを、犬猫を人間の子どもにおきかえて作ったものです。
14435.jpg 
15分程度の短い作品なので、夕食後、家族みんなで見ました。
私と娘たちは当然、涙・・・オットにはさほど響かなかったようでしたが。
なんだかね、後からじわじわきましたね。
娘たちと私は2回繰り返して見ちゃった。
かなこは1回目から泣いてたけど、ひなこなんかは2回目の方が泣いてた。

オットには響かなかったってのもまぁわからないでもない。
いくつかつっこみどころはある。
私だったらここはこう作るかなーっていう部分あるし。オットはそういうの厳しいから。

でもね、犬や猫を捨てることはひどいことってわかっているけど、
こうして、人間の子どもに置きかえてみて、
「もう面倒みるのがめんどくさいのよ」とか
「この子がいるとろくに出かけられない」とか
「もうあきたのよね」とか、
親が子どもにそんなことを言って捨てるってさ、考えられないことじゃない?

娘たちも、人間の子どもが同じ目にあっているのを見たら、
人間って本当になんておろかなんだろう、なんてひどいんだろうって
ものすごく感じた!って言ってました。

そして最後に流れるテーマソングがまた良いんだわ
犬の十戒が歌詞なんだけどね、すごく心にしみる、泣ける・・・
もう、ずーっと私の頭の中を回っています。

ショートフィルムのDVDだからTSUTAYAとかにはないかなぁ。
できればたくさんの人に見てほしいなぁ。
図書館とか公民館とかで上映会とかして、ちょっとした講演会とかもいいなぁ。
またこれもちょっと動いてみようかなぁ・・・

またひとつ印象深い作品に出会えました。
Yさん、貸してくれてありがとねー



啓蒙活動 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<かなこ画伯のマンガ♪ * HOME * 学校飼育と地域猫活動と>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/762-f07bbfc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *