ひなこと私の決断
2013 / 03 / 07 ( Thu ) 23:31:51
昨日最後に書いた、これまでたくさん相談にのってもらっていたねこだるまさんからの提案。

それは、ねこだるまさんにゴンを預けて、彼女のかかりつけ医に診ていただくということでした。
彼女のかかりつけの先生はかなりの腕をもっているようで、これまでに彼女の保護猫さんを
命の危機からたくさん救ってくれているそうで、ねこだるまさんは何度か電話でその先生に
ゴンのことを相談してくれたりまでしてくださっていたのです。
「ヘモプラズマ感染症の可能性があるかも。検査してみてそれなら治療法がある。
輸血も効果的かもしれない。自分のかかりつけ医ならそれをする設備が整っている。
費用は負担するからやってみない?」と。

昨日診てもらった先生も輸血の話はしてました。
でも「自分の病院にも近隣にも輸血の設備があるところはないと思う。
ちょっと離れたところに行かないと。費用も大変だよ。完治させる治療じゃないし」とのことでした。

でもねこだるまさんは、実際に自分の保護猫が1回の輸血で貧血が改善されたこともあるし、
Wキャリアで発症し、余命数日と言われた子が治療の後、その後2年以上元気な子もいると。

悩みました。一晩考えました。
ねこだるまさんにそんな負担をかけていいのか?彼女は自分がやりたいんだからと
言ってくれているけど、 保護したのは自分たちなのに、そんな多額の費用と負担を負わせていいの?
ゴンはどう思うだろう。
最後の望みをかけ、遠方まで出かけ、たくさんの検査・治療をしてでも、
少しでも長く生きたいと思うのか。
それとも、もう疲れること、嫌なことはせずに、ここでのんびり最期の時を過ごしたいと思うのか。
まずはがんばって自分で保護したひなこの気持ちを一番に考えようと思いました。

朝、朝食時にこのことを家族みんなに話をしました。
かなこはあまり深く考えず「長生きできるかもしれないなら、検査した方がいいよ!」と軽く言いました。
でもひなこは下を向いて長いこと考え込んでました。
そして「どっちかというと、このまま家にいさせたい」とぼそっと言いました。
まずは、キャリーに入るのを嫌がって、入れるとニャーニャー言って怒るゴンを遠くにやって、
また嫌がることを強いるのが嫌だと。手元から離さず、自分が毎日見ていたいと。
絶対治って元気になるというなら別だけど・・・と。
もし、治療の途中で容態が急変して、離れ離れの時に死んでしまったら?
それも怖かったみたいです。
そして、ゴンを一番最初に見つけてひなこに「この子助けてあげたい」と話した、ひなこの親友
ゆうかちゃんに学校で話してみるって言って学校に行きました。
ギリギリの時間までゴン部屋でゴンをナデナデして・・・
13605.jpg 
その時のひなこ。
「ゴンちゃの言葉がわかればいいのに。聞いたらゴンちゃはどっちがいいって言うかなぁ」って
繰り返し言ってました。

私もその時、ほぼひなこと同意見でした。
月曜、水曜と病院で注射されて疲れているであろうゴンちゃ。
一日おきに病院に行って、また車に長時間乗って、遠くの知らない場所に行く。
かなりストレスだろうなって思ったし、やっぱり自分たちの責任でやらなきゃって思ってました。

帰宅後、ひなこは言いました。
「ゆうかちゃんは悩みもせずに即答だったよ。私と同意見。やっぱりずっとうちにいさせたい。
もしかしたら長生きできるのに、うちにいたらできなくなっちゃうのかもしれないけど。
でもうちでできるだけのことをさせてあげたい」と。

そしてひなこはかなことふたりで、これまでたくさんのご寄付やアドバイスをくださった
ねこだるまさんに、ありがとうのお手紙を書いて、FAXを送りました。

今西乃子さんも本にも書いているし、話していてもよく出てくる言葉だけど、
「動物の命は飼い主しだい」です。このひなこと私の決断で、
ゴンちゃの寿命を縮めたのかもしれない。長く生きる可能性を奪ったのかもしれない。
でも今、ゴンちゃは私の横でゴロゴロ幸せそうな音をたてて寝ています。
この穏やかな時間を、少しでも長くゴンちゃにあげたいです。
輸血はムリでも、ヘモプラズマ感染症の検査を受けて、もしそうなら治療をしようと思います。
それでゴンちゃがもっと元気になるのなら・・・

ねこだるまさん、本当にいろいろありがとうございます
家族全員、めちゃくちゃ感謝しまくりです・・・
おかげさまで、猫の病気について、私もすごく勉強させてもらっています。
これからもアドバイス、どうぞよろしくお願いいたします

珍しくオットがゴン部屋にいて、私が入ってくるのをドアの前で待っているゴンちゃの
写真を撮ってくれていました。
13610.jpg 
ママ、胸ズギューンです

ゴハンを部屋に置いておいてもそんなに自分から進んで食べようとしないのに、
人がそばについていると喜んで食べます。
13612.jpg 
ゴンちゃが好きな方を食べられるように、ドライフードの器とウェットフードの器の
二つを用意。ウエットの方がお好みのようです。
脱水もあるから、その方が水分もとれて良いわ♪
今日もちゃんと残さず食べて、オヤツも食べてくれました

いっぱい食べたら、しっかりお顔を洗って、
13617.jpg 

食後はパソコンしているママのおひざにのってくるのがいつものパターン。
13619.jpg
かわいすぎます

明日から、また体調を崩している父を見舞いに実家に帰ります。
行くのは私だけなので、娘たちとオットにゴンちゃをいっぱいかわいがってあげててねって
頼んでおきました。
日曜の昼には戻って、午後イチで病院に連れて行くつもりです。

ちょっとママ、お出かけしちゃうけど、いい子で待っててね、ゴンちゃ

にゃんずのこと TB:0 CM:2 admin page top↑
<<実家より * HOME * ゴンちゃの検査結果>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  ゴンちゃ、がんばれ!!

ママさんとひなちゃんの決断、応援します。
(^^)/
みんなの愛情を
チカラにして、ゴンちゃ、がんばれ!!
ゴンちゃが快適に過ごせるように必要なものがあったら教えてね。

ねこだるまさん、素敵な方ですね。
ママさん、心強かったね!

お父様の体調の安定しますように。
by: ひさえ * 2013/03/08 14:15 * URL [ *編集] * page top↑
  ひさえさま♪

ありがとうv-410

団体で活動しているわけでもないし、
これといって相談できる人のいない私にとって
ねこだるまさんの助言は本当に心強かったよ。
相談できる仲間がいるって、嬉しいことだなーって思いました。
そしてひさえさんはじめ、応援してくださる人たちの
優しい言葉も心にしみましたv-352

これからもゴンちゃのためにどうするのが最善なのか
いろんな人に相談しながら、がんばりまっすv-364
by: 栗豆ママ * 2013/03/08 21:27 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/714-7f8c7680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *