何かできることを・・・
2012 / 08 / 28 ( Tue ) 22:35:06
今日は会社でイヤーなことがあった すっごく頭にきた

そんな時はこんなものでも見て、なごみましょう・・・
o0480064010222589916_convert_20120828211720.jpg 
「伊達ガチャむね様」

先日、仙台に行った時に買ってきました。オットにおみやげって言ってあげたら喜んでくれて。
職場の冷蔵庫で「これが自分のペットボトル」って分かるように、かけているんだそうです。

かわいいわ、ガチャむね様


さて・・・会社であったイヤなことはさておき・・・

会社の昼休みの短い時間に、私はいつもいろんな人のブログを見させてもらっています。
今日もいつものように「幸せの703号室」を見て・・・会社にいながら泣けてしまいました。

みなさまもこの「ひらいたばかりの瞳で」という記事をぜひ見てください。

ずっと応援していたまーも君が亡くなって、悲しみに包まれていたところに現れた小さな小さな子猫。
その子はチチさまが保護した時にはもう何も食べられず、すごい数の蚤に血を吸われまくり、
亡くなりました。

この子は何のために生まれてきたんだろう・・・
この世に生まれて数日、何を思っただろう・・・

カラスの餌食になったり、道端で人知れず朽ち果てることなく、ハハさまチチさまに見守られて
最期を迎えられたことが、この子のせめてもの救いだなと思いました。

ハハさまがブログで訴えてます。

何かをやって!
何ができる?

私も栗に出会うまでは犬猫の殺処分について、考えたことありませんでした。
犬がほしかったらペットショップかブリーダーからお金を出して買うものと思ってました。
でもふとしたことから里親募集サイトを見て、栗と出会い、殺処分問題を知りました。

以前の私のように、「よく知らなかった。なんとなく知ってたけど、深く考えたことなかった」って人が
私たちのまわりに、たっくさんいると思います。
他にもこの問題を知ってくれたら変わってくれる人がいーっぱいいると思います。
だから、保護犬猫を家族に迎え入れることができなくても、
直接犬猫を保護して里親探ししたりすることはできなくても、できることはあるんです。

「伝えること。知ってもらうこと」

親バカなわが子自慢になっちゃうけど、小学生の娘でも「伝える」活動はできています。
保護犬とかの本を読んで読書感想文を書く。
少なくても先生に読んでもらえる。
うまくいって代表に選ばれると、校内放送で全校生徒に聞いてもらうことができる。
感想文を書かなくても。友達とのおしゃべりの中で、こうして家族を待っている犬猫がいることを話す。
正しい犬や猫の飼い方について話す・・・

私もささやかながら、自分にできることをやってます。
ささやかでも、そういう力が集まれば、いつか大きな力になるハズと信じています。

小梅さんが保護して、うちでお預かりしたミュー君とエース。
こんなに汚れて痩せこけていた子たちも、
8658.jpg 8659.jpg
こんなふうにふっくらかわいくなって、ステキな家族の元にもらわれていきました。
9520.jpg 
小梅さんが最初の手を差し伸べていなければ、今はこの世にない命でした。

真夏のうだるような暑い中、団地のベランダにいたキャンディとみみぃちゃん。
mamikyami.jpg
私が保護していなかったら、やっぱり今はこの世にいなかったでしょう・・・

この小さな命たちは、私たちの行動しだいで、運命が変わってしまいます。

どうか、「命を見捨てる人」「かわいそうと思いながら見て見ぬフリをする人」ではなく
「命を助ける人」になってください。
直接、保護することはできなくても、周りの人に伝えて下さい。

なんか、うまくまとめられないけど、そう、しみじみ思いました・・・

啓蒙活動 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<ドムっちの動画♪ * HOME * 好きで好きでたまらない!>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  本当に

 おっしゃるとおりです。職場でネコにエサを与えていた頃は何匹もの猫が車にはねられて死にました。一念発起して山奥にネコ小屋を立てたのは、やはりネットで犬や猫の保護をされている方のブログを見て「こらあかん!」と思ったからでした。家族に怒られたこともありますが。
 精神的には、毎日「車にひかれないか」と心配するより今の方がはるかに楽です。大量に去勢・避妊手術に連れて行ったものですから、獣医さんも心配して触れないネコのノミの駆除などあれこれとアドバイスをしてくれました。「どうしよう」と思っているより何か動いた方がはるかに楽だということを学びました。
by: 丹波人 * 2012/08/29 14:48 * URL [ *編集] * page top↑
  丹波人さま♪

そうですよね。「どうしよう」って悩んでるより行動しなくちゃ。
確かにネコ小屋を山奥に建てたってのは、ご家族から見たら、ビックリだったんでしょうね。
私も最初にきゃらたちを保護するって言った時は、オットに反対されましたよ。
でもがんばってれば、周りも理解してくれるようになるし・・・

どうしても見てみぬフリしがち。かわいそうって思いながら、かわいそうだから見たくない、
聞きたくないと、目や耳をふさぎがち・・・
でもそれじゃ何も変わらないんですよね。

少しずつみんなが変わっていって、人にも動物にも優しい社会になってほしいです。
by: 栗豆ママ * 2012/08/29 21:24 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/546-411d6e99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *