仙台旅行記 まとめ
2012 / 08 / 09 ( Thu ) 21:13:18
あーもう
お盆前で仕事が忙しくてさ・・・うちの会社はお盆休みなんてないのに
周りの会社がお盆休みだからって忙しいワケさ(←グチ)

今日もいっぱいがんばったんだけど、帰り際に大失敗しでかしちゃって、赤っ恥かいちゃったよぅ
クソー、今夜は飲んでやる!(←ヤケ
10557.jpg 
仙台みやげ、笹かまぼこと地ビールがあるんだその名も「奥州仙台 伊達政宗ビール」。
この他にも、笹かまぼこはもっとあるしー、地ビールも「支倉常長」と
「片倉小十郎」ってのもあるんだよん


さて、昨日は笹かまぼこ作り体験のことばかり長々書いちゃって、
そのうち時間がなくなって、仙台旅行記が尻切れトンボ状態になってしまった気がする
なので今日は仙台旅行記のまとめってことで・・・

今回の旅で、私の中で心に残ったのは、移動するタクシーの中での
運転手さんとのおしゃべりでした
もともと東北弁が大好きな私、運転手さんとのおしゃべり、楽しかったなー♪
しかも、何回か乗った中で、ある運転手さんは、猫を7匹も飼ってるとかいうので、
いろいろ聞いてみたら、奥様が保護活動なさってらっしゃるとか。
「ステキな奥様ねー!応援してあげてねー!」って言っちゃった

仙台の街は昔のまんま、「震災なんてあったの?仙台はバリアで守られてたのか?」なんて
思っちゃうくらい、まったくきれいなままの相変わらず大きな立派な街でした。
おじいちゃんおばあちゃんのお墓も倒れたりせずに無事だったみたいで
前と変わらないきれいな状態でした。

でもタクシーの運転手さんの話を聞いたら、
「でもねー、ちょっと離れると壁がヒビだらけだったりするんだよー」って。
「かまぼこの国」もわりと海に近い仙台の中でも東側にあったので、
「ここからあとちょっと行ったところは、津波かぶったところ」だったそうです。
塩釜に住む運転手さんは丸2週間、仕事ができる状態じゃなかったそうで(ガソリンもなかったしね)
会社に電話したら、「生きててくれればそれでいいから!」って言われたそうです。
でも休んだ後、仙台の街に出てきたら、もうファミレスも普通に営業してて、津波を受けたところや
地震の被害を大きく受けたところと街中の違いにビックリしたって

そして・・・
「とにかくちょっとした場所の違いで全然被害の大きさが違かったりするんだよ。
腹がたったのはマスコミで、いつも同じところにばかり行っててさ。
すーぐ近くの別の町で困っている人たちには何もしない。 取材も支援も何も。
そんなマスコミのやつらに食べ物運んだり、タクシーに乗せるのが嫌になって
最後はマスコミ関係の客には乗車拒否したよ」なんて言ってました。

ほんとにね、ほんとにそう思う。 マスコミも行政もさ。
うちの茨城の実家だってさ、かなーりの被害で、ライフラインしばらくの間全部ストップしたのに
給水車さえ来なくて、何日も何日も川に水汲みに行ったり、湧水使ったりしてしのいだんだよ。
こういう不公平っていうかかたよりっていうかはなんでおきるんだろう・・・?

福島のことも、あまり報道されないよね。
放射能に関する報道はあっても、今、町がどうなっているかとか、
残されている生き物たちのこととか、全然報道しない。なんで???

復興が進んでいるところと、まったく手つかずのまま残されてしまっているところ。
差が激しすぎる・・・
かたよりりなく、全部が復興する日はいつ来るんだろうか・・・
10469.jpg 
これは仙台市博物館のロビーにあった七夕飾り。
短冊にはいろいろ願い事が書いてありました。
泊まったホテルのロビーにもいーっぱい短冊がついた笹が飾ってあった。
いろんな願い事が書いてあったけど、復興への願いもいっぱい書かれていたな。
みんなの願いが叶いますように・・・


ダラダラと書きましたが・・・

今回の旅の目的は、母方のおじいちゃんおばあちゃんのお墓参りと
娘っ子たちに仙台七夕を見せること、そして母と孫たちが楽しく過ごせることだったので
充分満足だったかなーって思います。
思いがけなく叔母にも会えて嬉しかったし、ステキなホテルに泊まれて、私も楽しかった

叔母ちゃん、来てくれてありがとね 久しぶりに会えて嬉しかったです
そして母さん、本来私がすべきなのに、いつまでもスネっかじり娘でスミマセン
ほんとにいろいろありがとね


さて、明日はドムっちのその後について書くよー
ドムっちの意外な素顔が見えてきたぞっ 
お楽しみに ー

我が家のこと TB:0 CM:2 admin page top↑
<<さびしがりやさん? * HOME * 仙台旅行記 続き (笹かまぼこの作り方?)>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  被災地を離れると

 阪神淡路大震災の時も、神戸から歩いて歩いて大阪に来ると、全く平常通りで、神戸のことは夢なのかなと思ったと神戸の友人がぼやいていました。
 マスコミや一部の政治家のやることは進歩していないようですね。1リットルでも水が欲しい地域に大量のビラを持ってきて配布して呆れられているのもいましたよ。
 ぬー、単なるお楽しみ旅行で終わらぬところが栗豆ママさんの真骨頂。
by: 丹波人 * 2012/08/10 13:19 * URL [ *編集] * page top↑
  丹波人さま♪

阪神淡路の時も、本当に大変でしたよね。
私も一番の友人が神戸出身なので、ご家族は大丈夫か心配で電話したのを覚えています。
友人もボランティアにかけつけてました。

なんでマスコミや政治家、進歩しないんでしょう?
今もテレビ見ていて政治の話になると、イライラしちゃいますv-359

今回の旅行はたまたま行き先が仙台で、震災の話を地元の人から聞いたってだけですよ。
普段は私もただのお楽しみ旅行で終わっちゃいますv-356
by: 栗豆ママ * 2012/08/10 20:53 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/530-9d66132c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *