スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
小雪ちゃん、虹の橋へ・・・
2012 / 07 / 10 ( Tue ) 22:34:19
ここのところ、嬉しいネタが続いておりましたが、今日は悲しいお知らせです・・・

昨日の午後、ちょっと娘に言いたいことがあって、会社から家に電話したんだけど、
電話を切ろうとした時、「ねぇ、ママ・・・あのさ・・・」とひなこの悲しげな声。

先日名前が決まって、これから今まで以上にかわいがってもらえるねって話していた、
学校の先住うさぎの小雪ちゃんが週末に突然亡くなったそうです。
原因は不明。ひなこが校長先生に聞いた話では、
「特に病気のようではなかった。もうかなりの高齢だったから老衰かな」ってことだそうです。
小雪ちゃんが何歳だったのかわからないし、うさぎさんの寿命がどれくらいなのかも
私はわからないんだけども・・・

せっかく環境も良くなって、名前も決まって、仲良くなったひかりちゃんと
楽しく暮らせると思った矢先だったので、とてもとても残念です

2月の寒い日の夕方に我が家の隣の駐車場でうずくまっていた小雪ちゃん。
これがあなたとの初めての出会いだったね。
7184.jpg
まさかうさぎを拾うなんて思いもしなかったから、ビックリしたなぁ。
あの時、栗豆が見つけてくれてなかったら、だれにも見つけられぬまま
もっと早く死んじゃってただろうか。

その後、学校飼育について、私に考えさせるきっかけを作ってくれた。
すみれママちゃんのおかげでKagiさんともお知り合いになれて、
学校の動物飼育についての姿勢を変えることができた。
7320.jpg 
これはkagiさんから寄付していただいた小屋に初めて入った時の小雪ちゃん。

この後、実験動物だったひかりちゃんを救うことができたのも小雪ちゃんのおかげだったね。
ひかりちゃんとも仲良くしてくれた小雪ちゃん・・・
7596.jpg
短い間でも環境の良くなったところで過ごすことができて、
学校のみんなに死を悼んでもらえて、少しは良かったかな。

ひなこと同じクラスでしかたなく飼育委員になった男の子が
「なーんだ、名前なんて決める必要なかったじゃん」とか
「俺、おとなしい小雪の方が好きだった。小雪じゃなくてひかりが死ねばよかったのに」
とかひどいことを言ったそうで、
ひなこは「なんてこと言うのよ!」とめちゃくちゃ怒って、悔し涙ウルウルになったらしい
そんなふうにひどいこと言うような子もいるだろうけど、
小雪ちゃんがいなくなって悲しんでいる子のほうが絶対いっぱいいるよ、ひなこ

つい先日、ひよこさんを見に行った時、小屋のあたりで寝そべっていたよね。
穴掘って真っ黒っていってたけど、この時からもう具合が悪かったんだろうか・・・ 
9765.jpg
小雪ちゃんはいつもおとなしかったから、具合悪いのかどうかわからなかった・・・
気づいてあげられなくてごめんね・・・

ぴかりん、ひとりっきりになっちゃったね。さびしいね・・・
9772.jpg
また校長先生に相談して、実験動物のうさぎさん1匹助けてもらおうかな・・・

突然、あまりにも突然、虹の橋を渡ってしまった小雪ちゃん。
小雪ちゃんにはいろんなことを教えてもらいました。

小雪ちゃん、本当にありがとう・・・
小雪ちゃん、安らかに・・・

啓蒙活動 TB:0 CM:6 admin page top↑
<<ステキなプレゼント♪ * HOME * 里親募集中にゃんこのご紹介と今日の豆太郎♪>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  難しいです。。

小雪ちゃん、虹の橋を渡ってしまったんですね。

わたしがハムスターをみてもらっている先生はエキゾチック専門なので、うさぎさんもよくきているのですが、うさぎさんは、便秘で亡くなることも多いとききました。
犬猫はお医者様も多いですし、割と人間になついているので体調の不調を人が読み取ることができるとおもいますが、うさぎやハムスターの場合、完全に捕食される側の動物ですので、自分の体調の不調を外部に知らせないようにするのが普通で、体調が悪くなっているのをまわりが気づくときはかなり重症になっていることが多いそうです。
ただ、そいういうふうに不調を隠そうとする子の場合、悲しいけれど病院で治療することが100%その子のためにならないこともあるらしいです。
だから、小雪ちゃんは小雪ちゃんなりに、自分で決めておだやかにお空に旅立ったのではないか・・と思います。

実験動物を学校で助ける・・できたら素敵な考えですね。すべての実験動物を否定することはできませんが、人間の生活が他の動物の犠牲?おかげで成り立っているということは子供も知っていていいですよね。
by: popo * 2012/07/11 07:51 * URL [ *編集] * page top↑
 

おはようございます。

小雪ちゃんは残念でしたね。

でも2月という寒い中、もし栗豆家に保護されていなかったらそのまま亡くなってたのかもしれないし、その後、学校の飼育小屋もどんどん環境がよくなって、短い間だけど暮らせたのは本当に幸せだったと思います。

それと、ひなこちゃんというやさしい飼育係さんにもお世話してもらえて小雪ちゃんはうれしかったと思うな~。ひなこちゃんの心の中にきっと一生小雪ちゃんは残っていくんでしょうね。
by: ゴロハナ母さん * 2012/07/11 08:29 * URL [ *編集] * page top↑
  残念でしたね。

 せっかく良い環境の下で暮らせるようになったのに残念でしたね。けれども栗豆ママさんのおかげで、5ヶ月も幸せに暮らせて良かったと思います。うさぎにとっての5ヶ月は、人間に換算すると随分長いと思いますし。
 そして何よりも「ひかり君」が幸せに暮らしているのが素晴らしいです。一匹でも幸せになるためにまたお骨折り(身勝手ですが)お願いします。
by: 丹波人 * 2012/07/11 15:11 * URL [ *編集] * page top↑
  popoさま♪

小雪ちゃん、本当に残念です・・・

そうなんですね、うさぎさんのこと私は良く知らないので
popoさんのコメントを読んで、なるほどなーって思いました。
学校の外にある小屋に暮らしているうさぎさんの様子の変化を
わかってあげるのはかなりむずかしいでしょうね。

「小雪ちゃんは小雪ちゃんなりに、自分で決めておだやかにお空に旅立った」
そうだったんだといいな・・・
by: 栗豆ママ * 2012/07/11 22:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ゴロハナ母さん♪

小雪ちゃんのこと、娘たちも私も、ほんとに悲しいです。
「うさぎを拾っちゃった!」っていう衝撃的な出会い(?)だったこともあるし
その後、ひなこが飼育委員さんになってがんばったりしたこともあるので
私たちにとって、忘れることのできない子になりました。
ひなこは特に、大人になっても、うさぎを見ると「小雪ちゃんとひかりちゃん」って
思い出すようになるんじゃないかなー。
by: 栗豆ママ * 2012/07/11 22:44 * URL [ *編集] * page top↑
  丹波人さま♪

ほんとにほんとに残念です。

小雪ちゃんにとってのこの5カ月間が、幸せであってくれたらいいなと思います。
あと、誰も最後を見ていないらしいけど、苦しまずに安らかであったならいいなと・・・

ひかりちゃんを救うきっかけを作ってくれたんですよね。
そうですね、ひかりちゃんのためにも、もう1匹、助けられたらいいな。
娘たちと一緒に、また校長に話に行こうと思ってますv-237
by: 栗豆ママ * 2012/07/11 22:47 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/507-05fdd5e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。