悲しい現実
2012 / 01 / 25 ( Wed ) 20:57:58
前回「わーすごい雪だー!」って書いたんだけど、
実はあの後、更新を終えて寝る前に外を見たら 雪は溶けてなくなってました・・・

栗豆家の近辺は途中で雨に変わっていたようです
なので、昨日は道路は雨が凍っていて怖かったけど、雪は道の端にほんの少し残ってる程度で
栗豆が雪で遊べるような状態ではありませんでした。 嬉しいのやら、悲しいのやら・・・
東京の方がずっとすごかったようですね
会社でも都内から出勤してくる人は午前中出社できず。
いつもなら大変そうな秩父の方から出勤してくる人は「全然雪なかったっす」と言って
普通に出勤しておりました。


さて・・・今日はちょっと悲しい話です。

最近まったくお手伝いに行けなくなっちゃってる小梅さん・・・
ブログは欠かさず拝見しているのですが、今日の記事を見て涙が出ました。
みなさんもまずココをクリックして読んでみてください。
小梅さんがブログの中で紹介していたページに飛びます。
NPO法人「保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会」さんのブログ
「願い叶わず」という記事です。

私は茨城県出身です。
父は千葉県出身、母は宮城県出身なので自分の中に茨城県に対する愛着心って
あんまりないんだけど。
でも自分は生まれも育ちも茨城。友達も大勢茨城にいます。
だから、栗を我が子にして、保護犬猫について本を読んだりして、
茨城県が殺処分数ナンバー1と知り、ものすごくショックでした
でも同時に、ちょっと納得もしちゃいました。
子どもの頃、捨て猫に嫌というほど遭遇したもん。その度に泣いたもん。
モラルの悪い飼い主、周りにいっぱいいたと思うもん。
それに子どもだった頃の自分もそのひとりだと思う。
いくら子どもだったとはいえダメダメだったところ多々あり。
子どもの頃に飼っていた犬たち、みんな幸せにできていたかと聞かれたら返事できない・・・
猛烈に反省。みんなゴメン・・・だからその分もこれから償いをしなきゃと思う。

栗は茨城県のセンターから救われた子、豆太郎は茨城の雪の降る林の中に捨てられていた子。
栗豆はどっちも、ボランティアさんたちがよく言う「茨城犬(いばらきけん)」です。
栗豆の保護主である「しっぽのなかま」の代表、佐藤さまも茨城の方。
茨城でも必死で小さな命を守ろうとしてくれている人が大勢います。
でも捨てる人があまりにもたくさんいて追いつかない・・・

今西乃子さんが講演の中で訴えているように
殺処分ゼロじゃなくて、捨てられる命ゼロをめざす」のがまず第一だと思う。
それにはまず知ってもらわなきゃいけないんだよ。
子どもの頃の私がダメだったように、自分の子どももダメにしちゃいけない。
だから娘やその友達にちゃんと教えていかなきゃと思う。
周りの人たちにも知ってほしい。心の底からそう思います。

「小さな命の写真展」実行委員の埼玉支部長になったけど、
「埼玉・茨城支部長」ってことにして、茨城にもいっぱい働きかけなきゃいけないな。

6679.jpg 
こんな笑顔の栗豆も、誰かが一度捨てた命。そして人の手で救われた命。

6871.jpg 
トラちゃんもママさんに拾われた子なんだよね。
3匹とも人が捨てたのか、野良猫さんが生んだ子なのかわからないけど、
3匹のパパやママは人の手で捨てられた子だったのかもしれない。

みんなの意識を変えていくこと、それがまず何より大切ですよね・・・

啓蒙活動 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<にゃんずのお食事風景♪ * HOME * ゆ、雪が・・・>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

うちの娘が
先日うちの学校の図書の先生に
今西先生の本紹介したらしいです。
まずは
小さな一歩から・・・
by: すみれまま * 2012/01/25 21:03 * URL [ *編集] * page top↑
  すみれままちゃん♪

更新したとたんコメントが入ってきてビックリ!

若ちゃん、ありがとね♪
ひなこたちも学校の先生に紹介しているらしいけど
なかなか入れてくれないって文句言ってたわ・・・
でも小さな一歩から、確実に前に進んでいかなくちゃね。

そうそう、コメント入れようと思いながら入れそびれてた。
ブログのテレビ見てる蘭さん、カワユスv-238
うちはにゃんずはテレビのあるリビングに栗豆がいるから
入ってこれないので、きゃらがどんな反応をするのか見れないわ。クスン・・・
by: 栗豆ママ * 2012/01/25 21:16 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/364-01c8e382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *