スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
ご協力、お願いします!
2011 / 12 / 01 ( Thu ) 20:53:21
動物愛護法改正のためのパブリックコメント。
こちらからだと、とっても簡単に意見の提出ができますよ!
2分でOK 動物の法律改正パブコメ
さぁ、まだご意見を出していないアナタ!意見、出しましょうね
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

さて、毎日しつこく記事の最初に書いているパブリックコメントの他に、
もうひとつお願いです

日々いろんな方々のブログを拝見させていただいている私。
福島の残された動物たちのために活動されている方々には本当に頭が下がる思いです。


今日から12月。今日も栗豆家地方はとっても冷たい雨でした
福島はどうだったかな。福島はこれからどんどん寒さが厳しくなっていくでしょう。

今もなお取り残されている動物たちは、飢えと寒さとの戦いが続きます。

早く助けてあげたい・・・一刻も早く・・・

たっくさんの犬や猫たちも。牛や馬や豚やヤギや、

もうーすさんのブログに度々出てくるダチョウさんたちも。


動物たちを助けようとがんばるボランティアさんたちをはばむ圏内入口の警察官たち。

彼らも仕事でやっているから仕方ないんだろうけれど。

ここでの規制が緩和されるというニュースを見たけれど、
いつからどんな基準で入れるようになるのかな。


そんなことを思っていたら、尊敬する人のひとり、めぐろのいぬやしきさんのブログ

署名活動のことが書かれていました。

こちらをクリックして見てみてください。福島の動物を助けるための署名活動です。
福島県原発避難地域に取り残された動物達を救う為の情報交換ブログ」というのもあります。
私もせめて署名に参加させていただこうと、こちらのブログを書いていらっしゃるナビィさんに
コンタクトを取らせていただきました。
署名用紙のファイルをいただいたので、ほしい方はメールフォームからメールいただければ
こちらからファイルを送らせていただきますよ。
ブログの文章をコピペして自分で作っちゃっても、もちろん手書きしてもかまわないと思います。
ぜひぜひご協力お願いします

今日、トラちゃんを保護してくたさったUKCジャパンさんのブログを見たら、
こちらにも保護活動が一歩前進という嬉しいニュースが書かれていました。

いっぱい署名を集めて、こういった動きを後押しできるように、
さらに早く行動に移せるように、政府を動かしたいです。

少しでも早く、1匹でも多く、助けてあげたいです。

我が家も全員署名して送ろうと思います。会社の人にもまた頼んじゃうつもりです。
締め切りは12月10日だそうなので、あまり時間はありませんが。

私の拙いブログを見てくださっているアナタも!どうかご協力お願いしますね
送り先は、
〒135-0024 東京都江東区清澄3-10-11
飯塚 有里子さん宛てです。

 

ファンヒーターの前でヌクヌクしている我が家の寒がり栗っぺ。
6397.jpg 

こたつの前でくつろいでいる豆太郎。
6398.jpg 


新しいフカフカのにゃんこハウスで3匹くっついてあったまる3にゃんず。
6394.jpg


うちの子たちと、今福島で飢えと寒さに耐えている動物たち。

なんら違いはない。ただ、震災の時に福島にいて被災してしまったというだけ。

もし、あの時私たちが福島に住んでいたとしたら・・・

栗豆もにゃんずも同じ運命になっていたかもしれない。

幸い保護してもらえたトラちゃんと、たまたま保護されずに今もさまよう猫たち。

ほんのちょっとした運命の違いで、今も苦しんでいる動物たち。

 

署名お願い文の終わりの方に書いてあるように、

「あの時、動物達を見殺しにした人々」ではなく「助けた人々」になりましょう

未分類 TB:0 CM:0 admin page top↑
<<3つの願い * HOME * オットと栗♪>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/320-e6f38bcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。