スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
一難去ってまた一難・・・
2011 / 09 / 02 ( Fri ) 23:50:19
きゃらが完全復活し、キャンディもそろそろお部屋から出せる・・・そう思っていた矢先に
恐れていた事態発生・・・

唯一、感染していないトラちゃんのことは気をつけて見ていたつもりでした。
目はパッチリ、くしゃみもせきも鼻水もない・・・うん、大丈夫!そう思っていました。

トラちゃんは普段からきゃらやキャンディに比べて、がっついて食べる方ではなく
食べ残しがあることも多々あったので、最初はさほど気にしてなかったのですが
ここ数日、残す量が多いかなぁと気になり出しました。しだいに元気もなくなってきた。
そして夕べ・・・ゴハンを変えてみたら食べるかなと、ちょっとおいしそうな缶詰を
トッピングしたんだけど、ちょっと食べたら「ニャオウ!」とないて手で口の周りを触り始めました。
そしてゴハンから離れ、いつもの隠れ家の本棚の中へ。
よーく見てみたら、口からヨダレが・・・こりゃ口の中がどうにかなっているに違いない・・・
5182.jpg 
こんな状態でまったく元気がなくなっちゃったトラちゃん・・・

今朝も缶詰オンリーのやわらかいゴハンにしたけど、やはり同じリアクションでした。
すぐにでも病院に連れて行きたかったけど、今日は超忙しい日だったので会社も休めず
一日トラちゃんのことで頭がいっぱいになりながら過ごし、残業までさせられたけど
「スミマセンっ!病院に行かなくちゃいけないのでっ!」と途中で仕事を投げ出して
大慌てで帰宅して病院に行きました

診るなり「うわーこりゃ痛かったねー」と先生。
私たちにもトラちゃんの口を開けて見せてくれたけど、口の両脇が真っ赤っか
口内炎だそうだけど、先生曰く、人間の口内炎と違って、猫の口内炎は厄介だとか。
完治しないんだそうで・・・繰り返すんだそうで・・・
内科的な治療は、抗生物質、インターフェロン、ステロイドなどの注射
でも完治するわけじゃなく、症状をおさえるだけなので、また悪化したら治療を繰り返すんだと。

「怖いのはエイズ・白血病ですけど、検査はしてますか?」と聞かれ
保護団体さんから「この子は大丈夫」と言われて預かったんだから大丈夫のはずとは思ったけど
念のためトラちゃんママに電話してみたら、ママさんは受けたことないという・・・
とりあえず安心のため、検査受けてみた。
大丈夫なハズとは思いながらも、結果が出るまで「万が一陽性だったらどうしよう」 って
ものすごく胸がドキドキした・・・
結果、エイズも白血病もマイナス。ほっとひと安心・・・

先生の診断では、何らかの理由で免疫力、抵抗力が落ちて、
そこに猫風邪のウイルスが入ったのかもしれないし、
7歳だから年齢によって少しずつこういう症状が出てくることもあるし、って話でした。
とりあえず、上記の注射3点セットをして、飲み薬をもらって帰宅。
食事は今の状態ではやわらかいものしかムリだってことなので、帰りがけにレトルトの
やわらかいゴハンを買っていって、カリカリは混ぜずに食べさせてみたら、キレイに完食!
娘たちと「やったー」って大喜びしちゃいました。

お薬が効いたのか、少し前から動き出して、からんでこようとする豆太郎にシャーする元気も
出てきました。ひとまず良かった
5203.jpg 

トラちゃんママに病院での診断結果などを報告したら
「最近病気が多いですね。放射能の影響でないかと心配しています。
爆発から1ヶ月いたのですから、ガンとかにならないか心配です」とのお返事。

ハッとしました。すっかり頭の中になかった放射能の影響・・・
そう、トラちゃんは事故のあった原発から5キロ圏内に1ヶ月もいたのです。
濃い放射能の中で1ヶ月過ごした・・・
その影響がないとは言い切れませんよね。
それを思うと、ますます原発事故が腹立たしく思えました。

だいぶ前に本屋さんにいったら在庫なしで、ネットで注文したらこれまた在庫なし。
昨日やーっと届いた本がコレ。

見たら絶対辛くなる。悲しくなる。涙が出る。でも見なくちゃいけない、そう思って買いました。
読んで・・・やっぱり泣きました。でも見てよかった。娘たちにも見せてよかった。
絶対知っておかなければならない現実だと思うから・・・

この本の中にいたにゃんこと同じ状態だったトラちゃん。
トラちゃんママとUKCジャパンさんの努力で助けられたけど。
助からなかった命がたくさんある。今も飢えという最も辛い状態に苦しみ続けている
動物たちがたくさんいる・・・
改めて、原発事故は人災、その後、こうして何ヶ月もの間、動物たちを苦しめ続けているのも
人間だと強い憤りを感じました。
こうして写真に残してくれた太田さんや今も活動を続けているボランティアの方々には
感謝しきれない思いでいっぱいです。

トラちゃんの体調不良が放射能のせいでなければいいけど・・・
今後はかかりつけの病院の先生とも相談しつつ、私自身もいろいろ調べて
フードの選択、口内炎に良いサプリを探してみるなどして、
健康状態を保てるように努力したいと思います。

トラちゃんはもうほぼ我が子って気分。かわいくってしかたありません。
5195.jpg 
5186.jpg 
猫風邪から復活したきゃらとキャンディもね。
キャンディは近々2回目のワクチンを打ってから、隔離部屋から出しましょうって
先生から言われました。もうちょっとガマンね

そして・・・
5190.jpg 
5180.jpg 
なんだか不思議なポーズをとってる栗豆も!私の大事な愛する我が子です

我が家の2わん、3にゃんが(もちろん娘ふたりとオットもね)みんな元気でいられるように、
ママは今後もみんなの健康管理、がんばるぞ

預かり日記 TB:0 CM:1 admin page top↑
<<外は嵐、中はのんびり♪ * HOME * 今、自分にできること>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2011/09/03 14:39 * [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/257-af2d246c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。