スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
再出発!
2017 / 02 / 09 ( Thu ) 16:09:49
今日はわんにゃんネタじゃなくて私ネタ。

とりあえずの自分の備忘録です。

長く苦しかった転職活動。
やっと終止符を打つことができました
来週から都内で新しいお仕事です。

がんばりまっす


昨年末にドタバタいたしました私の仕事について。
大好きだった職場を泣く泣く辞めて、新しく入ったところは信じられないブラック企業
それ以後、辛く苦しい日々を送ってきました。

いやーホントに辛かった。
たぶん今まで40ウン年間生きてきた中で、一番辛かった


ブラック企業を離れて12月の始めから急いで転職活動して、
面接してきたところが1月の下旬に一度全滅
ここは大丈夫だろうと思ってたところまで、最終面接で落とされました。

さすがに落ち込みました・・・

ひなこが高校受験に合格して、お祝いだーっとひなこリクエストで家族でカラオケ行った時に
人生励ましソング的な歌を歌おうとして涙で歌えなくなるくらい・・・
娘たちもオットも私にかける言葉がないって状態でしたね。


面接のたびに今まで自分が大学出てからやってきたことを話す。

私は独身の頃は夢を追いかけてやりたいことをやってきて転職すること2回。
結婚してからは子育ての状況や引越しなどの状況に応じて派遣やったりパートやったり。
とにかく仕事したかったし仕事せにゃ家計も苦しかったので常に仕事していて、
そのぶん転職回数が多くなって。

転職回数が多い + 年齢が四捨五入すると50歳という状況はまず書類選考に通らない。
面接に行けても若い人にかなわない・・・
なんか、今まで自分ががんばってやってきたことすべてを否定されているような気分。

もうね、一時期はもうどこにも受からないと思いました
笑顔が作れなくなりました。ため息の連発でした。
娘たちがいなかったら、もう死んじゃいたいって思うほどに落ち込みました。


でも、ひなこが合格した後から、徐々に状況が変わってきました

内定をくれる会社がいくつか出てきて・・・
だけど、一度とことん落ち込んだ後に受けたところだったから
仕事の内容とか待遇面とか、それほど良いと思ってなくても、
まぁまぁここなら・・・ってところだったので、どこにするか決めかねてました。

そんな中でふと目についた求人。

「なんかちょっとおもしろそう・・・」そう思って試しにエントリー。

オットにも見せてみたら「いいじゃん。きっとオマエに合ってるよ」と。

そしたら面接できることになって、代表の方と会ってお話ししてみて超ビビッときた私

話していて、ものすごくワクワクするものを感じました。
そこでやることになるであろう仕事の内容もワクワクしたし、
何より若い社長さんの考え方が共感できることがいっぱいあって。

いいなぁ、ここに入れたらがんばりがいがあるなぁ・・・

そしたら面接の二日後、まだ募集出したばかりで、まだ私としか面接してなかったのに
社長さんも私にビビっときてくださったそうで、他の面接予定を全部キャンセルして
私に採用のメールをくれました。

こんなことってあるんですね~

メール見て叫んでしまった私。
かなこは私の手をとって一緒にキャーキャー喜んでくれました。
ひなこはしみじみ「よかったねぇ」と言って笑ってました。
2階の部屋にいたオットも駆け下りてきて「よかったなぁ」と。

それとほぼ同時に、かなり条件の良い会社からも内定が出てちょっと悩みました。
待遇面や安定性から言ったら、普通は別な会社を選ぶと思う。
でも家族みんなも「こっちの方が母さんに合ってる!」と言い切ってくれたので
多少「もったいないなぁ」と思いつつも、さほど心残りなく決めることができました。


ちょうどひなこの入試と同じ時期の私の転職活動。
なんだかいろいろと考えさせられました。

私は親不孝な娘で、親が望むような将来を選ばなかったし、心配ばかりかけている。
でも今回、面接で自分の過去をさんざん振り返ることをさせられて思った。

「私は自分がやってきたことに後悔はない」

親から見たら、良い高校行って、良い大学行って、留学もして、
なんで今こんななの?なんで良い会社に就職できてないの?なんじゃないかと思う。
いろいろさせてもらったのに親には申し訳ないと思う。
でも私は自分が今までやってきたことに後悔はない。
ま、前回の転職では、ブラック企業を選んでしまうというミスはおかしたけどね。

そんな自分だから、娘たちには自分の好きな高校に行って、好きな大学に行って、
やりたいことをやってほしいと思う。

ひなこにしても、今回第一志望に選んだ高校は、普通の親ならあまり選んでないかも。
塾の先生にすごく嫌な顔されました
ひなこの実力なら、もっともっと偏差値の高い進学校に行けたはずだから。
でも、進学校を見学に行って、ひなこはワクワクしなかった。
ひなこが心から「ここがいい!」と思った高校は、偏差値で見たら実力より低めのところでした。

ひなことは、どの高校に行ったら将来どんなことができる可能性があるかとか
いろいろ話しました。何度も話して「後で後悔だけはするな」と言いました。
その結果「絶対後悔しない」と言ってひなこが選んだ高校を、私も支持しました。
きっと、自分で選んだ高校で、いっぱいいろんなことを学んで、
高校3年になったら、また自分の進路をいっぱい考えて自分の道を選んでいくと思う。

まだ自分のやりたいことが見つかっていないかなこも、自分で考えて自分で見つけてほしい。
そのために「世間ではこうするのが普通だから」とかそういうのに振り回されないでほしい。
自分で良く考えて行動してれば、万が一失敗してもまた立ち上がれるはずだから。

そんな娘の進路のことも一緒にいろいろ考えることができた約3か月間でした。
娘たちも沈んだり浮かんだりの母親を見て、何か感じてくれたんじゃないかな。

ため息つきまくりの私を励まし続けてくれた娘たちとオットに深ーく感謝
ため息つきまくりの私を慰め、癒し続けてくれたわんにゃんずに深ーく感謝
私としか面接してないのに、私のやってきたことを評価して選んでくれた社長さんに深ーく感謝


また生活のリズムが変わってみんなに迷惑かけちゃうけど、よろしくね

我が家のこと TB:0 CM:2 admin page top↑
<<がんばれー! * HOME * 盲導犬を知ろう!>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  おめでとう!

心機一転、おめでとうございます!
栗豆ママさんと同世代な私も昨年心機一転、転職しました。私の場合もムスメに「お金とかじゃなく、好きなことやってみなよ」と後押しされました。
年齢的には保守に走りたくなるお年頃(笑)ですが、ムスメに言われて思ったことは、子どもがある程度大きくなったからこそ、自分も新しい挑戦がありなのかな…ってこと。そして、ムスメがそれを認めてくれる年齢なんだ、一緒にまだ自分も成長したいな、ってことでした。
お互いムスメたちに充実した姿を見せれるよう、がんばりましょうね〜

by: popo * 2017/02/15 23:52 * URL [ *編集] * page top↑
  popoさま♪

popoさんも転職したんですかv-364

ほんとにこの年になっての転職はキツイし、
保守に走りたくなるよね。
でも我が家も今回一番話を聞いてくれたのはひなこだった。
娘も成長したもんだとしみじみ思ったよ。
心機一転の職場に移れたのは娘が成長した今だからこそ、なんだね。

これからのがんばりぶりもしっかり見られているからがんばらなきゃね。
お互いにがんばりましょうねーv-411
by: 栗豆ママ * 2017/02/16 22:51 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/1276-8d955e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。