シンポジウムに行ってきました
2015 / 06 / 21 ( Sun ) 23:15:47
忙しい週末のイベント第3弾は、大宮で行われた「埼玉殺処分ゼロシンポジウム」。

涙の3Day’sチャレンジの時にいっぱい励ましの言葉と元気をくださった
埼玉県庁の生活衛生課、前動物指導担当の橋谷田さんと
一生懸命読んだ本「犬部!」の主役の太田快作先生に会いたいと
ひなこも一緒に行くと言っていたんだけど、
よく考えたら期末テスト直前じゃん!ってやつで、昨日も1日お出かけしちゃったし
今日は家で勉強してますということで、私ひとりで行ってきました。

会場に行ったら、橋谷田さんの方からお声をかけてくださって、
ひなこに会いたかったなーと言ってくださいました。
がんばって獣医になってぜひ県庁に来て後をついでねって。
ひなこ、がんばって勉強しなくちゃね

今日の講演会のトップバッターが橋谷田さん。
話がおもしろくて聞き入っていたら、私としたことが写真を撮るのを忘れていた
唯一、まったく写真がないのが橋谷田さんという・・・オーマイガーっ

ずっと立ったままで、これまでにやってこられたことなどをお話ししてくださいました。
橋谷田さんは「数字にとらわれちゃいけない」とおっしゃいました。
私も同感です。「ゼロにする」にこだわって、数を減らすことにばかり目が行くのではなく
みんなが現状を知って変えていかないとね。
ショッキングだったのは、ある自治体は収容された子猫を殺処分しないで放置するって。
ガスや注射で処分すると殺処分数にカウントされるけど、自然死はカウントされないから。
子猫を放置、自然死ってさ、ようするに餓死させるってことですよ。
記録の上で殺処分数を増やしたくないからってそんなことしていいの?
ありえない、そんなこと。数にとらわれるとそんなことまでまかり通ってしまう。怖い・・・

埼玉県の動物愛護に橋谷田さんあり。今日の講演を聞いてそう思いました。
今は異動で第一線から退いてしまっているけど、また戻ってほしいなぁ。
仮面ライダーファンだったことまで話されて、自分と仕事を引き継いだ現動物指導担当の
福田さんと自分を仮面ライダー1号と2号に例えていらっしゃいました。
そして2番手は橋谷田さんとダブルライダーと言われた福田さん。
CIMG1279.jpg 
現在の担当ということで、きちっと資料とスライドを準備してしっかりとご説明してくださいました。
橋谷田さんと同じように、熱い思いを持つやる気マンマンな方だと感じました!

そして3人目は地域猫といったらこの人!ともいえる、NPO法人ねこだすけの代表理事、工藤さん。
CIMG1281.jpg 
とってもわかりやすいお話でした。
殺処分ゼロのポイントは猫。猫の処分数を減らすのがキーなのです。
その上で今、全国的に進められているのが地域猫活動。
私もやろうとしていきなり壁にぶち当たって挫折したままになっておりますが・・・
やっぱりやりたいなぁ・・・改めてそう思いました。

ここでお昼休憩に入り、午後の最初は朝日新聞社の太田匡彦さん。
太田さんが書いた「犬を殺すのは誰か」という本、私もだいぶ前に読みました。
太田さんは今もいろいろな記事を書いて情報を発信し続けていらっしゃいます。
CIMG1283.jpg 
私は生体販売はなくなればいいのにって思ってます。
太田さんの話では、犬の販売数は減っていて、代わりに猫の販売数がものすごく
増えているんだとか・・・
こんなにたくさん殺されているのに、売れるからってまた商品としての猫が
どんどん増えていくの?そして売れない子は殺されるの?
犬や猫を飼いたかったらペットショップに行く、その考えを変えなきゃ、
啓蒙活動しなきゃって思いました。

そして最後はひなこも話を聞きたがっていた「犬部!」の太田快作先生。
CIMG1285.jpg 
いやー、すっごくおもしろい講演でした
若いし行動力のある太田さん。犬部を読んだときにもそれは感じたけども。
「早く行動しなくちゃ。こんなこと言ってる間にも殺処分されちゃう子がいる。
迷子になってなかなか迎えが来なかったら殺されるんですよ。人間だったら
ありえないことが、犬や猫だと平気で殺されちゃうんです。
こんな現実とっととかえなくちゃ!殺処分ゼロはむずかしくないです!」ってカンジで。
CIMG1286.jpg 
そうそう、徹っっっっっっ底的に啓蒙が必要なんですよね、同感です

CIMG1289.jpg 
そうそう、当たり前!さっさとやってしまおう
そんで・・・
CIMG1287.jpg 
会場大爆笑
殺処分がゼロになって野良猫もいなくなったら、保護猫カフェなんていらなくなるんだよね。
1日も早く、そんな日(ねこかつが潰れる日じゃなくて殺処分がなくなる日だよ!)がくるといいなって
すごく思いました。

ひととおりの講演が終わって、最後に質疑応答。
こんどこそ写真をって思ったら、橋谷田さんは所要で先に帰ってしまっていた
なのでここでのゲストは橋谷田さん以外の4名。
CIMG1291.jpg 
それぞれ個性的な4人。
本当に楽しくてためになる講演を聞かせていただきました。
こんなステキなシンポジウムを主催してくれたねこかつのおっちゃんに感謝
会場はほぼ満員、大盛況でした

シンポジウムの後は、昨日のウィッシュ君の講演会でもお世話になった
動物愛護推進員仲間のYさんとおしゃべりしてから帰ってきました。

やっぱりね、私は今日の講演を聞いて改めて思ったけど、この問題で大事なのは
太田快作先生も言っていた啓蒙活動。中でも子どもへの啓蒙活動だと思う。
今日もたっくさんの人が来ていたけども、ここに集まらないような無関心人たちに
今日の話を聞かせるべきなんだよね、本当は。
そうするにはどうすればいいか、これからも考え続けて、ムリのない範囲で
何かしらがんばっていこうと思った私でした。

ライブではじけて、ふたつの講演会で考え、学ぶことができた有意義な週末でした

啓蒙活動 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<今日の栗豆、そしてメイプル * HOME * ウィッシュ君の講演会>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  犬猫のためだけじゃなく…

啓蒙活動必要だよね、それって犬猫のためだけじゃなく、やっぱり弱いものを守る気持ちって色んなことに通じると思うから。弱いものを自分と関係ないから放っておこう、いじめたり傷つけた訳ではないから悪くない、って寂しい社会だよね。犬猫を守る感情は、人同士の付き合いにもきっと生かされていくと思います〜
by: popo * 2015/06/22 08:16 * URL [ *編集] * page top↑
  popoさま♪

そうそう、そうなんですよ。
みーんなに知ってもらわないとなかなか状況は変わらないと思う。
確かにこれは犬猫だけの問題だけじゃないんだよね。人間の問題なの。
シンポジウムで福田さんが有名なガンジーの言葉をおっしゃってたけども、
「国家の偉大さや道徳的な発展の度合いは、
その国が動物をどのように扱っているかで判断できる」のです。
今の日本の道徳的な発展の度合い、どうなんでしょうね・・・
by: 栗豆ママ * 2015/06/22 21:49 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/1181-563223b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *