スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
メイプルの今後
2015 / 05 / 25 ( Mon ) 23:22:58
私の嫌な予感が的中してしまいました・・・
今日は長々書いてしまいますがお許しください。
そしてどなたか、猫の病気について詳しい方、知識のないバカな私にアドバイスください・・・

私は今まで胸の中のモヤモヤをずっとごまかしていました。
「大丈夫、気のせい、大丈夫」

でもなんだか気になって、忙しいことを言い訳に、メイプルのことを先延ばしにしていました。

メイプルが我が家に来てから、実は最初から私にはモヤモヤした思いがありました。

痩せてるなぁ → あんな場所にいたんだからあたりまえ。これから太らせてあげる!
検査しておなかに虫はいないのにおなかがゆるいなぁ → 環境が変わったせいだよね!

おなかは病院で薬をもらって飲んだら落ち着きました。
なので取り越し苦労だったと安心し、里親募集し、トライアルに行きましたが
トライアル先でもまたおなかがゆるくなった、くしゃみするとの報告もあり、
先住猫さんとの相性もうまくいかず、我が家に戻ってきました。

我が家に戻ってからのメイプル。おなかはすっかり良くなったけど、
良く食べるのにいっこうに太る気配がない、というかさらに痩せて見えるくらい。
最初は我が家では誰も目にしなかったくしゃみするところも目にするようになりました。

なんだか気になるなぁ・・・

そんな矢先、先週、保護主さんのブログで、メイプルの兄弟猫がFIPで急死、
他にも同じ現場にいた子がFIP発症して闘病中と知りました。

恥ずかしい話、私はFIPについて「発症したらほぼ100%の致死率の怖い病気」としか
知りませんでした。感染についてとか知識がなかった。

慌てて保護主さんにメールしました、「感染とかだいじょうぶですよね?
うちの猫と一緒にしちゃってるんだけど」と。
お返事は「FIPの原因になるコロナウイルスは元々持っている子がほとんどで
コロナウイルスはうつってもFIPはうつらないから大丈夫」というものでした。

大丈夫、大丈夫・・・
気になりながらも私はそのままにしていました。

里親募集をいつまでも先延ばしにしていてもしょうがない。
気になることをきちんと診てもらって安心してから再募集しようと、
土曜日、ひなこが体育祭を終えて帰ってきてから一緒に動物病院へ行きました。

メイプルを見せて、兄弟猫たちの話をすると先生は、
「まさか自分ちの猫たちと一緒にしてるの?ダメだよ!即刻隔離!
FIPはエイズよりずっと感染力が強いんだよ!
エイズ陽性で一緒にいた子たちがFIPだとすると、ほぼ間違いなくこの子もFIP。
今の症状もエイズ発症というよりFIPの初期症状。
近い将来、発症して命を落とす可能性大!」と言いました。

ひなこと顔を見合わせてしまいました・・・
え?メイプルもFIP?近い将来死ぬの?FIPはうつらないんじゃなかったの?

頭が混乱してわけがわからなくなり、私なんかよりしっかり保護活動している人2人に
電話で相談しました。その2人の答えはまっぷたつ。
一人はうつらない、病院の先生なんてそう言うもの。自分だったら隔離しない。
もう一人は絶対隔離。一緒のトイレを使ってなかよしでベロベロなめあっていた
うちの子たちも危険にさらされてる。

いったいどっちなの?誰の話を信じたらいいの?

頭が混乱して涙が出ました。もしうつるという方が本当なら、大切なうちの子たちも、
預かりっ子のアニキも、トライアルに出たおうちのチャミィちゃんをも
危険にさらしたことになる。私は無知だったとはいえ、なんてことをしちゃったの?

とにかく急いでひなこに部屋を片付けてもらい、メイプルをひなこ部屋に隔離しました。
そしてチャミィママさんにメールをして、これまでのことをすべて説明し謝りました。
そしたら、チャミィ家に以前いた銀ちゃんという猫ちゃんもFIPで亡くなったんだそうで、
私よりFIPについては詳しく「銀ちゃんの時は先生に隔離するようには言われなかった。
チャミィは元気ですよ」という嬉しいお返事をいただきました。
そして確かに銀ちゃんの時も似たような症状があったとも書いてありました。

今もまだ、どっちの意見が正しいのかわかりません。
ネットで調べたりしても、なんだかよくわかりません。誰か教えてください。
たとえうつらないというのが本当だとしても、今の症状がFIPじゃなくて今後落ち着いたとしても
もしかしたらの可能性を隠して里親募集することは私にはできません。
家族会議をした結果、やはり3にゃんずに万が一のことがあってから後悔しても遅い。
今さらではあるけどこのまま隔離にしよう。メイプルにはゴンちゃと同じようにひなこ部屋で
暮らしてもらおう。

そして保護主さんにこのまま隔離した状態で我が家でお預かりしたいとお伝えしました。

前置きが超長くなりましたが、そのようなわけで、メイプルはゴンちゃに続いて
ひなこと同居していくことになりました。
「FIPの最期は苦しむ」と聞きます。ひなこに「辛いぞ」と言いましたが、覚悟はできてるそうです。

今までアニキやきゃらと超ラブラブだったメイプル。ドアを一枚隔てていきなり会えなくなり
始めはとっても寂しそうにしていたらしく、ドアの向こうできゃらたちの歩く鈴の音が聞こえると
スチャッとドアに駆け寄っていくから見ていて泣けるとひなこが言ってました。

でも隔離して丸一日経ってあきらめたのか、今は少し落ち着いた様子で、
普段は出窓やベッドの上でくつろいでいるようです。
DSCF5757.jpg 

ゴンちゃはくっついてれば幸せ♪な子だったけど、メイプルは前はこっちが近寄ると
逃げたりしてたくせに、今ではひなこに遊ぼうアピールしまくってるそうです。
DSCF5759.jpg 
メイプルの顔をアップ ね?幸せそうな顔してるでしょ?
DSCF5760.jpg 
ひなこはもうハマっちゃって「メイプルかわいいわー、めっちゃかわいいわー
って部屋から出てくるたびに言ってます。
今日の大きな地震の後も、メイプルが部屋でひとりきりで不安なんじゃないかと
気が気じゃなくてダッシュで帰ってきたそうだ
かわいくてハマればハマるほど、別れの時が辛くなるんだけどね・・・

メイプルがもうFIP発症しているのかどうなのか、はっきりわからないし、
あとどれくらい生きられるのかわかりません。
私たちにできることは1日も長く元気で穏やかに過ごせるようにしていくことだけ・・・


そしてうちの3にゃんず・・・
なかよしだったメイプルの気配を近くに感じるのに離れ離れにされて不満そうな顔してます。

一番なかよしでいっぱいベロンベロンしちゃってたアニキ・・・
DSCF5762.jpg
アニキは一番高齢だし、慢性口内炎もあるし、一番心配です・・・
もし万が一のことがあったらトラママになんとお詫びしてよいかわかりません。

最近めっちゃなかよくしていたきゃら。
DSCF5761.jpg 
超仏頂面・・・
オマエもかなりベロンベロンしてたよね。

その点では接触は少な目だったけど、でもオシリくっつけて寝たりしてたキャンディ。
DSCF5763.jpg 
3匹とも大丈夫だろうか・・・今の私には神様に祈ることしかできません・・・

不勉強でズボラなやり方をしてしまった自分が恥ずかしい。
最初の保護先で避妊手術やら駆虫やら受けてからお預かりしてたから、
エイズ以外の病気でコワイ感染症があるなんて考えもしなかった。
こんなズボラでおバカなママでごめんよ、みんな。今さら謝ってもどうしようもないけど。
お願い、どうかみんなFIPにならずに元気でいておくれ・・・

ゴンちゃ、ももたん、どうかメイプルを、トラをきゃらをキャンディを守って・・・
gonDSCF2331.jpg  
DSCF1254.jpg




うちの子たち TB:0 CM:6 admin page top↑
<<学び続けます! * HOME * 盛り上がった体育祭!>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

病気について、ネットで見てみたよ。発症したらとても怖い病気なんだね。他の猫と隔離しないとうつる、うつらないがお医者さんでも意見が分かれるっていうのは、まだあまり知られていない病気だから?

ひなこちゃん、、勉強、部活など忙しいと思うけど、メイプルちゃんの面倒を見るって本当にすごいし、えらい。「覚悟できてる」って言い切れる中学生なんてほとんどいないと思うよ。

ひなこちゃんになでられて、目を細めるメイプルちゃんが、何だかゴンちゃんに見えてきて・・・。ママさんも大変だと思うけど、ひなこちゃん、メイプルちゃんと一緒にがんばってほしいな~と思います。

病気について詳しい人のコメントがつくといいね。
by: ゴロハナ母さん * 2015/05/26 10:46 * URL [ *編集] * page top↑
  ゴロハナ母さん♪

ありがとうv-410
ホントにね、意見が分かれるあたり、まだ細かいことがわかっていないのかな。
でも名前が「伝染性腹膜炎」なんだから伝染するんだよね。
まったくもって大丈夫ってことはないんだと思うよ・・・

ひなこ、中間試験目前なのに、母として申し訳ないとか思う・・・
よりによってこのタイミングかいと。
でも何もしなくていいよと言ったとしても、せずにいられる娘じゃないんだよね。

過ぎてしまったことは今さら後悔したところでどうしようもないから
これから先のことを、どうしていけばいいのかを考えようと思います。
by: 栗豆ママ * 2015/05/26 21:04 * URL [ *編集] * page top↑
 


お爺ちゃんお婆ちゃん、お父さんお母さんと代々雑種道を貫いてきた血をひいて生まれた子達はたくましいもんです。
でも、寒さ、暑さ、空腹、敵への警戒のような極めて強いストレスが体調を壊すことは致し方ないんだろうなと思います。
だからいつも安心していられることってとても大切なんでしょうね。

人間もそうだけど、例えば1人で寂しく留守番している時に「ただいま~」って誰かが帰ってきたらすごく嬉しい、安心する。
そういう気持ちが次のガンバリにつながる。

ひなこちゃんが帰ってくるんだ、と思えばその待ち時間もストレスでもなく。
メイプルちゃん、幸せいっぱいなんじゃないかなぁ。

良い方向に進展することを切に願っています。
by: ゴロハナの父 * 2015/05/27 01:15 * URL [ *編集] * page top↑
 

メイプルちゃん…みかんによく似ていて、すごく親近感を感じてました。ただ、みかんの方がおデブだね(^_^)って、子供達と笑ってました…

メイプルちゃんの姉妹のつららちゃんの事ととかも気になってて、保護主さんのブログもちょくちょく見ていて、FIPで亡くなったメイプルちゃんのお父さんの様子なんかも見てました…
メイプルちゃんも確定なんでしょうか?だとしたら、辛すぎますね…ひなこちゃんもまた辛い思いをしますね…
でも考え方を変えれば、残り少ない命を、楽しく穏やかに過ごすために、もしかしたら栗豆家や、ひなこちゃんは選ばれてるのかもしれませんね…(*´-`*)

最悪メイプルちゃんがそうだとしても、チャミイちゃんや、3にゃんずは何事もありませんように…
by: みかんママ * 2015/05/27 18:01 * URL [ *編集] * page top↑
  ゴロハナの父さま♪

うん、そうですね。
メイプルはこれまでかなり厳しい環境でたくましく生きてきました。
あの現場にいた時よりはずっと安心していられてると思います。
アニキたちと離れてさびしいだろうけど、ひとりだけ甘えさせてくれる人の元で
ゴロゴロ言って過ごせるのもいいなって思ってくれると信じてます。

実際、すでにかなーり甘々になってますよv-410
by: 栗豆ママ * 2015/05/28 23:19 * URL [ *編集] * page top↑
  みかんママちゃん♪

そうだよね、みかんママちゃん、つららちゃんにブログにもコメント入れてくれてたね。
ありがとね♪
メイプルの血筋は残念ながら弱いのかもしれません。

メイプルもまだ確定ではありません。
可能性が高いってだけでね。
今のところくしゃみする以外は元気にしているし。
発症の状態にならずにこのまま元気でいてほしいです。

ゴンちゃは私たちに猫エイズのことをいろいろ教えてくれました。
メイプルはFIPについて学ばせるために来てくれたのかな。
ひなことまだまだ勉強不足だからがんばって学ばねば!と話してます。
by: 栗豆ママ * 2015/05/28 23:24 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/1170-608bb1c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。