ゴンちゃの生命力
2014 / 11 / 11 ( Tue ) 21:20:06
昨日、最後にちょこっと書いたので、心配してくださっていた方もいたかな。
ゴンちゃのこと・・・

正直、もう限界がきちゃったのかなって昨夜から今朝にかけては考えてしまいました。

いつもは人の気配がすると、ドアの前でにゃーにゃー元気な声でないて
「かまえー!遊べー!」と催促するゴンちゃが、夕べはスティッチハウスから出てこず。
部屋に入って呼びかけても出てこず、そっと抱きかかえてもぐったりしてました。
いつもの目ヂカラもなくなっちゃったカンジで・・・

これは夕べの写真。
DSCF5204.jpg 
いつもなら、おもしろいくらい「ゴンちゃー」って呼ぶと「にゃー♪」って返事するのに、
返事しないか、してもすごく弱々しい、別な猫のようなか細い声しか出てこない。

実は先週、一度私が顔面蒼白になることがあって。
出勤前、様子を見に行ったら、床に点々と血の跡が
よくみると、ゴハンの器もまっ赤になっていて・・・
喀血?って思ったけど、様子を見ると、カリカリで口の中を傷つけて出た血のようでした。
その時のゴンちゃは、どこか痛がる様子もなく、目ヂカラもあり、
なき声も元気のあるいつものゴンちゃでした。
なので、ゴハンをAD缶とカリカリをやわらかくふやかしたのを混ぜたものにして
様子を見てました。
その後もやわらかゴハンをモリモリ食べて、元気なゴンちゃだったんだけど、
夕べは突然、パワーがなくなっちゃいました。

しばらく元気のないゴンちゃを抱いて「今日はゴンと早く寝る」とベッドに入ったひなこ。
DSCF5208.jpg 
今朝もぐったりしてたので、時間ぎりぎりまでゴンちゃをこうして抱っこしてました。
留守番させるのは心配だったけど、あったかい毛布をいっぱい出して、
ペットボトルゆたんぽを置いて出かけました。

ゴンちゃのことに関しては、いつもひなこと話し合って決めていて、
「ゴンがキライな病院へはよほどのことがない限り連れて行かない。
ゴンのストレスになるから。うちでおいしいものを食べさせて
甘えさせて好きなようにさせてあげたい。
ただ、苦しそうだったり辛そうだったら連れて行く。」
というのが、私とひなこの共通の意見でした。

これまではゴンちゃが辛そうにしていることはなかったので
ひととおりあれこれ検査した結果、余命数カ月と言われてから
病院に連れて行っていません。
これには賛否両論あるかもしれないけど、これが我が家のやり方。

でも今回は「学校から帰ってもこの状態だったら病院に連れて行こう」ということで
ひなこと私の意見が一致しました。

が・・・

仕事を終えて、心配で携帯から娘に電話すると、ゴンちゃの元気ななき声が
急いで帰ると、ドアの前でいつものように元気にないて
ゴハンを催促するゴンちゃがいました
ゴハンをあげたら見事に完食
DSCF5211.jpg 
また元のゴンちゃに戻ってました。眼ヂカラ、カムバックです

夕べは自分から動こうとしなかったのに、今日はしっかりおひざにのってきて
いつものように足をフミフミして頭を腕のところにうずめるようにして甘えまくりです
DSCF5214.jpg 

んもー、ママは今日、会社で心配で心配でとっとと帰りたくてしょうがなかったんだよ。
よかったよ、元気が戻ってよかったよ、ゴンちゃ。
かわいいな、ゴンちゃは世界一かわいいな・・・

ゴンちゃを撫でながら、そんなことを涙目で繰り返し言っておりました。

ひなこと相談した結果、今日は外もかなり寒いし、病院には行かずに様子を見ることにしました。

とはいっても、決して安心できる状態じゃないんだけどね。
DSCF5212.jpg 

今ゴンちゃが生きているのは奇跡。
でもゴンちゃの生命力はもっともっと奇跡を起こしてくれると信じてます

にゃんずのこと TB:0 CM:5 admin page top↑
<<速報です! * HOME * あれから1年経ちました>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/11/12 10:36 * [ *編集] * page top↑
  ゴンちゃん

はじめまして!
ゴンちゃん、大好きなお姉ちゃんに抱っこされて嬉しそう。どうか、ずっとゴンちゃんと、お姉ちゃんが幸せな日が続く事を願ってます。
我が家も、5にゃんいて、ゴンちゃんと同じキジ猫ちゃんがいますよ😄
by: 猫ちゃん * 2014/11/12 23:24 * URL [ *編集] * page top↑
 

ゴンちゃん、心配してました。
元気になって、目ヂカラ復活で安心したよ。よかった、よかった。

病院に連れていくタイミングって本当に難しいよね。うちのカチの場合も状態が毎日変わるので、本当に悩みました。
カチは夫が子猫の時から育ててきた猫なので、最終判断は夫にまかせたけど、それでも
最後は病院へ行く途中に亡くなったので、もっと早く連れて行っていれば、、、とかしばらく考えてたな~。

ゴンちゃんは、ひなこちゃんがしっかりした考えを持っているから大丈夫だね。もっともっとゴンちゃんと元気で長く一緒に過ごせるように祈ってます。
by: ゴロハナ母さん * 2014/11/13 16:43 * URL [ *編集] * page top↑
  猫ちゃんさま♪

はじめましてv-364
コメント、ありがとうございますv-410

甘えんぼのゴンちゃ、いつもゴロゴロとノドをならして、
ひざの上にのってきます。
夜はおねーちゃんのペットリくっついて寝てるし。
ずっとこうしていられたらいいんですけどね。
今日もゴンちゃ、甘えまくっておりますよv-392
by: 栗豆ママ * 2014/11/13 20:41 * URL [ *編集] * page top↑
  ゴロハナ母さん♪

ありがとうv-410
なんとか元気を取り戻してくれて、ほっとしてます。

わんにゃんは、どこが痛いとか、苦しいとか、病院に連れてってとか、
口で言うことができないから、飼い主が考えて判断するしかないので
むずかしいよね・・・
毎日ゴンちゃをしっかり見て、決めるしかない。
ひなことは、後悔の残らないようにしようねっていつも話してます。
今はとにかく、精一杯愛情を注ぐのみv-364

今日もゴンちゃは、ニャーニャー言って、ドアの前で待っててくれましたv-238
by: 栗豆ママ * 2014/11/13 20:46 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/1082-c5f94f45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *