ドミーの新生活! その1
2014 / 06 / 21 ( Sat ) 23:25:35
今日はオットとかなこは剣道の練成会で朝早くから夕方まで不在。
ひなこは土曜日授業+午後は部活で不在。

いやーん!私ひとりぼっちじゃん!

・・・と、普段ひとりでちょこちょこ外出して家族に留守番させてるくせに
自分がひとりで予定なしとなると、さびしくて耐えられないワタクシ

何か予定を、と考え、トライアル中のドミーの様子を見に行こうと、
里親さまに連絡をし、遊びに行く予定をたてました

そしたら、昨日、ひなこさんが体育で転んで負傷したと、右手右足にデカイ絆創膏を貼って帰宅
ひどく擦りむいて痛そーなキズを作っていらっしゃいました・・・
そして部活でトロンボーンを持つと非常に痛いとか言って、今日は部活を休むことに。

そんなわけで、今日は夕方までフリーのハズだった私は午後はフリーではなくなり、
「ママはドミーに会いに行ってくるからね」と言ったら、
「トライアルお届けの時、私は部活で行けなかった。今日は絶対ついていく!」とひなこさん。

そんなわけで、今日はひなこと二人で里親さま宅に押しかけ、剣道が終わったかなことオットまでが
夕方里親さま宅に押しかけるという状態になってしまいました。

で、その時に、まだ正式譲渡にはしてないけど、紹介の記事を書いてもいい?って聞いて
許可をいただいたので、ドミーのその後のことを書きたいと思います。
写真もいっぱいあるし、長ーくなっちゃいそうなので、2回に分けて書くね

今日は里親さまのこととトライアルに連れて行ったときの様子を。

ドミーの里親さまのことをちょっと書きますと、里親募集記事を書いてわりとすぐに
ブログ経由でとっても控えめなメールが届きました。
「こんな状況なので立候補するのを悩んでいるけど、ドミーさんの味のある姿が気になって・・・」と。
ママさんが立候補するのをためらった理由というのは、
これから介護を必要とするご両親と同居を始める予定。近々市内だけど引っ越しする。
ご両親は猫との暮らしはしたことがない」というもの。
最初見たときは「厳しいなぁ」と正直思ったんだけど、こちらからの質問に真摯に答えて下さり
とにかく「ドミーの不思議な魅力に取りつかれた」っていうドミーへの強い思いを感じました。
私は、まずはご主人と今後のことも合わせて相談して、ご主人もドミーを迎えたいと思ってくだされば
前向きに考えましょうとお返事し、そしたらご主人もブログを見たりして検討してくださった結果
ご夫婦揃ってドミーに会いに来て下さることになりました。

今回、私がご縁を感じたのは、ママさんへのドミーへの想いやメールから伝わる誠実さだけでは
ありませんでした。
ママさんはいつ里を見て、このブログを見て、メールをくれたんだけど、なんと我が家から歩いて
5分ほどのところにお住いの方だったんです。ほんっとにご近所さんなんですよ。なんて奇遇
今後引っ越すといっても、同じ市内なのでご近所さんであることに変わりはないのです。
さらに、ママさんと私は同い年。私がちょっとばかり介護の仕事をしてたので、
ちょいとエラそうにメールで介護について書いてたら、なんとママさんは訪問看護士さんでした
プロでした・・・

同い年で話も合い、介護についても話すことができ、さらにめっちゃご近所さん・・・

私は思いました。きっとご縁があるんだなって。
だから、今後どうなるかわからないけど、お友達から始めましょってメール出したんです

お見合いでも、ご夫婦ともドミーのことをとってもカワイイいい子だって気に入ってくださり、
私も家族みんなもお二人の人柄の良さを感じ・・・
そしてその日のうちに、トライアルしたいとご連絡をいただいたわけです。

前置きが長くなりましたね

で、2週間前のトライアルの日のこと。

里親さまのところには大吉くんという3歳のかわいい先住猫さんがいます。
DSCF3754.jpg 
お目目クリクリで、めっちゃカワイイ

キャリーに入ったドミーを気にする吉くん。
DSCF3753.jpg 
そろそろと出てくるドミー。
DSCF3755.jpg 
まずは吉くんとドミーの相性が良くなければ譲渡にはならない・・・
みんなでかたずをのんで見守っておりました。

吉くんは、まるで忍者のようにそろりそろりとドミーの後をつけて歩き、
DSCF3756.jpg 
ちょっとドミーが近づいてくるとけん制して「シャー!」
DSCF3757.jpg

こんな光景が繰り返されてました。
ドミーはあまり気にせず、マイペースでおうちの中を探検して回っておりましたが。
吉くんからしてみたら、見知らぬ自分より年上で体も(顔も)デカいヤツが、
いきなり自分のテリトリーをウロウロしたら、そりゃシャーも言いたくなるでしょう・・・

ドミーは気にせずパパさんの前に寝っころがってナデナデしてもらったり、
DSCF3767.jpg

ママさんに甘えて撫でてもらってゴロゴロ♪
DSCF3769.jpg 
この日の様子を見て、大丈夫そうだなと私は思いました。

その後も毎日、ママさんからメールで状況を報告してもらってます。
シャーを言わない日はなかなかこないけど、どんどん言う回数は減っているとのことで。
こんな並んで寝ている写真も送ってもらったりしてました。
IMG_0755.jpg IMG_6510.jpg
なかなか良いカンジでしょ?

トライアルから今日までの2週間の間に、ママさんは私の行きつけの動物病院で、
ドミーのワクチンを済ませて下さり、ドミーの目も診察してもらってくれました。
そして、近々手術をしようと考えてくださってます。本当にありがたいです

そして2週間たった今日、近いのでテクテク歩いてドミーに再会してきました。

その様子は、長くなっちゃったのでまた明日

里親募集 TB:0 CM:2 admin page top↑
<<ドミーの新生活 その2♪ * HOME * ゴンちゃ、大丈夫です!>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/06/22 11:24 * [ *編集] * page top↑
  鍵コメくださった方へ♪

とってもとっても励まされるコメントをありがとうございますv-237
すごく嬉しく拝見しました。
鍵コメじゃなくてもよかったのにぃ・・・

ほんとにね、健康体じゃなくても、見た目、一般的な美猫でなくても、
ホレてくれる人はいるのですよ。嬉しい限りですv-410
ゴンちゃも今後、どうなっていくかわからないけど、
我が家のかけがえのない家族として、最期の最期まで大切にしたいです。

保護活動していらして、今も里親募集の子がいるとのこと、
ステキな家族がみつかるように祈ってますv-237
by: 栗豆ママ * 2014/06/22 22:34 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/1009-b845b2d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *