スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
ゴンちゃ、がんばれ!
2014 / 06 / 17 ( Tue ) 22:52:43
ここ数日、ゴンちゃの動きが鈍くなっているようで、ひなこと心配しております・・・

ゴハンは相変わらずモリモリ食べてるんだけどね。
ひなこ曰く、「あんまり動かなくなった」。
前は宿題してたりすると、イスにのったり机にのったりしてじゃましていたのに
ここ数日はスティッチハウスにこもってるか出窓のところに寝そべっていることが多いそうで。
勉強のじゃましなくなったのは、「これをしちゃいけないんだ」と学んだのかと思ったりもしたけど
私が様子を見に行っても、だいたいハウスにこもってる。
ひなこが寝るとき、ふとんを敷くのを手伝いに部屋に行くんだけど、
夕べなんて、いくら呼んでもハウスから出てこなくて引っ張り出すカンジでした。
いったんハウスから出ちゃえば、「早くふとんに上がらせろー」ってニャーニャーないて
勢いよくベッドに飛び乗ったりはするんだけども。

さっき様子を見に行ったときもこんな状態・・・
DSCF3801.jpg 
いくら「ゴンちゃー」って声をかけても出てこなかった
DSCF3800.jpg 

賛否両論あるだろうけど、私はゴンちゃに関しては病院に連れて行くかどうかなど全部
ひなこに決めさせることにしています。
1年4か月前にゴンちゃを見つけて保護したいと言いだしたのはひなこで、
私の手を借りることなく自分でゴンちゃにネットをかぶせて保護しました。
将来、獣医師免許を取って、どんな形でかはまだわからないけど、
不幸な命を減らすためのことをしたいと言っているひなこ。
ゴンについては、自分の責任で保護し、最期まで自分で考えて見とどけさせようと私は思ってます。
もちろん、助言を求められたら答えるし、明らかに判断がおかしかったら口を出すつもりだけど。

今のところ「まだ病院に連れて行かなくていい」と言っているので様子を見ています。
私もそれでいいと思っています。

私は猫エイズを発症した子の最期を見とどけたことはありません。
ゴンがこれからどうなっていくのか、とっても心配です・・・

もって数か月と言われたゴンちゃが、今こうして生きているだけでも奇跡
これから元気に回復することはないとしても、せめて苦しんでほしくない。

百太郎を自分の胸に抱いた状態で亡くしたひなこ。
まさかそんなにすぐに死んじゃうなんて思わずにただ胸元に入れていて、
いつの間にか死んじゃっていて、ずっとみていてあげればよかったと
わんわん大泣きしたっけな・・・
ゴンちゃに関しては、後悔のないように、しっかり見とどけられるといいな・・・

でも
ゴンちゃ、まだまだだよ
食欲もあるし、ベッドに飛び乗れるパワーがあるんだからね
今夜は私たちの気持ちが伝わったのか、前みたいにひなこのイスの上に乗って
ひなこが来るのを待ち構えていてくれました
DSCF3802.jpg 
そうそう、ゴンちゃ!その調子!
ひなこも、イスの上にのって待ってるゴンちゃをみてニコニコ
オムツはいた後も、スチャッとベッドにのってみせてくれてさらに嬉しくてニコニコだよ
DSCF3803.jpg

まだまだがんばって、栗豆家に命のすごさをみせておくれ。
まだまだ、ひなこにゴンちゃのゴロゴロをいっぱい聞かせてあげておくれ・・・ 
DSCF3807.jpg
ゴンちゃのゴロゴロは眠気をさそうんだってさ(そして毎朝、起こしにいくまで起きてこない・・・)
これからの季節はベッタリくっついて寝るには暑いかもしれないけどね

にゃんずのこと TB:0 CM:6 admin page top↑
<<ゴンちゃ、大丈夫です! * HOME * 父の日&夜散歩♪>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/06/18 13:40 * [ *編集] * page top↑
  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2014/06/18 15:15 * [ *編集] * page top↑
  ひなこちゃんもごんちゃもがんばれ

動物さんの病気ってほんとうにどのように対処していくか、難しいですよね。
最近は医療の進歩で色々選択肢が広がっただけに悩むところだと思います。
人間は話せるけど、動物は話せないもんね。

でもね、私はやっぱり一番近くにいる人が決めること、そしてそれがその動物さんにとっても一番の道だと思います。
決断することはとても難しいです。
近ければ近いほどもっともっと難しいはず。最もつらい想いをして方針を決めるためにはいっぱい考えるはず。
その考えた時間こそが、動物さんにとっても大切なものになると思うからです。

ひなこちゃんには辛いことだと思いますが、動物と暮すかぎり、たとえ病気にならなかったとしても、人の方が看取ることになります。どうかこうした全てがひなこちゃんのこれからにプラスになりますように・・・

by: popo * 2014/06/18 17:24 * URL [ *編集] * page top↑
 

猫の生命力って、とんでもなく強いです。多分、人間が思っているよりも!!
0歳9ヶ月の時に車に轢かれて、右手右足を粉砕骨折して血まみれで倒れていたとある猫ちゃんは、探しに来た飼い主さんに発見してもらって部屋の布団に寝かされた時、「まだ遊び足りないんだけど…」みたいな顔をして、身体を引きずりながら玄関に向かったぐらいです。

お前だよ、(我が家の)きゃら…。
by: きゃらパパ * 2014/06/18 20:53 * URL [ *編集] * page top↑
  popoさま♪

ほんとにね、動物も人間もどっちもむずかしい・・・
私は人間に関しては、父を亡くす前に母とすごく悩んだよ。
この延命は父は望んでいるんだろうかってね。
ゴンちゃのことも、ちょっと動きが鈍いけど苦しんじゃいないし、
食欲はモリモリあるので、ゴンちゃが嫌がる病院に連れて行くべきか
ひなこと悩んじゃってます。

毎晩一緒に過ごしてるひなこが一番悩んでると思うんだ。
なので、なるべく意見を尊重するつもり。
少なくともひなこにくっついているときのゴンちゃは
めちゃくちゃ幸せそうな顔をしていますv-238
by: 栗豆ママ * 2014/06/18 21:26 * URL [ *編集] * page top↑
  きゃらパパさま♪

きゃらパパさんちのきゃら君、そんな大変なことがあったのねv-405
でも今はとっても元気・・・よかったよぅ、きゃら君・・・
そうね、生命力ってすごいよねv-364
余命宣告を受けてもそんなの関係ないってカンジでがんばっているゴンちゃ。
もっともっと奇跡の生命力を見せてほしいですv-352
by: 栗豆ママ * 2014/06/18 21:31 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shippofurifuri55.blog120.fc2.com/tb.php/1007-c8d1aebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。