盲導犬を知ろう!
2017 / 02 / 07 ( Tue ) 22:33:19
今日は嬉しくて楽しいイベントがあったので、その様子をアップいたします♪


ご近所に住んでいて、これまでこのブログにも何度か登場している
盲導犬ユーザーの井出さん(めんどくさいからイニシャルにするのやーめた)。
一頭目の盲導犬ウィッシュ君の頃にお知り合いになって、
それから「できるだけ多くの学校で盲導犬の講演会をしたい」という井出さんに
少しでも協力できたらなぁと思っておりました。

そして何より娘の学校でやってほしいなぁとずっと思っていて。

それが今日、実現

ま、かなこがまだ小学生の時にも、小学校でやったことがあったんだけどね。
今回はそれよりもちょっと力が入っておりました。

今日の講演会は娘の中学校の3年生だけが対象。
これが井出さんが望むやり方なのですよ。

全校生徒まとめての講演会だと人数が多すぎるし、何より3年に1度しかできない。
1学年だけが対象なら、毎年やることができるからね。
今回の講演会をきっかけに、これから娘の中学校では毎年3年生にやる恒例行事にしたい。
そういう強い思いがあったのです。

本来は生徒のみが対象の講演会なんだけど、井出さんに「ぜひ来て!」と言われて
私も「講演者の付き添いでーす」ってことで、一緒に行ってしっかり見てきました

いつも楽しい井出さんの講演会。
ジョークを飛ばしたりして笑いを取りながら楽しく進めていくんですが、
今日もしょっぱなからみんなを笑わせてくれましたよ。
CIMG3283.jpg
このライオンスタイルでロンド君登場
あのコマーシャルの通り、amazonで購入したそうです。

ロンド君、めっちゃ似合ってるし


盲導ライオンの登場で場を和ませてから始まった講演会。

ロンド君もウィッシュ君同様、住民票を取得、さらにはマイナンバーも。
CIMG3287.jpg 
ロンド君もみんなと同じ市民なんだよー。

視覚障害者についての話に続いて、クイズ形式で盲導犬について知ってもらうコーナー。
結構みんな手を挙げて答えてくれてましたねー。

ひなこさんはすでに井出さんの講演を聞いたことがあって答えを知ってるので、
あえて手を挙げずに控えめにしていたようなのですが、
みんながわからなくて答えられない問題でシーンとしてしまう時に手を挙げて発言。
CIMG3292.jpg 

さらに1問、井出さんに指名されて前に出させられて、目の不自由な人をガイドする時は
どういうふうにすればいいかをご披露。
CIMG3295.jpg 

こういうのって、やっぱり全校生徒向けだとやりにくい。
1学年で生徒たちも知った顔同士で手を挙げやすい雰囲気だといいよね。
今回は3年生4クラスで130人程度がコの字型に座って話を聞きました。
CIMG3289.jpg 

私は井出さんの講演を聞くのはもう何度目かなんだけど、今回初めて知ったこともあったり、
なるほどねーって思うことがあったり。

昨年もあった目の不自由な人が駅のホームから転落して亡くなる事故。
盲導犬を連れていた人がどうして落ちてしまったのかっていうのの説明もあって。
CIMG3300.jpg 
体育館の壇上で説明してくれたんだけど、盲導犬がユーザーさんより線路側にいたら
盲導犬がガードできる。
でも逆にユーザーさんの方が線路側になってしまうとガードできない。
このパターンでユーザーさんが線路の方に少ーしずつ斜めに歩いていっちゃうと
盲導犬も止められない。
盲導犬はどんな時にでもなんでもできるスーパードッグではないのです。

ニュースで「危ないなーと思ってたんですよ」なんて言っている人が出てたりする。
危ないと思って見てたなら、なんで声をかけてあげなかったのか。
誰かが一声「危ないですよ」って言ってくれたら救えた命だったかもしれないのに。

今回の講演会でも「みんなー、声出してくれなきゃわかんないよー」ってことが
何度かあったんだけど、みんな恥ずかしがってなかなか声に出せなかったりする。

みなさん、白杖使ってる人や盲導犬のユーザーさんを見かけたら
恥ずかしがらないで声をかけましょう


今日の中学3年生向けの講演会、すごく良かったです
生徒たちも楽しんで盲導犬や視覚障害の人について知ってくれたんじゃないかなぁ。

この中学校にはまだかなこもいるし、ぜひ毎年必ずやる恒例行事にしてほしい。
そしてできれば、希望する保護者も一緒に見ることができるようにしてほしいですね。



さて、最後に、井出さんの一頭目の盲導犬ウィッシュ君。
井出さんは先日ウィッシュ君と再会することができたそうです

ウィッシュ君の引退犬ボランティアを引き受けてくださった方はドッグトレーナーさん。
その方のドッグトレーナー協会のイベントで井出さん&ロンド君が講演をしたのです。

その時の様子を一緒に参加したパピーウォーカーさんがブログに書いています。
ぜひコチラを見てみてくださいませ

ユーザーさんとリタイヤ犬ってもう会っちゃいけないのかとか思ってたけど
そんなことないんですねー。
ウィッシュ君の元気な姿と相変わらずのオトボケぶりに思わずニッコリ

今日の講演の時、ハーネスを外した状態のロンド君に井出さんがハーネスを見せると
ロンド君、しっぽブンブン振って自分からハーネスにスポッと頭を入れました。
お仕事が楽しいことだと思っているってことがひとめでわかりました。

小さい時はパピーウォーカーさんに愛され、盲導犬時代はユーザーさんに愛され、
引退したら引退犬ボランティアさんに愛され・・・
一生通して愛されまくる盲導犬って幸せワンコだなぁと改めて思いました


お子さんのいらっしゃる方はお子さんの学校でもこういう講演会をぜひ。
井出さん&ロンド君が喜んで講演しに行きますよー

啓蒙活動 TB:0 CM:4 admin page top↑
* HOME *