どうして?
2016 / 01 / 09 ( Sat ) 11:04:58
みなさま、遅ればせながらあけましておめでとうございます

我が家から年賀状を出していない方に今さらながら年賀状を。
2016年賀状Blog 
結構送った方たちから好評でございます

今年も娘も栗豆もにゃんずも、もちろんオットや自分も、
みんなニコニコ元気に、明るい未来に向かって走っていきたいと思います



さて、無期限休業するといったくせに、ほんの10日ばかしでまた戻ってきました。

なにがあった?

やっぱり書かないと退屈だから?

また猫拾っちゃったから?

いえ、どっちでもなくて・・・


こんなことで記事書きたくなかった・・・ほんと、書きたくなかったけど・・・
でも、書いておきたいから書きます。

実家の愛犬、白いフレブルのゆきのことです。
Image1031.jpg 


昨日の朝、出勤前に母が泣きながら電話してきました。

「ゆきが死んじゃったよ・・・」

前日の夜に電話した時に「ゆきっぺが急に後ろ足が立たなくなって急いで病院に連れて行った、
今入院中、原因がわからない、脳かもしれないからMRIの設備のある病院に紹介状書くから
そこに連れて行くよう言われた」と聞いてました。

前にも原因不明で急に後ろ足を痛がったことがあった。
こんな記事を書いてます。

でもその後はまったく何もなかった。
入院する前の日はいつもと変わらず、元気に1日2回の散歩に喜んで行ったと聞いてた。
だからきっとまた前のように元気になって帰ってくると思って、さほど気にかけてませんでした。
ゆきっぺがMRIだなんて大変だなぁって思った程度でした。

なんで、どうしてそんなに急に・・・?


めちゃくちゃかわいがっていた兄がペットロスのような状態になっているようです。

実家に帰るとよくこんな状態になっていて、
13962.jpg 

公園に行ってもいつもこんなふうで、
CIMG0840.jpg
ゆきっぺ、ベッタリだったから。

ペットロスってその子の死に納得がいかないとなりやすいって聞いたことあるけど、
ゆきっぺの死は、あまりにも予想していなかったし、あまりにもあっけなくて、
その原因すらいまだにわからないっていう状態だからまさに当てはまる。
私ももう実家に行ってもゆきっぺがいないなんて信じられない。想像つかない。

ゆきと毎晩一緒に寝ていた母。
49541.jpg 
母が、泣きたいのに兄が泣きすぎててしっかりしろって励まさなきゃならなくて泣けないって言ってた。
父さんが死んだ時よりよっぽど泣いてるよって。

今思えば、前に後ろ足がおかしくなった時、あの時から何かあったんだろう。
あの時にちゃんと調べていたら・・・って悔しくなりました。


フレンチブルドッグは人間が作った犬種。
自然分娩ができない犬なんだよね。
そういう犬って、まだまだわからない病気や障害があるのかもしれない。
ゆきより前に他界したフレブルのモモコもはなこも、原因不明の皮膚疾患があった。
ゆきが患っていたのはいったい何だったんだろう・・・


わずか5歳でこの世を去って虹の橋を渡って逝ってしまったゆき。
最初はこんな子犬だった。
ゆき 

実家に帰るといつも弾丸のように突進してきて大歓迎してくれて、
4948.jpg 

いつも実家のイスの上でブヒブヒ言いながら寝てた
12334.jpg 

父が亡くなった時も「伝説の白ナマズ」になって、私たち笑わせて明るくしてくれてた。
130704_082833_1_convert_20130704164524.jpg 
いつもみんなを明るくしてくれる存在だった。

栗豆とも仲良くしてくれたしね。
CIMG0920.jpg 

ほんとにほんとにいい子だった・・・


ゆきっぺ・・・
5482.jpg

今まで本当にありがとう。大好きだったよ。あーもう、ほんとに信じられないよ。

ヨッシーの夢の中にでも出てきて、「元気出せ!しっかりせい!」って言ってやって



うちの子たちが元気で過ごしてくれていることが幸せだとしみじみ感じました。
そしていつ何があっても後悔しないように、1日1日大切にしなきゃって思いました。
そして「どうか心の準備をさせてよね」って声をかけてしまいました。



次に書くときは、明るい話題にしたいな。

未分類 TB:0 CM:6 admin page top↑
* HOME *