スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
実家のワンコ
2011 / 12 / 14 ( Wed ) 21:12:36
ひめこ、がんばってくれました
原因不明なままだけど、今日なんとかおうちに帰れたそうです
でも、まだ目はうつろで足腰もフラフラ状態らしく、
昨日は救急の病院に行ったので、明日かかりつけの病院に行くそうです。
原因がはっきりして、また元気なひめこに戻ってくれればいいけど・・・


思えば、私にとって実家のワンコたちは、自分が飼っているワンコとはいえないのに
「私の犬」な気分になっている大切な子たちです。
今日は実家のワンコたちのことを書きます。

私が中学生の頃から飼っていたビーグル犬のラッキーが16歳で亡くなってしばらくして
動物病院の先生になった兄の同級生が紹介してくれたブリーダーさん経由で
実家にやってきたのがモモコでした。

いやー、モモコのかわいさにはやられました
私はもう都内で働いていましたが、もーあまりにかわいくて、毎週末のように実家帰りしてました。
今はフレブルって人気犬種になってきたけど、当時はまだあまり知られてなかった。
真っ黒なモモコはよく散歩してるとすれ違う人に「黒豚?」って言われたりしたっけ

今、私は自家繁殖はしない方がいいと思っているけど、当時は何もわかってなくて、
とにかく実家のみんながモモコの赤ちゃんが見たかった。
3匹の赤ちゃんが生まれて、オスだった1匹はほしいという人のおうちにもらわれて
幸せになりました(その後、おうちの人から写真やお手紙をもらいました)。
そして実家は、モモコとその娘のひめこ、はなこの3匹のフレブルとの生活がスタート。
実家に帰ると、3匹の黒い弾丸が玄関に突進してきて激しい歓迎の儀式を受けたものです
ほんとに毎回マンガみたいな状態で、しばらく玄関で3匹のベロベロ攻撃にあい、
なかなかリビングに入れなかったもんでした。

うちの娘たちも姪っ子たちも、生まれた時からいた、このフレブル親子と共に育ったんだよね。
himekana.jpg 
一緒に写ってるプリティな赤ちゃんはかなこ

053223.jpg 
実家に帰るといつもモモコたちに会うのが楽しみだったよね。

momomari.jpg 
赤ちゃん時代の姪っ子のまりなちゃんとモモコ。いつ見てもいい写真だなぁ、コレ。
モモコたちはほんっとに赤ちゃんに優しい子だった

4963.jpg 
これはつい最近実家に行った時のひなことひめこ。
なんか人生相談でもしているみたい?

時が経って、娘たちは成長し、ワンコたちは年をとり・・・
はなことモモコはあっけなく虹の橋を渡ってしまった。

そしてひとりっきりになってしまったひめこの元に新しくゆきっぺが来てまたにぎやかになった実家。
5481.jpg 
ひめこがいないとゆきが寂しくなっちゃうからね。
まだまだずーっと長生きしてよね、ひめこ


ところで、実家ワンコの名前、母がつけたんですが、

ともこ(私の名前)⇔モモコ(モモコはなぜかカタカナなのです)
ひなこ⇔ひめこ
かなこ⇔はなこ

似すぎてる・・・ちょいと紛らわしい・・・
わざとじゃなくてほんとに気づいたらこうなってただけなんだけどね
スポンサーサイト

未分類 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。