スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 admin page top↑
がんばって、ひめこ!
2011 / 12 / 13 ( Tue ) 22:32:14
今日は平日でネタもないし、更新サボるつもりでいたんだけど・・・
さっき、実家から電話があって、実家のフレブルのひめこが
急に具合が悪くなって、救急病院に行ったとの連絡がありました

ひめこはもうおばあちゃん。年からいったら、フレブルにしてはかなりの長生き。
でも・・・急すぎて。この間会った時は元気だったのに。
14542.jpg 
年をとって、顔の周りがだいぶ白くなっちゃったけど、元気にお散歩もできてたよね。

実家のみんなにとっても急だったそうで、様子がおかしくなったのは今日の夕方からだそう。
寒いのに暗いところでハァハァしてて、目の焦点があってなくてフラフラ。
救急病院の先生の話では、はっきりとした原因は不明。
脳の疾患かもってことらしく、今日は入院することになったそうです。

ひめこは昨年の夏に亡くなったモモコの娘のひとり。
もうひとりの娘のはなこはモモコより先に亡くなりました。
はなこもモモコも急だった。元気だったのに突然だった・・・

でも・・・ひめこは大丈夫だよね絶対大丈夫だよね
話したら、ひなこもかなこも「ウソでしょ・・・」って絶句。目に涙ウルウル。
「また会おうねって言ったもん!」って。
だから、絶対また元気になっておうちに帰れるよね

モモコがひめこたちを出産した時、まだ独身だった私はけっこういいかげんな
フランス人上司のアシスタントとして働いていて(?)
モモコの出産前に「私、産休1週間取るから!」と宣言し、それを許してもらい、
会社で「モモコの陣痛が始まった!」という母からの電話を受けて
「ゴメン!陣痛始まったから!今日から休む!」と会社を飛び出したのでした
そして1週間、モモコと一緒に実家で子育てしたんです。
特にひめこは一番小さくて、仮死状態で生まれて、看護婦さんの人工呼吸で復活。
小さいのに上手におっぱい飲めなくて、私は会社を休んだ1週間、それこそ人間の子育てのように、
数時間ごとに起きて、3匹の赤ちゃんがちゃんと均等におっぱいが飲めるようにお世話したのです。
独身の頃はモモコ、ひめこ、はなこに会いたくて毎週のように週末実家に帰ってた。
14632.jpg 
ひめこはベロが長くて、いつもこうやってちょろっと出てるんだよね。

5475.jpg 
母さんといつも一緒に寝てるひめこは母さんと大の仲良し

5487.jpg 
年をとってもパッチリお目目とちょろっと出たベロがキュートなひめこ。

大丈夫。まだまだ元気で一緒にいられるよね
がんばって、ひめこ。また会いに行くまで元気でいて
スポンサーサイト

未分類 TB:0 CM:2 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。