すばらしかった!
2017 / 08 / 05 ( Sat ) 23:03:46
いやー、すっかりご無沙汰してしまいました。
1か月以上も間をあけちゃったよ。
ま、ブログ一旦休止を宣言した身なので、別にいいじゃーんっても思うけど。

休んでる間にひとつ年を取り、日々の仕事の忙しさにヘロヘロになり、
休みの日は家のことに振り回され、そんな疲れた自分を栗豆にゃんずに癒してもらい・・・
そんな日々を過ごしておりました。



さて今日は、楽しみにしていたイベントがあり、ひなこと2人で行ってきたので、そのご報告を。

楽しみにしていたイベントとはこちらです。
IIMG_0956.jpg 
仲良しの盲導犬ユーザー井出ちゃんから教えてもらって、絶対行く!と言っていた
「盲導犬の一生!」というイベント。
ほんとは子ども対象のイベントなんだけど、井出ちゃん特権で、参加させてもらっちゃいました。

これまでの井出さんとロンド君がみんなにお話しするという形のイベントじゃなく
今回は「盲導犬の一生」ということで、盲導犬が生まれてから引退するまでの
一連の流れをすべて見れるという。

つまり、繁殖犬ウォーカー、パピーウォーカー、盲導犬訓練士、ユーザー、リタイヤウォーカーが
勢揃いして、それぞれの役割について語ってくれるというものなのです

見てください、この勢揃いした壇上を
CIMG3578.jpg 
見にくい写真ですけど、右端から順番に、
繁殖犬ウォーカー、パピーウォーカー、盲導犬訓練士、ユーザー、リタイヤウォーカーです。
参加してくれたワンコは、繁殖犬のココア、パピーのウェルシー、訓練生のワールド、そして
現役盲導犬のロンドとリタイヤ犬のウィッシュ

それぞれ皆さんがどんなふうにしてボランティアを始めたかとか、楽しいところ、気をつけてるところ、
いろんなことをお話ししてくださいました。

盲導犬訓練士さんは普段こんなふうにして訓練してるんだよっていうのを
やって見せてくれました。
CIMG3581.jpg 
床がツルツルすべりやすかったので、すごく動きにくそうだったのがちょっとかわいそうだった。
でもほんとに遊びながら楽しく訓練しているというのがわかりました。
ハーネスを見た瞬間、自分からうれしそうに首をつっこむ姿を見れば
訓練が嫌なことじゃない、楽しいことだっていうのがよーくわかります。
ワールド君、楽しそうにしっぽフリフリやってましたよー

よく「盲導犬はかわいそう、人のために働かされて」っていう声を聞いたりしますが
今日のイベントの参加者はみんな、盲導犬って幸せなワンコだなーって痛感したと思います。
だってどの段階でも、いつも共通していることは「楽しく」「人を好きになるように」なんですよ。
どの段階にいても常に愛されまくってかわいがられまくって
ほったらかしでお留守番ばかりなんてことは絶対にない。

一生の間、人に愛されていない期間がないんです。全然ないんですよー!

それを思ったら、いつもお留守番させちゃっているので「栗豆ゴメン・・・」って思っちゃいました

そしてさらに、ボランティアさんたち。
パピーウォーカーなんて特に、1年後の別れの悲しさばかりがメディアに出てくる気がする。
でも今日のパピーウォーカーさんの話を聞いて、なんかすごくいいなぁって思いました。

普通にワンコを飼うのは孤独な長距離フルマラソン
それに対してパピーウォーカーは駅伝のメンバー
大切なひとつの役割を果たしていて、順番にタスキを渡していく。
ひとりで孤独に走るんじゃなく、みんなで協力していく。
その中でたくさんの人とめぐりあって、人とのつながりもどんどん広がっていく、と。

送り出す時は確かに寂しさはあるけど、寂しさを感じている間もなく次の子がやってきて
もう4匹目だったかな、ずっと続けていらっしゃるとおっしゃってました。

あと、リタイヤウォーカーさんも、ただ余生をのんびり過ごさせてあげるってだけじゃなくて、
人間も定年でいきなり仕事がなくなると気が抜けてぼーっとしちゃって
ヘタしたら認知症になっちゃうかもしれない。
盲導犬も同じで、いきなりもう仕事なし!って言われたら、仕事が好きだった盲導犬は
どうしていいのかわからなくなっちゃう。
だからいっぱいかまってあげていると。今まではやったことのなかったような遊びや
体験をいっぱいさせてあげたいとおっしゃっていて、なんかじーんときちゃいました。


今日来てくださったみなさん、ステキなお話をありがとうございました
めっちゃ感動しました、ホントに
今日のイベントを見ていて、人とのつながりってステキだなってすごく思いました
CIMG3588.jpg 

お客さんの中にはロンドのパピーウォーカーさんもいらしたんです。
ロンドとの再会をすごく喜んでいらっしゃいましたねー

そして私とひなこはウィッシュとの再会に大喜び
CIMG3592.jpg
会いたかったよー
盲導犬っぽくない(?)ウィッシュが大好きでした
その後、幸せにしていたことは話を聞いていて、記事にも書いていたけど
今日久しぶりに元気なウィッシュに会って、愛されっぷりを見て
ほんとに幸せな子だなぁってしみじみ思いました。
井出ちゃんと友達になれたおかげで、私たちもこのステキな人の輪に
ちょこっとまぜていただけて、すっごく幸せです


あーもう、今日は無理やりでもかなことオットも連れて行けばよかったーと超後悔してます

このイベントすごくいい
こんなふうに勢揃いしたことってこれまでになかったと協会の方が言ってましたが
これ絶対いいっすよー

もっといろんなところでこれやって、もっともっと盲導犬への理解を深めていってほしいな

啓蒙活動 TB:0 CM:4 admin page top↑
ありがとう、ひかちゃん
2017 / 05 / 18 ( Thu ) 22:11:56
ひなこが小学校時代に一生懸命お世話してなかよしだった、学校うさぎのひかりちゃんが
虹の橋を渡って逝ってしまいました・・・

CIMG0656.jpg 

娘の小学校はかなこの卒業とともに廃校になり、その後、ひかちゃんは
別の学校に移動になりました。 
ひなこの大親友になったMちゃんの卒業した小学校に移動されたので、
Mちゃんの弟くんがまだ小学生だから、弟くんを応援しにいくと運動会とか学校行事の時に
その小学校に行ってはひかちゃんに会っていたひなこ。

おとといの夜、中間試験も終わったからとMちゃんが電話で知らせてくれました。
ひなこの中間試験の日にちを気にしてくれたMちゃんの優しさに感謝です。

電話を切ってすぐに「母さん、ひかちゃんが死んじゃったって」と言って
その後しばらくはわりと普通にしてたんだけど、晩ごはん後にじわじわ悲しくなったらしく
その日の夜はお風呂にも入らずジメジメ泣いておりました。

実験動物として殺されてしまう運命だったひかちゃん
学校にうさぎがほしいと聞いていた私がひかちゃんを救い出して
ひかちゃんは学校のうさぎになりました。
それから5年ちょい、ひかちゃんは学校で生活しました。
ひかちゃんを通して、生き物のあたたかさや可愛さなどを学んでくれた子もいたでしょう。
うさぎの寿命としてはもっと生きられたはずだけど、ひかちゃんなりに幸せだったならいいな。
7590.jpg 

ひなこにとっては、ひかちゃんはほんとに特別な存在で。
ひかちゃんとひなこを見ていて、なんかすごいなと思ったことが何度もあった。
私が声をかけても無反応なのに、卒業してしばらく経っていてもひかちゃんは
ひなこの声にしっかり反応していました。

これは卒業後に飼育小屋に入らせてもらって大喜びだった時の写真。
 CIMG1146.jpg
ひなこに大切なことを教えてくれた子は、ごんちゃとひかちゃんだね、間違いなく。



それにしても・・・

ひなこから聞いた話だけど、Mちゃんの弟くんもひかちゃんをかわいがってくれてたそうだけど
学校の先生はなんで死んだのかを聞いても教えてくれないし、死んじゃったひかちゃんを
見せてくれなかった、お別れを言わせてくれなかったそうです。

ひなこが飼育委員長をやっていた頃もものすごく疑問に思った。
うさぎの小雪ちゃんが死んだ時も、チャボファミリーが死んだ時も
いつの間にかこっそり片付けていて、ひなこはお別れを言えなかった。
お墓を作って埋めてあげるなら立ち会いたかったと泣いたものでした。
9767.jpg 

命の大切さを教えるための学校飼育だよね?
命の大切さ、そして死ぬということも教えるべきでは?と私は常々思っています。
でも「死」については教えようとしない学校。
どう思います?

ゲームとかでバシバシ人を殺したりしている現代。
ゲームはリセットできる。でも死んだものは帰らない。
そんな当たり前のことを理解できていない子どもが増えてはいないだろうか?
かわいがっていた子が死んだ時の悲しさ。
あったかくてふわふわだった子が、冷たく固くなってしまう悲しさ。
きちんとお世話しないと失われてしまう小さな命。
命に対する責任の重さ。
動物たちは死からもいろんなことを教えてくれると私は思います。

学校はなんで子どもたちから「死」を隠そうとするかな?

ごんちゃが死んだ時、ひなこは冷たく固くなったごんちゃを半日以上抱いて泣きました。
ひなこは「死ね」という言葉を言いません。
簡単に「死ね」と言うクラスメートのことをすごく怒ってます。
「死」を見つめたことのある人は「死ね」なんて簡単に言えないと思います。

学校は「生」だけじゃなく「死」も教えるべきだと思う。
今西さんの命の授業をやろうと提案した時も、校長は「小学生に殺処分の話はちょっと」
と嫌な顔をしました。「まだ早い」と。

小学生には早い?中学生だったらいいの?
「死」を学ぶのに、早いとか遅いとかあるのかな?
私は早く教えるべきだと思うよ。
少なくとも、かわいがっていた子との別れはちゃんとさせてあげようよ。
いつの間にかいなくなってました、なんていうのは良くないと思うよ。


ま、文句言いたくなりますが・・・


とにかく、ひかちゃん、今までありがとう。
ひかちゃんはひなこに大切なことをいっぱい教えてくれました。

これからは狭い小屋の中じゃなく、広々としたところでのびのびしながら
虹の橋の向こうからひなこを見守ってあげてね。
IIMG_2705.jpg  

啓蒙活動 TB:0 CM:2 admin page top↑
ステキな写真たち
2017 / 04 / 18 ( Tue ) 21:40:24
今日はいきなり夏ですか?って暑さですね
寒がり冷え性の私が、いきなり半袖Tシャツ一丁で栗豆散歩に行きましたよ。

今日は火曜日定休日。
でも家事に追われ、お勉強に追われ・・・

新しい会社で今度経理をドーンと任されることになり、だったら勉強させてほしいなーと言ったら
簿記検定の通信講座を受けさせてもらえることになり。
今年度中に簿記検定3級と2級をゲットしてやろうじゃないの と猛勉強中のワタクシです。


さて、そんな私のところに、とってもステキな写真が届きましたのでご紹介しちゃいます


まずはミミトトの里親さまから♪

もうミミトトのことは、愛情深い里親さまなのでなーんの心配もしておりません。
メールをいただくたびに、良いご縁を得ることができたなぁとしみじみ思います。
SIMG_4552.jpg 
SIMG_4468.jpg 
ご主人のおひざでゴロゴロ言いながら撫でられる超慎重派だったミミと
2匹のお世話をする小ちゃいお兄ちゃん
息子ちゃんたちもちゃんとミミトトに触れるようになったんだってー

SIMG_4553.jpg SIMG_4550.jpg
箱に「ネコ様専用」って書いたのは誰かな?

お届けの時、人から離れて2匹でケージの隅でかたまっていたのがウソのようだね。
ママさんから「私にべったりなんです」なんてメールに書いてあったりするのを見て
なんだかニンマリしてしまう私です。

ミミトト家のみなさん、ほんとにありがとう

今、レディの里親募集中。
ほんとに今までで一番たくさんのお問い合わせをいただいていますが
数多くくればいいってもんじゃない・・・
ミミトトは、お問い合わせこないなーって思ってて、でもたった1件がすばらしかった。
レディに応募してくださった方に「白血病陽性ですがそれについてはどうお考えですか?」って聞くと
そのままフェードアウトされちゃったり「発症しない子がほしいです」って「?」な返事がきたり。
レディという子を丸ごと愛してくれる里親さまが現れることを切に祈る私です。




そしてもうひとりは、私のお友達、盲導犬ユーザーの井出さんから。

リタイヤした一頭目の盲導犬ウィッシュ君の11歳のお誕生会に呼ばれて
行ってきたよって写真付きでメールをいただきました。

もう、写真見てうれしくて身悶えてしまいましたよ。こちらです。
WIMG_0261.jpg 
WIMG_9622.jpg 
WIMG_9688.jpg 

リタイヤした1頭目の盲導犬ウィッシュ君を抱いてうれしそうな井出さんとウィッシュ君。
1頭目と2頭目並んでおそろいのTシャツ着ている盲導犬2頭。
そして2匹とご夫婦の4ショット

なーんとステキな写真たちでしょう

シアワセだねー井出さん

こんなステキな会をセッティングしてくれた、リタイヤ犬ボランティアさんにも感謝だね~

人と人のつながりってステキ、人とわんにゃんとのつながりってステキ


私は今、毎日往復3時間かけて都内に通勤しています

途中1回乗り換えをするんだけど、先日乗り換えるとき、私の前を白杖で歩いている
若い女性がいることに気づきました。
彼女は白杖をつきながらゆっくり歩き、ホームドアのところで白杖がぶつかるまで
ひたすら前進していて、ホームドアがなかったら危ないよなーと痛感。
彼女の横にいた人たちはみんな見て見ぬふりでした。

電車がきたときも、みんな彼女のことなど気にせず押し合って入っていくカンジ。
私は電車に乗る時の段差があぶないと思い、
駆け寄って彼女に「大丈夫ですか?」と声をかけました。
そしたら、彼女はすっごくうれしそうに「ありがとうございます」って笑いかけてくれました。
特になんの役にも立てなかったけど、彼女の笑顔を見て、声かけてよかったって思いました。

線路に落ちて亡くなった方たちも、誰かが声をかけていたら死なずに済んだハズ。
私はたまたま井出さんというお友達がいて、「声をかけてね」っていうのを
度々聞いていたからできたけど、そうじゃなかったら声をかけられていたかな。
みんな、優しさの輪を広げて声をかけようよって思いました。

シアワセな人とわんにゃんの輪が広がっていきますように・・・

啓蒙活動 TB:0 CM:4 admin page top↑
盲導犬を知ろう!
2017 / 02 / 07 ( Tue ) 22:33:19
今日は嬉しくて楽しいイベントがあったので、その様子をアップいたします♪


ご近所に住んでいて、これまでこのブログにも何度か登場している
盲導犬ユーザーの井出さん(めんどくさいからイニシャルにするのやーめた)。
一頭目の盲導犬ウィッシュ君の頃にお知り合いになって、
それから「できるだけ多くの学校で盲導犬の講演会をしたい」という井出さんに
少しでも協力できたらなぁと思っておりました。

そして何より娘の学校でやってほしいなぁとずっと思っていて。

それが今日、実現

ま、かなこがまだ小学生の時にも、小学校でやったことがあったんだけどね。
今回はそれよりもちょっと力が入っておりました。

今日の講演会は娘の中学校の3年生だけが対象。
これが井出さんが望むやり方なのですよ。

全校生徒まとめての講演会だと人数が多すぎるし、何より3年に1度しかできない。
1学年だけが対象なら、毎年やることができるからね。
今回の講演会をきっかけに、これから娘の中学校では毎年3年生にやる恒例行事にしたい。
そういう強い思いがあったのです。

本来は生徒のみが対象の講演会なんだけど、井出さんに「ぜひ来て!」と言われて
私も「講演者の付き添いでーす」ってことで、一緒に行ってしっかり見てきました

いつも楽しい井出さんの講演会。
ジョークを飛ばしたりして笑いを取りながら楽しく進めていくんですが、
今日もしょっぱなからみんなを笑わせてくれましたよ。
CIMG3283.jpg
このライオンスタイルでロンド君登場
あのコマーシャルの通り、amazonで購入したそうです。

ロンド君、めっちゃ似合ってるし


盲導ライオンの登場で場を和ませてから始まった講演会。

ロンド君もウィッシュ君同様、住民票を取得、さらにはマイナンバーも。
CIMG3287.jpg 
ロンド君もみんなと同じ市民なんだよー。

視覚障害者についての話に続いて、クイズ形式で盲導犬について知ってもらうコーナー。
結構みんな手を挙げて答えてくれてましたねー。

ひなこさんはすでに井出さんの講演を聞いたことがあって答えを知ってるので、
あえて手を挙げずに控えめにしていたようなのですが、
みんながわからなくて答えられない問題でシーンとしてしまう時に手を挙げて発言。
CIMG3292.jpg 

さらに1問、井出さんに指名されて前に出させられて、目の不自由な人をガイドする時は
どういうふうにすればいいかをご披露。
CIMG3295.jpg 

こういうのって、やっぱり全校生徒向けだとやりにくい。
1学年で生徒たちも知った顔同士で手を挙げやすい雰囲気だといいよね。
今回は3年生4クラスで130人程度がコの字型に座って話を聞きました。
CIMG3289.jpg 

私は井出さんの講演を聞くのはもう何度目かなんだけど、今回初めて知ったこともあったり、
なるほどねーって思うことがあったり。

昨年もあった目の不自由な人が駅のホームから転落して亡くなる事故。
盲導犬を連れていた人がどうして落ちてしまったのかっていうのの説明もあって。
CIMG3300.jpg 
体育館の壇上で説明してくれたんだけど、盲導犬がユーザーさんより線路側にいたら
盲導犬がガードできる。
でも逆にユーザーさんの方が線路側になってしまうとガードできない。
このパターンでユーザーさんが線路の方に少ーしずつ斜めに歩いていっちゃうと
盲導犬も止められない。
盲導犬はどんな時にでもなんでもできるスーパードッグではないのです。

ニュースで「危ないなーと思ってたんですよ」なんて言っている人が出てたりする。
危ないと思って見てたなら、なんで声をかけてあげなかったのか。
誰かが一声「危ないですよ」って言ってくれたら救えた命だったかもしれないのに。

今回の講演会でも「みんなー、声出してくれなきゃわかんないよー」ってことが
何度かあったんだけど、みんな恥ずかしがってなかなか声に出せなかったりする。

みなさん、白杖使ってる人や盲導犬のユーザーさんを見かけたら
恥ずかしがらないで声をかけましょう


今日の中学3年生向けの講演会、すごく良かったです
生徒たちも楽しんで盲導犬や視覚障害の人について知ってくれたんじゃないかなぁ。

この中学校にはまだかなこもいるし、ぜひ毎年必ずやる恒例行事にしてほしい。
そしてできれば、希望する保護者も一緒に見ることができるようにしてほしいですね。



さて、最後に、井出さんの一頭目の盲導犬ウィッシュ君。
井出さんは先日ウィッシュ君と再会することができたそうです

ウィッシュ君の引退犬ボランティアを引き受けてくださった方はドッグトレーナーさん。
その方のドッグトレーナー協会のイベントで井出さん&ロンド君が講演をしたのです。

その時の様子を一緒に参加したパピーウォーカーさんがブログに書いています。
ぜひコチラを見てみてくださいませ

ユーザーさんとリタイヤ犬ってもう会っちゃいけないのかとか思ってたけど
そんなことないんですねー。
ウィッシュ君の元気な姿と相変わらずのオトボケぶりに思わずニッコリ

今日の講演の時、ハーネスを外した状態のロンド君に井出さんがハーネスを見せると
ロンド君、しっぽブンブン振って自分からハーネスにスポッと頭を入れました。
お仕事が楽しいことだと思っているってことがひとめでわかりました。

小さい時はパピーウォーカーさんに愛され、盲導犬時代はユーザーさんに愛され、
引退したら引退犬ボランティアさんに愛され・・・
一生通して愛されまくる盲導犬って幸せワンコだなぁと改めて思いました


お子さんのいらっしゃる方はお子さんの学校でもこういう講演会をぜひ。
井出さん&ロンド君が喜んで講演しに行きますよー

啓蒙活動 TB:0 CM:4 admin page top↑
やさしさの輪
2017 / 01 / 08 ( Sun ) 21:39:19
昨日、Iさんに、私が作った里親募集のチラシをお届けしてきました。
私も外出したついでに、出かけた先の近くにあったスーパーとホームセンターの
掲示板に貼ってもらうようにお願いしてきました。
Iさんもチラシを気に入ってくださって、近隣のスーパーに貼ってもらうように
配ってきますっておっしゃってました。

お問い合わせ、くるといいなぁ・・・



さて、Iさんとの出会いもそうなんですが、
動物たちの現状を知ってから、このブログを始めてから、
いろーんな人たちとお知り合いになって、友達の輪が広がりました。
もともと私は人見知りしないタチなので、初めて会った人とでも
えんえんおしゃべりできちゃうので、なおさらですね。

今日もブログ経由でご連絡いただいた方とお会いして
いっぱいおしゃべりしてきちゃいました。

同じ市内在住の看護師さん。とーってもキレイなステキな方でした~
ご自身も猫ちゃんを飼っていらして(スフィンクスっていうヘアレスキャットさん!)
お住まいの近くで見かける野良猫ちゃんのことを気にかけてくださって、
地域猫活動について関心を持ってくださって。
結局断念しちゃったけど、一時期マジメに、団地内の野良猫を
県の助成金をもらって地域猫にしよう!と考えて、このブログに書いたことがあったので
私のブログにたどり着いて、連絡をくださいました。

猫好きだってことと、あと看護の仕事と介護の仕事がちょっと近い部分もあったりするので
仕事の話とかでも話がはずみました

彼女もできる範囲で何かやっていこうと思うっておっしゃってました。
こうやってやさしさの輪がどんどん広がっていって、
みんなが命を大切にする社会に変わっていったらいいなぁって思いました。

うん、ブログやっててよかったよ


さて、文章だけではなんですので、今日のかわいい栗っぺちゃんの表情を。
ひなこに頭ナデナデされてとってもうれしそう。
見ていた私までシアワセな気持ちになれた写真でございます
IMG_0688.jpg 
IMG_0689.jpg 
IMG_0690.jpg 

シアワセでニコニコなわんにゃんがどんどん増えて行きますように

啓蒙活動 TB:0 CM:4 admin page top↑
* HOME * next