FC2ブログ
Woman Expo
2018 / 12 / 01 ( Sat ) 22:52:04
今日は充実した一日でした。

少し前に、「当たったらいいなぁ」と思って応募したWoman Expoの
柴咲コウちゃんのトークセッション。
ラッキーなことに当選しまして、今日、朝から六本木のミッドタウンまで行ってきたのです。
Expo.jpg

「あたらしい私、挑戦し続ける私」というタイトルのトークセッション。
少し早めに行ったら、横っちょだけど、最前列に座ることができました

ほんとにほんとにステキな話を聞くことができました
すごくためになりました。いっぱい元気をもらいました。
YouTubeにアップされてるので、よかったら見てみてください。
コチラから飛べます。

心に残った言葉がいくつかあるけど、一番いいなぁと思ったのは
「今日1日にあったことで5つありがとうを言う。その中の一つは自分にありがとうを言う。
自分自身をほめることもとっても大事」というもの。
こうも言ってましたね。
「ブレブレの自分(ダメな自分)を認めることも大事」
ダメな自分を責めて落ち込んだりしがちだけど、自分をほめることも大事だよね。
これを聞いて、いつも自分を嫌いだと言っているかなこのことを思い出して
うちに帰ったら娘たちにここで聞いたことを話して聞かせようって思った。
あと、「強い女性というより、しなやかな女性が増えるといい」というのも
そうだねーととても共感しました。私もしなやかな女性になりたいな。

あっという間の40分間でした~
もっともっとたくさん話を聞きたかったなぁ・・・

最後にフォトセッションがあって、写真撮ってよかったの。
カメラ持っていけばよかったー
スマホで撮ったから画質悪し。
コウちゃん 
キレイだしキュートだしカッコいいし。
柴咲コウちゃんはパーフェクトな人だなぁ。あこがれちゃう

トークセッションが終わってからExpoの展示会場を覗いたらこんなのがあった。
農業女子 
ひなこさんに語ってあげようと、チラシなどもらってきました。

もっとゆっくり見たかったけど、すごい人だったし、実は午後から
ひなこの高校の保護者会で進路の話をするということだったので
急いで帰って、午後からの保護者会に参加してきました。

私、ひなこの高校とても好きで、今日の保護者会でもいい話を聞くことができて
午前のEXPOに引き続き、午後もよかったわーって感じ。

そして、午前・午後に聞いたいい話を夜、晩ごはん後にひなことかなこに話しました。
進路のことは特に、まだ高2だけど今から志望校をしっかり考えなきゃいけないひなこと
もう第一志望校の受験が目前にせまっているかなこにじっくりと。
コウちゃんの話にもあった、「ワクワクすることを大事にしたい」というの、
今の自分もそうだし、娘たちにも将来自分がワクワクできることに一生懸命に行動できるように
なってほしい。そんなこんなをたっぷり1時間以上、女3人で語り合いました。

午前のExpo、午後の保護者会、夜の女3人の話し合いと、
今日は充実した1日になりました。

ステキな話を聞かせてくれたコウちゃんと高校の学年主任にありがとう。
母さんが夕方帰る前に何も言わないでも洗濯物を取り込んでくれたかなこにありがとう。
高校でがんばって育てた立派な野菜をたくさん持って帰ってくれたひなこにありがとう。
車で送り迎えしてくれたオットにありがとう。
そして、1日あちこち出かけて聞いてきた良い話を娘に伝えた自分もナイスだ

また明日も自分をほめることができる良い1日になりますように

未分類 TB:0 CM:0 admin page top↑
3連休のにゃんず
2018 / 11 / 25 ( Sun ) 22:22:10
3連休でしたね。
みなさま、いかがお過ごしでしたでしょうか。

受験生のいる我が家は、来週、期末試験があるとかなので、別にどこに行くでもなく
のーんびり過ごしておりました。

のんびりするということは、わんにゃんずとイチャイチャする時間があるということ

寒くなってきたので、猫用コタツにスイッチを入れてあげました。
それ以来、コタツにもぐっていることが多くなったんだけど、
お天気が良い日は、窓辺でウトウトしていたり、ベッドで2、3匹でくっついていたり。
この週末もお天気が良かったので、日中はコタツから出ていることが多かったな。

1124-5.jpg 
今日は珍しくこの組み合わせ。
きゃら&キャンディ。

こうして誰かとくっついているときは、キャンディをナデナデするチャンス
1124-4.jpg 
こういう時は、ナデナデもブラッシングもOK

メイプルは横で甘えてニャーニャー。
1124-3.jpg 
相変わらず舐めるのが大好きなメイプル

ちなみに、きゃら&キャンディもメイプルも、キャットハウスをつぶして上にのってます
なぜなんだ、オマエたち・・・
寒いだろうと思って、あったかそうなハウスを買ってあげても
中に入っているところを見たことがない。
中に入ったらあったかいのになぁ。

そして私がトイレ掃除を始めると、すかさず甘えに来るきゃらりん
きゃらがひざにのって甘え始めると、窓辺にいたアニキとメイプルもやってきました。
1124-1.jpg 
ママのおひざ争奪戦スタート

こういう時のアニキはかなり強引です。
この中では一番年下のメイプルがかなうわけがありません。
アニキ、メイプルを退け、堂々とママのおひざをゲット
1124-2.jpg 
ドヤ顔です。


最近はにゃんずも1階に降りてきて、リビングに入ってくることも多くなりました。
栗豆と散歩に行っている間に、いつの間にかリビングの人間用コタツにもぐっていて
知らずに足を入れてびっくり!なんてこともたびたび。

栗豆もにゃんずも、みんな仲良くリビングで過ごせるってのが理想なんだけどなぁ。
いつかそんな日が来るかしら・・・

さーて、また明日から忙しい一週間の始まり。
がんばっていこー

にゃんずのこと TB:0 CM:0 admin page top↑
わんにゃんと暮らすということ
2018 / 11 / 18 ( Sun ) 22:25:36
いろいろあって、泣いたり怒ったりしているうちに、
ゴンちゃの命日、11月16日が過ぎてしまいました。

ゴンちゃは私たち家族にとって、とっても大切な存在だったし、今もそうです。
ゴンちゃが亡くなって4年。早いなぁ。

同じく11月に亡くなった百太郎は、もう5年前になるんだね。

思い返せば、私は百太郎もゴンちゃも、亡くなった姿の写真をここに載せています。
そして、どちらも「もっと生きてほしかった」「もっと長く一緒にいたかった」と書いてます。

今回、ウィッシュのことである人から酷いことを言われ、「もっと長く生きてほしかった」というのを
ウィッシュががんばらなかったと言っていると非難を受けましたが、
私は百太郎もゴンちゃもウィッシュも、みんなとってもがんばったと思っています。
特にゴンちゃなんて、ねぇ。ずっと生きる強い力を見せ続けてくれた子でした。
誰よりもがんばってくれた子だと思ってるよ。
「もっと長生きしてほしかったな」=「がんばらなかったね」じゃないでしょう?
がんばったね、でももっと一緒にいたかったな、って思うことは自然なことだと思うんだけどなぁ。

ね、そうでしょ?
ゴンちゃ、百太郎、ウィッシュ・・・


今日はお友達のうちに行って、いっぱいおしゃべりしてきました。
私の考えに共感してくれて、すごくうれしかった。
人の考えは人それぞれ。
でも自分と違う考えの人を攻撃するのは、とても悲しいことだよね。
いっぱいおしゃべりして、いっぱい元気をもらいました。
ありがとねっ


そして家に帰ると、癒しのカタマリたちが傷ついた心を癒してくれました。
CIMG4542.jpg 
私のストーカーのようにべったりくっついてくるようになったきゃらりん
私が座るとおひざにのってくれるんだけど、最近はそのあとにアニキがせまいスペースに
ムリやり入り込んでくるようになりました
ひざの上に2匹に乗られてゴロゴロ言われて、しばらく動けなくなります。
「これじゃ掃除ができないじゃーん。困ったなぁ」と言いながらしばしイチャイチャ
「全然困ってないくせに」と家族からたびたび言われております・・・

そして今日は、しばらく栗豆の写真も撮ってないなぁと思い、
「栗豆、ちょっとおいでー!」と呼んだら、ピシッと2匹並んでこの顔・・・
CIMG4545.jpg 
真顔でどうした???

この直前までは、栗はひなこに甘えてひなこの手をべろんべろん舐めてました。
CIMG4546.jpg 
相変わらず、ひなこの手足はダシがきいてておいしいようです(?)

まめたろさんは、真顔の写真を撮った後、ベッドに戻ってとっても気持ちよさそうに寝てました。
CIMG4548.jpg 

今日は写真を取り損ねたけど、メイプルもキャンディも元気にしております
ごはんタイムになると、台所のガラスの向こうで4匹並んでじっとこっちを見つめる姿は
かわいくて悶絶ものであります。

わんにゃんと暮らすということは、いつかこの子たちの死に直面するということ。
この子たちより先に死んではいけない。この子たちを最後までお世話することが
飼い主としてしなければならないことだから。

自分の飼い犬・飼い猫が病気になって「死なれるのが辛いから」と、センターに連れてくる
飼い主がいると聞きます。センターが安楽死だと思っているからなのか?
ゴンちゃを捨てた飼い主も、もしかしたらゴンちゃがエイズを発症していると知っていて
捨てたのかもしれない。それってあまりにも酷い。
センターのガスでの処分は決して安楽死ではないし、たとえ安楽死だったとしても
自分の家族の最期を看取らないなんてありえない。
わんにゃんの家族になる人は、その子の死に向き合う覚悟をもってなければならないと思います。

百太郎とゴンちゃが亡くなった時、とっても悲しかったけど、自分としてできることはした、
この子たちと過ごした時間に後悔はない、そう思えたから、ペットロスにならずにいられました。
いつか今我が家にいるこの子たちがこの世を去る時がきたら、後悔を残さないように、
しっかりと死の現実と向き合える強い心を持っていられるようにしたいなぁと思います。

我が家のこと admin page top↑
悲しいこと
2018 / 11 / 15 ( Thu ) 22:22:33
とてもとても悲しいことがありました。
分かり合えないことってあるんですね。
一方的に悪者にされてしまうことってあるんですね。
かなり傷つき、ショックを受けました。

ウィッシュの死をブログに書いたことに、ものすごく反発する方がいました。
ウィッシュの死に関する記事をすべて削除しろと言われました。
でも、私はそれに強い疑問を感じます。

私は2013年にウィッシュと初めて会いました。
それから何度も会って、井出さんにはかなわないまでも、
私もウィッシュを心から愛していたつもりです。

ウィッシュのことは何度もブログに書き、ブログを通してウィッシュを知ってくれていた人もいます。
私のブログを見てくれている人は少数ではありますが、ブログを通してウィッシュを応援してくれていた人に
ウィッシュが亡くなったこと、最後まで幸せだったことを知らせるべきだと私は思います。
人が亡くなったってそうでしょう?友だちが亡くなったことを内緒にしますか?

何のためにブログを書いているのかと言われました。
元々は、保護犬・保護猫の実情を知ってもらい、里親探しをするために始めました。
命を大切にしない人、終生飼育などを知ってもらいたいという啓蒙活動という気持ちもありました。
最近は忙しくてなかなか保護活動もできず、我が子についてとか、自分の備忘録ばかりになっていますが。
このブログを通してできたお友達もたくさんいます。ウィッシュと井出さんもそうです。
私はそういった人とのつながりを作ってくれる場を大切に思っています。
だから、忙しくても「やめる」ことはせず「ちょっとお休み」にしたくらい。

盲導犬に関しては、井出さんとウィッシュを通してたくさんのことを教えてもらいました。
それを他のみなさんにも伝えたくて、たびたび書いてきました。
ウィッシュに関して、死を利用して美辞麗句を並べるなんて「え?」っていう感じです。

この前に書いた「ありがとう・・・」の記事の後に2回更新していますが
強い反発を受けたので非公開にしました。
でも「ありがとう・・・」の記事は、ウィッシュと私たち家族の思い出を書いたものでもあり
ブログを通してウィッシュを応援してくれていた人への報告でもあり
かえママちゃんからいただいたコメントもあるし、私の強い意志でそのままにしました。

ウィッシュはたくさんの人の輪を広げてくれた子です。
繁殖犬ウォーカー、パピーウォーカー、訓練士、ユーザー、リタイヤウォーカーが順番に
バトンを渡していって、その間にたくさんの人と人を繋いで大きな輪を作りました。
誰か一人だけのものではないし、ウィッシュが作った人の輪をあえて切ってゆがめるのは
ウィッシュの意志に反すると私は思います。

ウィッシュを愛した人が人を傷つけるとか、天国でウィッシュは悲しんでいると思います。
このブログを不快に思うなら、その方にはもうここを訪れないでほしいです。


こんなこと書きたくないのに、ごめんね、ウィッシュ。


一方的にひどいことを言われて、たまらずこんなことを書いてしまいました。
次は普通にうちのわんにゃんずのこととか楽しいことを書きたいと思います。

未分類 admin page top↑
ありがとう・・・
2018 / 11 / 04 ( Sun ) 22:07:48
11月は私の嫌いな月です。

11月に、私の大切な子が3匹も天国へ行ってしまったから。


百太郎。
DSCF1254.jpg

ゴンちゃ。
13442.jpg 

そして、実家のひめこ。
5487.jpg 


11月に入って、「また悲しい月がきてしまったなぁ」と思っていた矢先に
また、とても悲しい知らせが届いてしまいました。


それは盲導犬ウィッシュです。

5月に井出さんから、ウィッシュが緊急手術をしたと連絡がありました。
貧血で倒れて、その後もおなかが痛い様子で検査したら腫瘍があったと。
そしてそれが悪性のものだったと。

摘出手術をして、一度は元気を取り戻していたんだけど、
先月、かなり状態が悪化したと連絡がありました。

もうあまり時間が残されていなさそうだとのことで、
ウィッシュを元気づけるために、みんなでビデオレターを作りたいと
井出さんから連絡をもらっていました。
オットにウィッシュのイラストを作ってもらって渡すつもりでいたんだけど
娘たちもウィッシュのために何か描きたいというので、娘の絵を待っていたところ、
今朝、ウィッシュが旅立ったとメールが届きました。


ウィッシュと初めて会ったのは2013年の10月。
会ったといっても、最初は、動物愛護フェスティバルでステージの上にいる
井出さんとウィッシュを見たという形でした。
DSCF0652.jpg 

その時の私のブログ記事をきっかけに井出さんが連絡をくれて、
井出さん家族とお友達になりました。

それ以来、ウィッシュとは何度も会って、たくさん思い出ができました。
頭の中に浮かぶウィッシュは、いつもニコニコ顔で、しっぽブンブン振って
愛嬌たっぷりな姿です。

うちの娘たちもいっぱいいろんなことを教えてもらいました。
DSCF5684.jpg 

ウィッシュの引退前にはこんな写真も撮ったっけ。
CIMG2741.jpg 


講演会もいっぱい見せてもらいました。
WIMG_0651.jpg 
ウィッシュは講演会の間もだら~んとしてたりして、いっぱい笑わせてくれたなぁ。
井出さんから聞くウィッシュの話は、本当に良い意味で盲導犬のイメージを崩してくれたわ。
盲導犬ってとってもおりこうな優等生。そんなイメージをくつがえして
盲導犬もごくフツーのワンコ。いたずらもするし失敗もするし。
そんなおちゃめなウィッシュが私たちも大好きでした。

ウィッシュがリタイアしてからも、井出さんからウィッシュの話を聞いていました。
とっても幸せに過ごしていると聞いて嬉しかった。

昨年の夏、イベントでウィッシュに会えた時は本当に嬉しかった。
CIMG3592.jpg 
今思えばこれがウィッシュに会えた最後だった。
この時は元気いっぱいだったのにな。

今年の3月にはこんないい笑顔の写真をもらった。
image10.jpg 
12歳の誕生会の写真でした。

もっともっと長生きしてほしかったよ、ウィッシュ。


長年一緒に過ごした井出さんや、リタイア後のウィッシュを引き取ってくれていた里親様の
気持ちを思うと胸が痛みます。

本当に本当にかわいい子でした。周りを笑顔に、幸せにしてくれるワンコでした。
ウィッシュの生きた12年間は幸せな一生だったね。
繁殖ウォーカーさん、パピーウォーカーさん、優しい訓練士さん、井出さん、リタイアウォーカーさん。
みんなみんなに愛されていっぱいかわいがってもらって。

きっと今頃、虹の橋の向こうで、ニコニコ笑顔で楽しそうに走り回っていることでしょう。
そして今までお世話になったみんなのことを虹の橋の向こうで待っているね。

ウィッシュ、今まで私や娘たちにたくさんのことを教えてくれて本当にありがとう。
大ー好きだよ、ウィッシュ。

未分類 TB:0 CM:2 admin page top↑
* HOME * next