牛さん♪
2017 / 06 / 11 ( Sun ) 22:47:10
今日はまた娘ネタでございます・・・


我が家の動物バカ、長女ひなこさん。
ひなこは早いうちから「将来は動物関係の仕事に就く!」と決めていらっしゃいます。

ひなこが入学した高校は、普通科じゃなくて総合学科。
いやー、総合学科っておもしろいね!
私はごくごく普通の進学校でお勉強してるだけの高校生活って感じだったので
めちゃくちゃ楽しそうでうらやましい・・・

今もう来年以降の授業選択の説明を受けてるんだけどね。
2、3年は授業を自分で選択して決めるのよ。
大きく分けると4つ。

・生物資源・環境科学科目群
・工学システム・情報科学科目群
・生活・人間科学科目群
・人文社会・コミュニケーション科目群

まるで大学みたいやねー。
今も結構農業っぽいことをしたりしてて、部活も生物部に入って楽しそうにしてますが、
動物関係をやりたいひなこさんは来年以降、当然「生物資源」を選択することになりましょう。

そんなひなこさん、幼いころは「獣医さん」を目指していたはずなのですが、
いつの間にか方向が変わってきていているようで。獣医をあきらめてたのは知ってたけど
先日「私は酪農やりたいからさー」と言うのを聞いてスゲーびっくりした私
そしてびっくりする私に「母さん、知ってるでしょ、なんでびっくりするの?」とびっくりするひなこ

ら、酪農ですか?
細くてヤワなオマエが??
大変な仕事だぞー!
体がもたないだろー!!

「牛がいいなーって思ってー。ブタもいいけどさー。やっぱ牛だよねー」

あれ?いつそんなに牛好きになったんだっけ???

学校でブタやニワトリには触れていて、馬も乗馬体験で多少触れているけども
牛ってそんなに触った事なくない?

でも酪農やりたいーとかいうひなこさんに、「まーまずは本当にできるかどうか
農場に住み込みでバイトでもしてみるんだね」と言っていた私。

そんな私にかえママちゃんがステキな情報をくださいまして
土曜日、ここに行ってきました。
CIMG3548.jpg 
加藤牧場さんでイベントをやってたんですー♪

牛さんと触れ合えるってことでひなこに話したら「行きたい!」というので、
ふたりで行ってまいりました。

まずはおなかがすいたので、ランチにミルクとチーズをたっぷり使ったミルクリゾットを。
びよーんと見事に伸びたチーズに大喜び
CIMG3537.jpg
リゾットもランチについてきた牛乳も激ウマでした

腹ごしらえがすんだら、さっそく牛さんに会いに行こう
CIMG3541.jpg
牛さん、たっくさんおりました。

CIMG3542.jpg 
ひなこさん、大喜びでナデまくり
1頭、やたらなつっこい子がいて、ひなこ、ベロンと舐められて喜んでおりました・・・

やぎさんもいたよ。
CIMG3540.jpg 

そしてコーフンしたのが、生後1週間の子牛ちゃん
CIMG3543.jpg 
6月3日生まれって書いてあったよ。ジャスト生後一週間!
ちょーかわいかった

CIMG3545.jpg 
あーナデナデしたいーと熱いまなざしでみつめるひなこさん

乳搾り体験とかやってたけど、ちびっこが行列作ってたので遠慮いたしました。
牛さんに触れて「やっぱ牛いいわー♪」と思ったようでございます。

あとはこんなデカイ乗り物に乗ったりもしました。
CIMG3547.jpg 
タイヤの大きさ、かなこの身長と同じくらいだな・・・
こんなん乗りこなすようになっちゃうのかしら。

あと日高市のゆるキャラ、くりっぴーも遊びに来てました。
CIMG3549.jpg 

ちびっこにまぎれて、母娘で農場で遊んでまいりました。
なかなか楽しかったわ。
でもほんとにひなこ、酪農なんてできるんかなー???



この日、本当は私はひなこの高校で保護者会に出席予定でした。
牧場イベントの話を聞いて、「行きたいー!」と騒いでいたら
オットが代わりに行ってくれました。

オット、ありがとう

我が家のこと TB:0 CM:2 admin page top↑
考えさせられました・・・
2017 / 05 / 31 ( Wed ) 22:33:20
前回予告をしましたが、今日はレディのことを書きたいと思います。
レディ3

書こうか書くまいか悩んだのですが、気にかけてくださっている方もいると思うし、
自分の反省の記録のために、書き残したいと思います。

新しい写真もないし長くなりますが、興味のある方はお付き合いください。



今回、代理募集って軽々しく引き受けてはいけないなと痛感しました。
市役所の人に勝手に連絡先を教えられちゃって、でもお話しを聞いたらとても良い方だったので、
Iさんのお手伝いをスタートしましたが。

最初にIさんから電話をもらった当時、私は悪夢の転職先を辞め、次の仕事探しの真っ最中。
幸か不幸か、自由に動ける時間があるときでした。

まずはミミトトのウイルスチェックなどをして里親探しをして、無事譲渡。
その後も1匹野良ちゃんをTNR。そして次なる子を救うべく、
Iさんが保護したレディの里親探しをスタートしました。

2月半ばに私は新しい就職先を見つけ、今の職場で仕事がスタート。
忙しいながらも楽しく仕事させてもらっていますが、
通勤往復3時間、業務のため簿記の勉強のスタートなどで忙しく
休みの日は家事に追われ、自分の自由時間はほぼゼロになりました。

そんな中でも、レディの里親探しまではやろうとがんばったつもり。
Iさんに写真を送ってもらい、様子を聞き、里親探しサイト複数に記事を掲載して募集し、
応募者は多数ありました。
1件1件きちんと対応したつもり。
そしてとっても良い方と巡り会い、譲渡のため連れて行くことになりました。

が・・・

前にも書きましたが、1回ドタキャンするハメに
キャリーに入れられないって・・・おとなしい穏やかな子じゃなかった?
でも大雨だったあの日、手を傷だらけにして血を流し、「私が病院に行かなくちゃ」という
Iさんに、それ以上無理強いできなかった私。

里親さんは指折り数えてワクワクして待ってくれているのになんてことを。
もう2度とこんなことをしてはいけない、そう思い、2度目の約束の日の数日前から
Iさんに繰り返し連絡し、今度こそは私が迎えに行くまでに準備していて !とお願いしました。

ところが当日のお昼頃(待ち合わせは3時でした)、Iさんから
「やはり今日もムリです。私には捕まえられません。
日にちを変えてもらえませんか?」とメールが

正直言って頭にきました
またドタキャンするの?あれだけいろいろアドバイスもしたのに、このタイミングで何言ってるの?

そんなに抵抗する子なんだ?ま、うちのきゃらも大変な子ではあるが。
念のため虫取り網まで購入して、「じゃ、私が捕まえるから」とIさん宅に乗り込みました。

そこで見たレディに私は愕然としました・・・
私がそれまでに聞いていたレディは、穏やかでおとなしくて、ブラッシングも問題ナシ、
自分からひざにのってくる子。
ところが、私が見たレディは攻撃性をむき出しにした怖い顔をした猫でした・・・

ベッド下に隠れているので、棒を使ってキャリーのある方に出てこさせようとしても
ものすごい勢いで棒に噛みつき手でパンチしてくる。
2度、持っていった虫取り網で捕まえたんだけど、ものすごい暴れようで
網を破って私を引っ掻いて逃走。
最終的には何度も棒に噛みついたために、口の中をケガしたのか歯が折れたのか
口から血を出し始めたレディ。それでもすごい攻撃的な顔で棒に攻撃し続ける・・・
私は生まれて初めて猫を怖いと感じました。
おびえて怖がって思わず噛みついてしまったうちのきゃらとは大違いでした。

たとえこの後捕まえたとしても、口から血を出して険しい顔をしていて
とても里親さんのところに連れて行ける状態じゃない。
ダメだ、この子はこのままじゃ譲渡なんてできない。

あんなにキレイで、おそらく血統書もついていたのではと思われるレディ。
まだ若いレディがこうして保護されるに至った原因は、もしかしたらこの攻撃性かもしれません。
これじゃ病院にすら連れて行けない。小さい子どものいるおうちなんてとてもじゃない。
普段は穏やかな子だけど、気にくわないことがあると攻撃してくるようでは。
やっぱり自分が一緒に暮らしてみないとその子のことはわからない。
1回目のドタキャンの時に詳しく様子を教えてもらえていれば、2度もドタキャンせずに済んだのに。
その子のことを良く知らないまま、話を聞いただけで募集記事なんて書いちゃいけない・・・

レディの様子を細かく伝え、里親さんに再びお詫びの電話を。
本当に申し訳なくて涙が出ました。もっとちゃんと私がレディのことを知っていればと。

それでもレディにひとめぼれしたと、これも縁だしあきらめきれないと
せめてどんな具合なのか、ひとめ会ってみたいとおっしゃって、
Iさんのお宅までわざわざレディを見に来たいと言う里親さまに、今度はIさんが二の足。
またレディにストレスをかけさせたくないと。しばらくそっとしておいてあげてほしいと。
じゃ、もうこのままIさんがレディを飼うのね?と聞いても「それはできない」という。
もう板挟み状態で、どうしたらいいやらになってしまった私

最終的に、里親さまに運命の出会いが訪れてくれて、里親さまのおうちには
子猫ちゃんがもらわれていくことになり、レディのことはナシになりました。
2度も楽しみにしていたのをダメにされ、ガッカリして泣かせてしまった娘さん。
かわいい子猫ちゃんに出会えてよかった・・・
里親さまご家族にはいろいろとご迷惑をおかけしてしまって本当に申し訳なかったです


そんなわけで、現在もレディはIさん宅にいます。
ムリに何かをしようとさえしなければ、いつもの穏やかなレディなんだそうです。

レディ、なんでそんなに攻撃的になっちゃったかな。
なんか過去にすごく嫌なことがあったのかな。
人を心底信じられるようになったら、キャリーに入るのが嫌だからって
人に向かって攻撃してこないようになれるよね?

とにかく、今のレディは譲渡できる状態ではないから、当分募集はしないよと言いました。
今回の里親さまの他にもレディを家族に迎えたいと言ってくださった方はたくさんいました。
でもIさん宅で、せめてキャリーにすんなり入れるようにならなければ
他の人に譲渡なんてできない。
Iさんは他に来る野良猫も助けたいからレディを譲渡したいと言うけれど、
今、Iさんの助けを一番必要としているのはレディだよと言いました。
Iさん、とりあえず納得してくれました。
今後、レディはIさん宅で穏やかに過ごし、キャリーに入ったりも問題なくできるよう
がんばることになります。

高貴なお嬢様風のレディ。
もう君のあんな怖い顔はみたくないよ。
キャリーはいやなところに連れて行かれるものじゃない。
幸せになるためのお出かけをするのに入らなきゃならないものなんだよ。

Iさんと一緒にがんばれ、レディ
レディ1

未分類 TB:0 CM:2 admin page top↑
祝25周年!
2017 / 05 / 29 ( Mon ) 23:37:04
前回更新してからいろいろありました・・・

いろいろあって、テンション下がってたんですが、昨日は楽しい集まりがあって
懐かしい仲間に会えて、元気パワーをもらってきました

今日は備忘録で、私の同窓会の話を。

前回、大学卒業20周年ってことで集まってからもう5年(早っ
前回は同じ学科の仲間での同窓会でしたが、
今回は卒業25周年記念で、銀祝とかいって、全学部みんなそろっての
大々的な同窓会が行われました。

四谷にある懐かしの母校、上智大学~♪
8597.jpg 

この日は午前中からミサがあったり式典があったりしたんだけど、
私は午後のパーティから出席。

友達と待ち合わせて行ったんだけど、久しぶりの母校、だいぶ建物が新しくなっていて
どこがどこだかわかんない・・・
会場が2号館って書いてあっても「2号館ってどれだっけ?」状態。

昔の2号館とはまったく違うキレイな建物の中に会場がございました。

全学科の卒業生500人ほど集まって大盛況。
同期のフジテレビアナウンサーの西山喜久恵さんとNHKのアナウンサーさん(名前忘れた)
が司会進行役をつとめてくれました。
dousoukai4のコピー  

私たちが学生の頃には存在していなかったマスコットキャラクターも登場。
dousoukai3のコピー
 

同じ学科のみんなでテーブルを囲んで楽しく歓談。
dousoukai2のコピー
dousoukai5のコピー

 
5年前には来ていなかった人もいたので、ほんとに卒業以来の再会もあり。

別な学科だったけど、卒業後に一緒に仕事した仲間にも思いがけず会えたりして
もーキャーキャーワーワー大騒ぎしてしまいました

参加者全員、総勢500名ほどの集合写真は圧巻
dousoukai1のコピー
 


この後、フラ語の仲間で2次会に行き、教授も交えて楽しくおしゃべり。
その時に、教授が言ってくださった言葉がすごく心に残りました。

「みなさんの今の年齢、40代後半、もうすぐ50くらいの今が一番キラキラしている時だと
私は思うんですよ。ただ若いだけじゃなく、これまでに積み重ねてきた経験を活かして
いろんなことにチャレンジできる一番良い時期です。まだまだこれからですよ!」

地獄の転職活動とかをして、年齢にケチがつくことが多くて落ち込むことがたくさんあって。
自分の中では、そこらの若い子よりずーっと仕事できる自信あるのに!って悔しい思いを
いっぱいしてきて。

先週、前に勤めてた会社の仲間と会って飲んだ時に、やっぱりちょっと落ち込んでたら
「でも周りにいる同じ40代の他の女性より、ずっとキラキラしてるよ。
今楽しんで仕事してるでしょ。見ててわかるよー」って言ってもらってすっごく嬉しかったんだよね。

うん、もうすっかり「おばちゃん」年齢ではあるけれど、もっと自信持って、
キラキラしてるって思われるようにがんばり続けたいなーってすごく思いました

昨日の仲間もみんなキラキラしてていいなーって思った
私もちょっとしたことですぐに落ち込んじゃうけど、がんばらなきゃってパワーをもらいました

2次会の後も、心の友とじっくりお酒抜きで語り合って
いっぱい話を聞いてもらえてうれしかった。
なおみちゃん、ありがとー


公式な次の集まりは卒業40周年のルビー祝なんだとか。
あと15年後・・・自分そのころ何してるだろ。


またその時にも元気で笑顔でみんなに会える自分でいたいなー


さて、パワーをもらったところで、ちょっと辛いこともちゃんと書かなくちゃね。

きっと気にかけてくれている方もいると思うので、
次回はレディについての報告を書きたいと思います・・・

未分類 TB:0 CM:2 admin page top↑
ありがとう、ひかちゃん
2017 / 05 / 18 ( Thu ) 22:11:56
ひなこが小学校時代に一生懸命お世話してなかよしだった、学校うさぎのひかりちゃんが
虹の橋を渡って逝ってしまいました・・・

CIMG0656.jpg 

娘の小学校はかなこの卒業とともに廃校になり、その後、ひかちゃんは
別の学校に移動になりました。 
ひなこの大親友になったMちゃんの卒業した小学校に移動されたので、
Mちゃんの弟くんがまだ小学生だから、弟くんを応援しにいくと運動会とか学校行事の時に
その小学校に行ってはひかちゃんに会っていたひなこ。

おとといの夜、中間試験も終わったからとMちゃんが電話で知らせてくれました。
ひなこの中間試験の日にちを気にしてくれたMちゃんの優しさに感謝です。

電話を切ってすぐに「母さん、ひかちゃんが死んじゃったって」と言って
その後しばらくはわりと普通にしてたんだけど、晩ごはん後にじわじわ悲しくなったらしく
その日の夜はお風呂にも入らずジメジメ泣いておりました。

実験動物として殺されてしまう運命だったひかちゃん
学校にうさぎがほしいと聞いていた私がひかちゃんを救い出して
ひかちゃんは学校のうさぎになりました。
それから5年ちょい、ひかちゃんは学校で生活しました。
ひかちゃんを通して、生き物のあたたかさや可愛さなどを学んでくれた子もいたでしょう。
うさぎの寿命としてはもっと生きられたはずだけど、ひかちゃんなりに幸せだったならいいな。
7590.jpg 

ひなこにとっては、ひかちゃんはほんとに特別な存在で。
ひかちゃんとひなこを見ていて、なんかすごいなと思ったことが何度もあった。
私が声をかけても無反応なのに、卒業してしばらく経っていてもひかちゃんは
ひなこの声にしっかり反応していました。

これは卒業後に飼育小屋に入らせてもらって大喜びだった時の写真。
 CIMG1146.jpg
ひなこに大切なことを教えてくれた子は、ごんちゃとひかちゃんだね、間違いなく。



それにしても・・・

ひなこから聞いた話だけど、Mちゃんの弟くんもひかちゃんをかわいがってくれてたそうだけど
学校の先生はなんで死んだのかを聞いても教えてくれないし、死んじゃったひかちゃんを
見せてくれなかった、お別れを言わせてくれなかったそうです。

ひなこが飼育委員長をやっていた頃もものすごく疑問に思った。
うさぎの小雪ちゃんが死んだ時も、チャボファミリーが死んだ時も
いつの間にかこっそり片付けていて、ひなこはお別れを言えなかった。
お墓を作って埋めてあげるなら立ち会いたかったと泣いたものでした。
9767.jpg 

命の大切さを教えるための学校飼育だよね?
命の大切さ、そして死ぬということも教えるべきでは?と私は常々思っています。
でも「死」については教えようとしない学校。
どう思います?

ゲームとかでバシバシ人を殺したりしている現代。
ゲームはリセットできる。でも死んだものは帰らない。
そんな当たり前のことを理解できていない子どもが増えてはいないだろうか?
かわいがっていた子が死んだ時の悲しさ。
あったかくてふわふわだった子が、冷たく固くなってしまう悲しさ。
きちんとお世話しないと失われてしまう小さな命。
命に対する責任の重さ。
動物たちは死からもいろんなことを教えてくれると私は思います。

学校はなんで子どもたちから「死」を隠そうとするかな?

ごんちゃが死んだ時、ひなこは冷たく固くなったごんちゃを半日以上抱いて泣きました。
ひなこは「死ね」という言葉を言いません。
簡単に「死ね」と言うクラスメートのことをすごく怒ってます。
「死」を見つめたことのある人は「死ね」なんて簡単に言えないと思います。

学校は「生」だけじゃなく「死」も教えるべきだと思う。
今西さんの命の授業をやろうと提案した時も、校長は「小学生に殺処分の話はちょっと」
と嫌な顔をしました。「まだ早い」と。

小学生には早い?中学生だったらいいの?
「死」を学ぶのに、早いとか遅いとかあるのかな?
私は早く教えるべきだと思うよ。
少なくとも、かわいがっていた子との別れはちゃんとさせてあげようよ。
いつの間にかいなくなってました、なんていうのは良くないと思うよ。


ま、文句言いたくなりますが・・・


とにかく、ひかちゃん、今までありがとう。
ひかちゃんはひなこに大切なことをいっぱい教えてくれました。

これからは狭い小屋の中じゃなく、広々としたところでのびのびしながら
虹の橋の向こうからひなこを見守ってあげてね。
IIMG_2705.jpg  

啓蒙活動 TB:0 CM:2 admin page top↑
ダメダメな一日
2017 / 05 / 13 ( Sat ) 21:22:00
はぁ・・・ため息ばかりです。

今日は休日。
娘二人は午前中は学校、オットは一日休日出勤。
私は明日が仕事だから、申し訳ないけど、朝寝坊するよーと前の晩に宣言。

ところが・・・
朝、早々にたたき起こされました。

「大変だ!きゃらが外に出ちゃった!」


慌てて飛び起きると、玄関のドアを開けっ放しにした犯人、
オロオロしている反抗期真っ只中の次女かなこが玄関に。
オットは外できゃらを見ていました。

きゃらは馴れてはいるけど、抱っこできるのは基本私だけ。
捕まえられるのは私しかいない。
私がなんとかせねば・・・

土曜日とはいえ家の前の道路は頻繁に車が通る。
家のフェンスはきゃらは容易にくぐり抜けて外に出れるし、ジャンプで飛び越えることもできる。
家の敷地から外には絶対出しちゃいけない・・・

きゃらは相当パニクっているようで、何度か走り回っては車の下やエアコンの室外機の下に隠れ
聞いたこともないような声を出してないてる。
きゃらはホントーにビビリな性格なので、どうしていいかわからなくなっている様子。
パニクってるからオヤツを見せようが何しようが近寄ってこない。
でも助けてーって思ってるみたいで、名前を呼ぶとニャーって返事する。

そんな状態がどれくらい続いたか。
私は雨の中、起き抜けでTシャツ一丁で濡れながら必死の状態。
このままじゃオットが車出せない、出勤できない、早くなんとかしなければ・・・

最終的に、他のわんにゃんずが出れないようにして、玄関のドアも裏口のドアも
思いっきり開け放って、きゃらが家の中に逃げ込めるようにして、
なんとか家の中に入れることができました。

もー、涙出ましたね。きゃらを失ったらどうしようと思ったよー

その後、オットも娘も出かけて、私一人になったら、やたらすり寄ってくるきゃらりん
私が座るとひざの上に乗ってきて甘えます。
IIMG_0887.jpg 
怒ってないよ。心配したんだよ。戻ってきてくれてホントに良かったよ。

IMG_0889.jpg 
そうだよね。思いがけず見たことないところに出ちゃってビックリしたんだよね。
道路に出ちゃって車に轢かれたらとか考えたら、ママも怖くてしかたなかったよ。

あやまろうとしない反抗期のスカポンタンにはよーく言って聞かせるけど、
たとえドアが開いてても外に出て行っちゃダメだよ、きゃら


私にひたすら甘えた後は、アニキになぐさめてもらうきゃらりん。
雨に濡れて汚れた体をナメてもらっておりました。
IIMG_0890.jpg 

その横で冷ややかな態度のオンナ。
IIMG_0892.jpg 
オマエ、人のこと言えないだろ 
あの時もこわかったっけ・・・


あー、もう、これで2度目かよ。
ほんっと、動物愛護推進員失格だよなー私

我が家は作り的に脱走防止で玄関に柵を取り付けるとかがすごくむずかしくて
とにかくドアの開け閉めはめちゃくちゃ注意する!と徹底しているのだが。


みなさん、にゃんこの脱走防止、ほんっとにご注意ください



さらに追い打ちのダブルパンチ

今日の午後は、レディを里親様のおうちに連れて行く予定でした。
前の日のメールにも、「あと5日、あと3日と楽しみにしてました!」と書いてあり、
早く会いたくて、会うのが楽しみでたまらないという里親様さまの様子が手に取るようにわかりました。

ところが・・・

約束の時間にIさんのおうちに行ってみると、まだキャリーに入れていないから待ってと。
しばらく車の中で待つけどなかなか出てこない。
あげくに手を引っ掻かれてキズだらけにしたIさんが「今日はムリです、ゴメンナサイ」と

簡単にキャリーに入れられると甘く見ていたらしいIさん。
私だったら警戒心の強い子は、だいぶ早いうちからキャリーに入れようと準備をするけど。
まだそこまでベタベタじゃないレディは気配を察して警戒し、
キャリーに入ることをとことん拒んだらしい・・・

あとは里親さまに電話で平謝り
私は遅刻とかドタキャンとかそういうの大キライで(ま、好きな人いないだろうけど)
絶対人にそういうことしちゃいけないと思ってるので、精神的ダメージ巨大・・・


朝といい、午後といい、踏んだり蹴ったりでございました


明日は良い日になりますように・・・

にゃんずのこと TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME * next